NEXT: ナンプレ(数独)のマスの名前 R1C1 R1C2 R1C3 R1C4 R1C5 R1C6 R1C7 R1C8 R1C9 R2C1 R2C2 R2C3 R2C4 R2C5 R2C6 R2C7 R2C8 R2C9 R3C1 R3C2 R3C3 R3C4 R3C5 R3C6 R3C7 R3C8 R3C9 R4C1 R4C2 R4C3 R4C4 R4C5 R4C6 R4C7 R4C8 R4C9 R5C1 R5C2 R5C3 R5C4 R5C5 R5C6 R5C7 R5C8 R5C9 R6C1 R6C2 R6C3 R6C4 R6C5 R6C6 R6C7 R6C8 R6C9 R7C1 R7C2 R7C3 R7C4 R7C5 R7C6 R7C7 R7C8 R7C9 R8C1 R8C2 R8C3 R8C4 R8C5 R8C6 R8C7 R8C8 R8C9 R9C1 R9C2 R9C3 R9C4 R9C5 R9C6 R9C7 R9C8 R9C9 Rは行(Y軸)、Cは列(X軸)となっています。 (数字データをテキストエリアに退避させておく) 2、 【 クリヤー】 でナンプレをクリヤーし、 【 対角線】 をクリックし、 新たに設定しなおす。

19

操 作 方 法 【クリヤー】 ナンプレ画面をクリヤーします。 (当プログラムでは あぶり出し とか 数字排除 などの 方法でも解答を出す。

13

) ナンプレ(数独)のマスの名前 R1C1 R1C2 R1C3 R1C4 R1C5 R1C6 R1C7 R1C8 R1C9 R2C1 R2C2 R2C3 R2C4 R2C5 R2C6 R2C7 R2C8 R2C9 R3C1 R3C2 R3C3 R3C4 R3C5 R3C6 R3C7 R3C8 R3C9 R4C1 R4C2 R4C3 R4C4 R4C5 R4C6 R4C7 R4C8 R4C9 R5C1 R5C2 R5C3 R5C4 R5C5 R5C6 R5C7 R5C8 R5C9 R6C1 R6C2 R6C3 R6C4 R6C5 R6C6 R6C7 R6C8 R6C9 R7C1 R7C2 R7C3 R7C4 R7C5 R7C6 R7C7 R7C8 R7C9 R8C1 R8C2 R8C3 R8C4 R8C5 R8C6 R8C7 R8C8 R8C9 R9C1 R9C2 R9C3 R9C4 R9C5 R9C6 R9C7 R9C8 R9C9 Rは行(Y軸)、Cは列(X軸)となっています。 「 やさしい」 ・・・ やさしい問題、初心 ~ 中級 クラス。

17

(上から2行のみ表示) 16 9 11 8 10 3 7 4 15 5 11 12 3 5 7 15 9 1 8 16 ジャンボの場合、2桁の数字を扱うので、 10 x 10サイズ以上はすべて 2桁で入力します。

11

また、 対角線ナンプレ は 交差ナンプレ とも 呼ばれます 全てのサンプルは当サイト自作です。

(退避させてあった数字データを読み込ませる) 解法計算 【 計算開始】 をクリックする。 数字入力後に、 【 対角線】 を設定したいとき 【対角線】の 設定は数字入力前にしなければいけません。

前述) 読込のとき、 データの途中で、 空白 とか 改行 があると、エラーになることがあります。 Aパターン Bパターン 2つのパターンを合わせると下図のようになり 共通部分の Xの部分に1が入らない事になります。 大きく分けて2パターンあります 解答を先に作成してから矛盾が生じないように数字を消していく方法 こちらは特に説明は要らないと思います 手順は簡単ですが矛盾が生じやすくデザインを凝りにくいです もう一つは白紙の状態からヒントを詰めながら候補のマスを潰していく方法 こちらの方法では先にヒントの配置を決めて数字を入れていきます 初めに全てのマスと行列に1~9の数字を書き ヒントを一つ確定するごとにブロック、行、列の候補を全て消して行きます 全てのマスの候補を消し終われば完成です 消しきれなかった場合はヒントを追加するか数字を変えて対処します こちらはデザインを重視しやすいですが、難しい問題は作りにくいようです 難易度の付け方は申し訳ありませんが分かりません 仮定法の使用頻度が参考になるとは思いますが… 質問者です。

14

ナンバープレース は ナンバープレイス とも ナンプレ とも 数独 SUDOKU とも 数読 とも 呼ばれます ジャンボナンバープレース は ビッグナンバープレース とも 超ビッグ とも 超巨大 とも呼ばれます。 (ミス防止のため) そのときの対処方法 1、 txt をクリックする。

。 。 。

。 。 。