しかもリステリア菌は胎盤を通して胎児にも感染してしまう危険性があるので心配ですよね… なお 妊娠中はこのリステリア菌への感染率が通常の20倍にも上ると言われているので特に注意が必要! またイカには激しい腹痛や嘔吐を引き起こすアニサキスという寄生虫がいることもありますので、 合わせて覚えておきましょう。 妊娠中のうなぎは加熱していても要注意 またうなぎは加熱処理されて出てくるネタですが、 うなぎには妊娠中は避けるべき動物性ビタミンAが多く含まれていますので生じゃなくても注意が必要です! 最後に 貝類で人気の牡蠣は栄養素たっぷりで妊娠中にはよさそうですが、 ご存知の通り生で食べるとあたりやすいので控えた方がいいです。 胎児への影響は? リステリア菌による食中毒の怖いところは これだけにとどまらず、妊婦がこの食中毒にかかると 母体が無症状や症状が軽かったとしても、 胎盤を通してそのまま胎児も感染してしまい 胎児には強い影響があらわれて、 流産や死産、早産となる場合があります。

11

」 ・「妊娠中は生卵を食べてはいけないの? 妊婦が卵を除去すれば赤ちゃんのアレルギー発症リスクは抑えられるのか?」 ・「妊娠中に『ウーロン茶』や『玄米茶』を飲んでもよい? 意外と知らないこんなものにもカフェインが!」 ・ 「妊婦は昆布やわかめを食べても良いの? ヨウ素系うがい薬にも注意が必要!」 ・「妊婦は注意!普段食べているあの食品にも『ヒ素』が含まれている!? メチル水銀のリスク」 ・「食べ物からお腹の赤ちゃんにうつる感染症『リステリア菌』って何?」 ・「猫を飼っている人は注意! お腹の赤ちゃんにうつる感染症『トキソプラズマ』って何?」 ・ 「妊娠初期の過剰摂取に注意が必要なのは、ビタミン〇!! まとめ リステリア菌は、妊婦は成人に比べて およそ20倍感染しやすい状態であり、 感染するとインフルエンザ様の症状が 出るだけでなく、胎児には強い影響を与えて 流産や死産などの原因となってしまいます。 参考 ・『 』(厚生労働省) ・五十嵐隆(監修)、『授乳・離乳の支援ガイド(2019年改定版)実践の手引き』、公益財団法人 母子衛生研究会、2020年 ・堤ちはる・土井正子(編著)、『子育て・子育ちを支援する子どもの食と栄養』、萌文書林、2018年 ・ (厚生労働省)、2021年3月閲覧. 摂取量目安 (刺し身・切り身ともに1回1人前80g換算) 品目 週2回まで (1週間あたり160g程度) キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ(インドマグロ)、ヨシキリザメ、イシイルカ、クロムツ 週1回まで (1週間あたり8g程度) キンメダイ、メカジキ、クロマグロ(本マグロ)、メバチマグロ(バチマグロ)、エッチュウバイガイ、ツチクジラ、マッコウクジラ 2週間に1回まで (1周間あたり40g程度) コビレゴンドウ 2ヶ月に1回まで (1週間あたり10g程度) バンドウイルカ イルカやクジラなどはあまり口にする機会がありませんが、メカジキやマグロなどスーパーで容易に手に入るものもあるので注意してください。 鉄分やDHA・EPAも豊富で、脂がしっかりと乗ったブリは少量でもお腹を満たしてくれるので 食べ過ぎ防止にも繋がりおススメです! 私の地元・九州ではお正月にこのブリを食べる習慣があり、 私も妊娠中は実家でブリのお刺身をしっかりと食べていましたよ! もちろん新鮮なもので量も控えめに!ですが… 出世魚であるハマチはブリの成長前のものですのでブリと同じと考えてもらって大丈夫です! カンパチはブリとは違いますが、ザックリ言うとブリの仲間ですので こちらもブリやハマチと同じく比較的食べてもOKなものになります。

3

リステリア菌による母体への症状 健康な成人であれば、無症状のまま何もなく おさまっていくこともしばしば見受けられるのですが、 妊婦(胎児)、新生児、高齢者、慢性呼吸器疾患や慢性心疾患 慢性腎不全、糖尿病、高血圧などの基礎疾患を持っている人は、 成人と比べて、100~1000倍感受性が高いため、 注意が必要なのです。 参考資料: ・ ・ ・ ・ ・. 【細菌性食中毒】 リステリア菌:スモークサーモンなどの魚介類加工品、ナチュラルチーズなどの乳製品、生ハムなどの食肉加工品、コールスローなどのサラダ サルモネラ菌:ウナギ、スッポン、乾 燥イカ菓子、卵、またはその加工品、食肉(牛レバー刺 し、鶏肉) 腸炎ビブリオ:魚介類(刺身、寿司、魚介加工品)、二次汚染 による各種食品(漬物、塩辛など) 【ウイルス性食中毒】 ノロウイルス: カキなどの二枚貝 A型肝炎ウイルス:カキなどの二枚貝 参考サイト: 内閣府 食品安全委員会 厚生労働省 水銀量が高いネタ 日本人が1食で食べる魚の量は、切り身にしても刺身にしても、1食につき平均80gとされています。

2

06 by 阿知和 梨香 妊娠中に注意が必要な食材NGリスト• ちょっとコアなネタですが、鯨肉にはなんとマグロやカジキの2倍の水銀量が含まれています! こちらもやめておいた方がよさそうですね… 水銀を多く含む魚は適量を守れば食べても大丈夫と言われていますが、 水銀は他の魚や他の食材にも含まれているため 1日にどれだけ摂取しているか判別が難しいです。 また、食肉加工品とは、ハムやソーセージなどを言いますが、 通常は加熱してから食べるので、リステリア菌は殺菌されるのですが、 生ハムなどの場合は、そのまま食べますので、 こういった生のものは輸入産国産に かかわらず食べない方が無難です。

13

7

8

。 。 。

3

8

。 。 。

1

。 。

3