足底腱膜炎(そくていけんまくえん) 足底腱膜炎は、足の裏の痛みとして頻度の高い疾患です 歩き始めると足の裏が痛い(特に起床時)歩いてると改善 中年女性に多い 足の裏(うら)の土踏まずのところに分厚いスジ( 足底腱膜)が存在します この 足底腱膜が踵(かかと)の所で炎症を起こして痛くなるのが足底腱膜炎です ランニング、体重増加などで足底腱膜の負荷がふえると、 少しずつ踵の部分で痛んでいきます。

12

見出し「踵部脂肪褥(しょうぶしぼうじょく) & Fat pad syndrome」より参照 かかとの痛みを治すツボは? 踵の痛みをとるツボの代表的なものに、僕參(ぼくしん)と言われるツボがあるようです。 。 ・フライベルグ病(第2中足骨頭)・・・足の第二足趾を痛がる ・Iselin病(第5中足骨)・・・足の外側を痛がる ・シーバー病(踵骨)・・・踵を痛がる ・ケーラー病(舟状骨)・・・足背を痛がる これらの病気は、足が腫れたり、ある部位を押さえると痛がったり、運動時や運動後に痛がったりといった症状があるようです。

2

足底筋膜炎の治療法 その2 「フクラハギのマッサージ」 足の裏が痛い場合、 足裏を直接マッサージすると悪化の可能性が高くなります。 見出し「短腓骨筋腱付着部炎」より参照 走るときに痛い場合は? ランニング中に痛みが出る病気には、中足骨疲労骨折 ちゅうそっこつひろうこっせつ があるといわれています。

。 。 。

。 。 。

4

。 。 。

13

11

。 。 。

9