物質の量を表す物理量 [ ] 粒子の個数と物質量 [ ] 日常的には、物質の量は「2リットルの水」のようにで表すか、「5キログラムの食塩」のようにで表すことが多い。 そのため、グラファイト 1 モルあたりの質量は、ダイヤモンド 1 モルあたりの質量と厳密には異なる。 一般に、分子として存在しうる元素では「原子 E のモル質量 M E 」と「分子 E n のモル質量 M E n 」の(少なくとも)二種類の「元素 E のモル質量」が存在する。

4

97 u の二種類の塩素原子が通常ほぼ 3 : 1 の個数比で含まれている。 原子量に単位 Da または をつけたもの(正確には、原子質量定数 m u を乗じたもの)は、原子1個分の質量、すなわち原子の平均質量に等しい。

20

分子 分子式 X 分子量 M r X モル質量 M X N 2 28. な量の物質を扱うときは、 m f より m f が適している。

原子量に単位 Da または をつけたもの(正確には、原子質量定数 m u を乗じたもの)は、原子1個分の質量、すなわち原子の平均質量に等しい。 また、1 グラムの水蒸気や氷の物質量は、どちらも H 2O を要素粒子とする物質なので 55. 国際単位系 SI 日本語版刊行委員『』独立行政法人産業技術総合研究所 計量標準総合センター、2006年、第 8 版日本語版。 物質の質量 w とモル質量 M X および n X との間には以下の関係がある。

ここで係数 M X は物質 X のである。 例えば 分子式が である分子の平均質量 m f CHCl 3 は次式で与えられる。 分子量 M r X は単位を付けない(単位が1の)無次元量である。

1グラム当量の物質を含む 1 L の溶液のが 1 である。

4

927 789 70 71 u である。 従来の濃度の定義に基づく分類 [ ] 濃度はいかなる混合物にも適用できるが、最もよく使われるのがに対してであり、この場合、濃度はある solute が solvent に対してどの程度溶けているかを示す。 このときアセチレンのを CH と書くなら、ベンゼンの化学式は C 3H 3 になる。

力価 [ ] 溶液の濃度を表す単位として、 タイター というものが用いられることとなる。 分子量 M r X は単位を付けない(単位が1の)無次元量である。 五酸化二リンでは、P 4O 10 を要素粒子とすることもあれば、P 2O 5 を要素粒子とすることもある。

1

だったら、この2つをまとめて 35 と 37 と考えるよりも、 自然界から塩素原子を取り出したら相対質量の期待値は 35. 分子 分子式 X 分子量 M r X モル質量 M X N 2 28. 97 u の二種類の塩素原子が通常ほぼ 3 : 1 の個数比で含まれている。

8

の物質量 n H は、食塩水に含まれる水素原子 H の数を N A で割ったものに等しい。

9

原子などの他の元素 E の物質量 n E も同様に、板に含まれる原子 E の数を N A で割ったものにそれぞれ等しい。

8