とはいえ、日本においては 『 会社を辞める』イコール 『 裏切り者』という文化があります。 【 追記:転職をお考えの方へ 】 転職は 「情報戦」です。 リファレンスチェックにまつわるギモン 結果によって内定取り消しや落ちることはある? 内定後にリファレンスチェックが行われる場合、 重大な経歴詐称などがバレない限りは 内定が取り消しになることはありません。

・現職の上司などに転職活動をしている事を伏せている ・現職・前職の上司や同僚と良好な関係が築けていない ・現職・前職の退職理由・方法が芳しくない ・経歴を詐称している 求職者が内密に転職活動を行っており、現職より以前に転職経験があるケースでは、以前の上司などにリファレンスを依頼することも可能だ。 【 JACリクルートメント評判 】 転職エージェントで一番よかったのはJACリクルートメントかな〜 年収も高いところばかりだし、コンサルタントも優しくて親切だったな まあ外資系とか行きたいなら絶対登録した方が良い — ぱし 外資を目指す parcyyu 外資転職. 【リファレンスチェックの目的・効果】 ・第三者への事実の確認 ・転職候補者を客観的、多角的に判断 ・企業とのミスマッチ採用を防止 企業は転職候補者がアピールした職歴や実績を第三者に確認することで、虚偽の申告がないか確かめることができます。 特に外資系企業、つまり外国人にとって 『 リファレンスチェックに応じられる人がいない』 …ということ自体、 異常な状況だと思われてしまう文化があるそうです。

6

【リファレンスチェックの流れ】 (1)転職候補者にリファレンスチェックが行われることが伝えられる (2)転職候補者が承諾する (3)推薦者が決定する (4)リファレンスチェックが実施される 推薦者は企業が決める場合と、転職候補者が決める場合があります。 (現在選考中の会社もリファレンスチェックがあるようで再度私の登板がありそうでやや戦々恐々としている) なお、英語をつかったハイキャリア求人を探しているなら、 と併用して に、コンサル業界に特化して受けていきたいのであれば、 も利用したい。

13

・求職者に退職してほしくない ・求職者との関係性が悪く求職者の転職活動に協力したくない ・転職の合否に関わる重大な情報提供に関わりたくない ・業務が多忙で回答に協力する時間がない ・リファレンスチェックの慣習が浸透していない リファレンス先を企業が探した場合は、求職者にレファレンス先を提示してもらう方法もある。

19

— 外資人事・採用 かみぞの kamifinance ぜひご活用くださいね! check あなたが『リファレンスチェック』を正しく理解して、良い印象を勝ち取り、その結果人生が豊かなものになることを心から応援しています。 「勤務状況に関する質問」 ・求職者の勤務期間はいつからいつまででしたか? ・役職や職務内容はこれで間違いありませんか? ・以前にどこかで勤務していたという話は聞いていませんか? ・一緒に仕事をしたのはどれくらいの期間でしょうか? 「勤務態度・人物に関する質問」 ・周囲とのコミュニケーションは良好ですか? ・行動がつかめないことはありましたか? ・上司や部下との折り合いが悪いと思うことはなかったですか? ・遅刻や欠勤は多くないですか? ・ひと言でいえばどのような人物ですか? ・応募者の長所および短所を教えてください。

4

リファレンスチェックの質問内容って? 主な質問内容は2パターン「働きぶり」と「人柄」 リファレンスチェックで聞かれる質問は、「 前職での働きぶり」と「 人柄」の2つに分けられます。 。 ・リファレンスチェックとは何か ・リファレンスチェックの目的 ・リファレンスチェックの2つのパターン ・リファレンスチェックの質問内容 ・リファレンスチェックのための準備 リファレンスチェックとは リファレンスチェックは、主に外資系企業の中途採用の選考過程で行われるもので、 候補者の実績や在籍期間、人柄、勤務状況などを前職や現職で一緒に働いている第三者に問い合わせることを言います。

9

企業がリファレンス先を探す場合 企業から求職者にリファレンスチェックの説明 企業のほうから求職者にリファレンスチェックを実施したい旨と目的 職場の方から求職者の情報をいただくこと が説明されます。 。

11

。 。 。

5

。 。 。

8

。 。

18

。 。 。

11

。 。

13