あなた方が文明と呼んでいるものが不必要な用事を増やし、それに対応するために、また新たな慣習的義務を 背負 ( しょ )い込むという愚を重ねております。 自分で自分をコントロールする 要領 ( こつ )さえ身につければ、その無限の貯蔵庫からエネルギーを引き出すことができます。

4

すなわち、淫らな行い、汚れ、好色、 20 偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、憤り、党派心、分裂、分派、 21 ねたみ、泥酔、遊興、そういった類のものです。 」 (ヨハネによる福音書 3章8節) 人はこの教えに勇気付けられて、 罪や試みに苦しめられているときにもこう言えます、 「私は確かに罪を通して腐敗したこの世の子だし、 死の宣告を受けた者でさえあるが、 私の主イエス・キリストが 私の罪を十字架に運ばれ、死に勝ち、 私を天のお父様と仲直りさせてくださったことを 知っており、また信じている。 暗闇包めど 望み失せじ 光 創りし主 われに住めば いのち 喜び 生み出す光 うちに満ちあふれぬ• 諸国の民は、わたしが主 ヤハウェ であり、イスラエルの聖なる者であることを知ろう」 39:7 と言われます。

いずこを見ても、花が、葉が、そして草が、大自然の着実な営みへの賛辞を 手向 ( たむ )けております。 パウロはこの語彙を神のすばらしさに対する驚き ローマ11:33 と共に、人の愚かさに対する驚き ガラテヤ3:1 にも使っています。 。

17

5節、6節は、動詞の時制として、「低いものとされて」は完了 厳密にはワウ倒置未完了)、 「冠をかぶらせ」は未完了 未来的な意味 、「治めさせようと」は同じく未完了 未来 、 「置かれました」は完了という区別が敢えてつけられていると解釈できる。

6

深き悲しみに 沈みしとき きみは慰め 語りたもう 「われは汝が友 汝が罪すでに われはあがなえり」と• 主よ わが願いを聞きたまえや 貧しきこの身に 宿りたまい きみがまぶねとし 生かしたまえや わが主 わが喜び. 預言者イザヤも、「終わりの日に、主 ヤハウェ 家の山は、山々の頂に堅く立ち・・・主は国々の間をさばき・・・彼らはその剣を鋤に、その槍をかまに打ち直し、国は国に向かって剣を上げず、二度と戦いのことを習わない」 2:2,4 と記しています。 ただし、霊媒の口をついて出るものをぜんぶ 鵜呑 ( うの )みにしてはいけません。

17

救いの星よ いといたわし わらと干し草に 追いやられぬ 黄金(こがね)のゆりかご 絹の産着こそ きみにふさわしきを• となると、良いことも悪いことも、明るいことも暗いことも、長所も短所も、愛も憎しみも、健康も病気も、その他ありとあらゆることが、あなたの受け止め方一つで、あなたの霊性の成長の 糧 ( かて )となることがお分かりでしょう。 一口に「風」といっても、穏やかな「そよ風」 創世記2:8 もあれば、林の木々が揺らぐような「風」 イザヤ7:2 もあります。 それで主は、彼らに肉のような 柔軟な 「心」を与え、また、主の御教えを実行できるように ご自身の 「霊」を授けてくださるというのです。

この世にわれまだ 生まれぬ先 きみはわれ愛し 人となりぬ いやしき姿で 罪人きよむる くしきみこころなり• それで、主は「彼らを諸国の民の間に散らし」 36:19 ましたが、「彼らは、その行く先の国々に行っても、わたしの聖なる名を汚した」 36:20 というのです。

4

。 。 。

14

。 。

20

。 。 。

15

5