春夏甲子園高校野球大会・歴代優勝校のデータ 雑学データの宝庫 情報集 春夏甲子園高校野球大会・歴代優勝校のデータ 雑学メモ 春夏高校野球大会・歴代優勝校のデータ 【春夏高校野球大会】 高校野球とは、高等学校(旧学制による中等学校野球)の硬式野球部で行う大会で、1915年から続いている伝統のある高校野球大会である。

5

番狂わせに期待したいですね! 関連: 関連: まとめ 2021年夏の甲子園大会、第103回全国高校野球選手権大会の全出場校が決定、スポーツ6紙による恒例のABC評価のランキングと優勝予想をまとめました。

10

高校野球先読み倶楽部・・・「第103回全国高等学校野球選手権大会・勝手に戦力分析」 第103回全国高等学校野球選手権大会・勝手に戦力分析 8月9日から 10日に順延 の「夏の甲子園」今回は103回大会で、出場校は49校です。 第90回 2018年 大阪桐蔭(大阪)[5—2] 智弁和歌山(和歌山) 大阪桐蔭が智弁和歌山を5-2で破り2年連続3回目の優勝を果たした。 高校野球 - 甲子園出場校 通算勝星&勝率ランキング こちらは、高校野球・甲子園出場校の「通算勝星」ランキングです。

4

5紙ともA評価の高校は? 未掲載の東京中日以外の5紙全てがA評価をつけたのは、 愛工大名電、 智辯学園、 大阪桐蔭、明豊の4校となっています。 また、 東邦 愛知 、 広陵 広島 、 大体大浪商 大阪 、 箕島 和歌山 は春に強く、 松山商 愛媛 、 龍谷大平安 京都 、 広島商 広島 、 天理 奈良 は夏に強い。 ・・・出場49校紹介・・・(*は公立校=11校・初出場は5校・2大会以上連続出場は15校・春夏連続は13校) 地区名 代表校 コメント 回数 投手力 攻撃力 守備力 総合力 初戦成績 コメント 北北海道 帯広農 39年ぶり 2回 B B+ B B 1敗 * 南北海道 北海 4年ぶり(春夏連続) 39回 A B+ A B+ 12勝26敗 98回準優勝、14回ベスト4、76・44・42他5回ベスト8 青森県 弘前学院聖愛 8年ぶり 2回 B B B B 1勝 岩手県 盛岡大付 4年ぶり 11回 B B+ A B 3勝7敗 秋田県 明桜 4年ぶり 10回 A B A B 3勝6敗 71回ベスト4 山形県 日大山形 4年ぶり 18回 B B A B 6勝11敗 95回ベスト4、88回ベスト8 宮城県 東北学院 初 B B B B 福島県 日大東北 18年ぶり 8回 B B B C 1勝6敗 茨城県 鹿島学園 初 A B B B 栃木県 作新学院 10大会連続 16回 B B B B 10勝5敗 98・44回優勝、93・40回ベスト4、101・94回ベスト8 群馬県 前橋育英 5大会連続 6回 B B A B 3勝2敗 95回優勝 埼玉県 浦和学院 3年ぶり 14回 B B B B+ 7勝6敗 68回ベスト4 千葉県 専大松戸 6年ぶり(春夏連続) 2回 A B A B+ 1敗 山梨県 日本航空 13年ぶり 6回 B+ B B B 2勝3敗 東東京 二松学舎大付 3年ぶり 4回 A B B B 3勝 西東京 東海大菅生 4年ぶり(春夏連続) 4回 A B A A 2勝1敗 99回ベスト4 神奈川県 横浜 3年ぶり 19回 B A B B+ 14勝4敗 80・62回優勝、90・83・45回ベスト4 新潟県 日本文理 2大会連続 11回 B B A B 3勝7敗 91回準優勝、96回ベスト4 長野県 松商学園 4年ぶり 37回 B B+ A B 13勝23敗 14回優勝、 10回準優勝、73回ベスト8 静岡県 静岡 2大会連続 26回 A B A B+ 11勝14敗 * 12回優勝、 55・42回準優勝(静岡一、静岡城内含) 愛知県 愛工大名電 3年ぶり 13回 B+ B B A 3勝9敗 63回ベスト4 岐阜県 県岐阜商 9年ぶり(春夏連続) 29回 A B A B+ 17勝11敗 * 22回優勝、 38・29・24回準優勝、91回他2回ベスト4 三重県 三重 7年ぶり 13回 B B+ A B+ 6勝6敗 96回準優勝、50回ベスト8 富山県 高岡商 4大会連続 21回 B B A B 9勝11敗 *29回ベスト8 石川県 小松大谷 36年ぶり 2回 B B B B 1敗 (北陸大谷含む) 福井県 敦賀気比 3大会連続(春夏連続) 10回 B B B B+ 5勝4敗 96・77回ベスト4 滋賀県 近江 3大会連続 15回 B+ B B B 7勝7敗 83回準優勝、100回ベスト8 京都府 京都国際 (春夏連続) 初 B B B B 大阪府 大阪桐蔭 3年ぶり(春夏連続) 11回 B+ A A A 9勝1敗 100・94・90・73回優勝、87回ベスト4 兵庫県 神戸国際大付 4年ぶり(春夏連続) 3回 B+ A B+ 1勝1敗 奈良県 智弁学園 2大会連続(春夏連続) 20回 B+ A B A 13勝6敗 77回ベスト4、93回ベスト8 和歌山県 智弁和歌山 4大会連続 25回 B+ B B A 13勝11敗 82・79回優勝、 84回準優勝、88・81回ベスト4 岡山県 倉敷商 9年ぶり 11回 B B B B 5勝5敗 *94・71回ベスト8 広島県 広島新庄 5年ぶり(春夏連続) 3回 A B B B+ 2勝 鳥取県 米子東 2大会連続 15回 C B+ B C 7勝7敗 *38回ベスト4、32・25回ベスト8 島根県 石見智翠館 2大会連続 11回 B+ B A B 2勝8敗 85回ベスト4 山口県 高川学園 5年ぶり 2回 B B B B 1敗 香川県 高松商 2大会連続 21回 C B B C 10勝10敗 * 13・11回優勝、52回ベスト4、40・25・15回ベスト8 徳島県 阿南光 25年ぶり 2回 A C A B 1勝 *(新野含む) 愛媛県 新田 初 B B B B 高知県 明徳義塾 2大会連続(春夏連続) 21回 B+ B B B+ 19勝1敗 84回優勝、98・94・80回ベスト4、95回ベスト8 福岡県 西日本短大付 11年ぶり 6回 B+ B B B+ 3勝2敗 74回優勝、72回ベスト4 佐賀県 東明館 初 B B B C 長崎県 長崎商 5年ぶり 8回 B B A B 2勝5敗 *34回ベスト4、11回ベスト8 熊本県 熊本工 2大会連続 22回 B B+ A B 15勝6敗 * 78・20回準優勝、64・58回ベスト8 大分県 明豊 4年ぶり(春夏連続) 7回 B+ B+ B A 4勝2敗 99・91・83回ベスト8 宮崎県 宮崎商 13年ぶり(春夏連続) 5回 B+ B B B+ 3勝1敗 *46回ベスト4 鹿児島県 樟南 5年ぶり 20回 A B A B+ 11勝8敗 76回準優勝、87・82回ベスト8 沖縄県 沖縄尚学 2大会連続 9回 B+ B B B+ 6勝2敗 96回ベスト8 地区名 代表校 コメント 回数 投手力 攻撃力 守備力 総合力 初戦成績 コメント 「A」は優れている・「B」は全国レベル・「C」は弱点です。

11

< 総評 >・「 インパクトある決勝の「智弁対決」を制した智弁和歌山が日程にも恵まれ全試合完勝での優勝 」 2年ぶりに開催された第103回全国高校野球選手権大会は本命「A」同士の智弁和歌山と智弁学園の決勝戦となり智弁和歌山が21年ぶり3回目の優勝を果たしました。 都道府県 最高成績 (参考) 選抜大会の 最高成績 青森県 準優勝 準優勝 岩手県 ベスト4 準優勝 宮城県 準優勝 準優勝 秋田県 準優勝 ベスト4 山形県 ベスト4 ベスト4 福島県 準優勝 ベスト8 新潟県 準優勝 ベスト8 石川県 準優勝 ベスト8 富山県 ベスト8 ベスト4 福井県 ベスト4 優勝 山梨県 ベスト4 ベスト4 滋賀県 準優勝 ベスト8 鳥取県 ベスト4 準優勝 島根県 ベスト4 ベスト8 岡山県 準優勝 優勝 長崎県 ベスト4 優勝 熊本県 準優勝 優勝 宮崎県 準優勝 ベスト4 鹿児島県 準優勝 優勝 なお、地方大会が消滅した地区では、代表と代表は準優勝、朝鮮代表はベスト8が最高である。

3

近年活躍が目立った県立(公立)高校 2018年 第100回大会 準優勝 金足農業高校(秋田代表) 吉田輝星投手擁する金足旋風が吹き荒れました。

1

第89回 2017年 大阪桐蔭(大阪)[8—3] 履正社(大阪) 大阪桐蔭が8-3で履正社との大阪勢対決を制し、5年ぶり2回目の優勝を飾った。 今回も大手スポーツ紙が恒例のABC評価をしていますが、そもそも大手スポーツ紙とは?各紙の特徴について紹介します! 一般的に大手スポーツ紙、あるいはスポーツ6紙という呼ばれ方もしますが、どんなスポーツ紙があって各紙どんな特徴があるのでしょうか? スポーツ紙 部数 通称 特徴 スポーツニッポン 約170万部 スポニチ 毎日新聞系、春の選抜大会の主催社系列、東京、大阪を中心に全国で発行 日刊スポーツ 約160万部 ニッカン 朝日新聞系、夏の選手権大会の主催社系列、東京、大阪を中心に全国で発行 スポーツ報知 約140万部 報知 読売新聞系、系列の巨人の報道がメイン、東京、大阪を中心に全国で発行 サンケイスポーツ 約120万部 サンスポ 産経新聞系、資本関係にあるヤクルトの記事が充実、東京、大阪を中心に全国で発行 デイリースポーツ 約60万部 デイリー 神戸新聞系、地元阪神の報道がメイン、関西地区を中心に関東、西日本でも発行 中日スポーツ 東京中日スポーツ 約50万部 中スポ トーチュウ 中日新聞系、系列の中日の報道がメイン、中部地区を中心にトーチュウは関東で発行 部数はおおよその数字ですが、部数規模で100万部を超えるのが全国紙と呼ばれるスポニチ、ニッカン、報知、サンスポの4紙、100万部に未満のデイリー、中スポは系列の日刊紙同様、ブロック紙と位置づけられます。

18

春の選抜大会優勝回数ランキング 順位 都道府県 優勝 準優勝 1位 大阪 11 10 愛知 11 8 3位 神奈川 7 4 4位 兵庫 6 4 5位 東京 5 9 広島 5 6 和歌山 5 5 徳島 5 3 9位 愛媛 4 3 静岡 4 0 11位 高知 3 5 岐阜 3 4 香川 3 3 沖縄 3 0 15位 京都 2 2 埼玉 2 2 奈良 2 0 選抜大会の優勝回数では、大阪、愛知がともに11回の1位タイとなりました。

5

抽選方式の変遷 期間 抽選方法 第 01回(1915年)- 第 04回(1918年) 不明 第 05回(1919年)- 第 07回(1921年) 全試合抽選。 (2018年) エピソード [ ] 「」も参照• copyright c 雑学データバンク all rights reserved. 歴史 [ ] 第1回大会、朝日新聞社長による始球式 年譜 [ ]• 問題点 [ ] 再試合などによる試合への影響 [ ]• 大会進行 [ ] 開閉会式 [ ] 司会 [ ] までは主催者の職員が司会を担当していたが、以後は兵庫県内の高校の放送部員(おおむね、兵庫県大会のアナウンス部門・朗読部門 で入賞した生徒)が4人(開会式・閉会式に各2名ずつ)が担当するようになった。 スポーツ紙各紙のABC評価数は? スポーツ紙 A B C スポーツニッポン 11 31 7 日刊スポーツ 8 29 12 スポーツ報知 8 19 22 サンケイスポーツ 7 34 8 デイリースポーツ 9 28 12 東京中日スポーツ 各紙の評価結果のうち、B評価が最多のサンスポは34,最少の報知は19と実に15もの差がついています。

5

2位タイ・96勝で PL学園 大阪 と 龍谷大平安 京都 が並走。 使用球 [ ] ()でアルプス席のブラスバンド部員がファウルボールに当たり負傷したことから、翌()から打球に注目してもらうため、従来は係員が回収していたファウルボールをも含めて観客にプレゼントするようになった (ただしホームランボールは打った選手への記念として渡すために回収される)。

7

第88回 2016年 智弁学園(奈良)[2—1] 高松商(香川) 奈良の智弁学園が香川の高松商を延長十一回、2—1で降し春夏通して初の優勝を果たした。 。

5