こんなプロテスト落ちたヤツらに 何ができんの!? なんでこんなヤツらに 教わんなきゃいけねえんだよ!! お前らなんか10日で勝ってやるよ!! 言いたい放題である。 スポンサードリンク セリフがスゴい 生意気な後輩クラブ生に、 やり返すため、 厳しい言葉をぶつける先輩クラブ生。 ゲストとして 他のプロボクサーや チャンピオンが出演する 辰吉丈一郎・畑山隆則、 大嶋 宏成・坂本博之など、 本物のチャンピオンや、プロボクサーが ファイトクラブのヤンキーたちに、 指導・激励に来てくれる!! 先輩にもケンカ売る 2期生以降は、 前シリーズの先輩たちに、 後から入ってきた後輩たちが 加わるという構図になる。

16

出演者が全員不良・ヤンキー チンピラ・チーマー・ギャング こんなヤンキーたちが、大勢登場するッ!! 他人同士のヤンキーが2人以上集まると、 たちまち 乱闘騒ぎが始まるものだが、 むしろ、 それを期待する視聴者が多かった。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 頓挫された企画 [ ] 結婚式、サーフィン、ストリートダンス 次週予告の終わりで参加者を募集していたが、誰も集らなかったのか、結局一度も放送されなかった。 製作著作 : TBS 関連項目 [ ]• その他の企画 [ ] ビジネス学院 最初のドキュメント(学院もの)企画。

18

2002年度:3位 オープニング [ ] 多くの、などの電子楽器とモニターがある中、エフェクターを触る白衣を着た男性と顔や首に何かをつけているアイマスクをした女性が映り、男性がつまみやボタンを押すと画面がフラッシュ。 オーディション会場で 必ず乱闘騒ぎになる 説明会でも乱闘騒ぎになる オーディション合格後、 4~6名の合格者を集めて、 (自己紹介・今後の流れなどの) 説明会が行われる。 (ド迫力) 今の時代であれば、放送できなさそうな 乱暴なシーンが多い番組であったが、 ものすごく、インパクトがあり、 想像以上に視聴率が高かったため、 続編が何度も作られ、 最終的に5シリーズまで続いた。

1

・出身地である福島県会津の情報が出ているサイト ・日本文化大学の掲示板や関連の書き込みサイト ・ガチンコファイトクラブ4期生の現在を書いてあるサイトほぼ全て ・プロボクサーになったのでは?と思い、ボクシング協会のサイトなど全て ・逮捕されていないかと思い、ニュースサイトや犯罪者リストをまとめたサイト ・事件や事故に巻き込まれていないか、ニュースサイトや事故関連の情報サイト とにかく梅宮哲の名前が挙がりそうなサイトを探してみましたが、載っていません。

15

期待を裏切らず、毎回 ケンカ祭りとなり、 特に、シリーズ後半の4期生編などでは、 数十人が入り乱れての、 大乱闘シーンも しばしばあった。 2000年頃 血気盛んな不良たちに 大絶賛された 伝説のヤンキープロジェクト ガチンコファイトクラブとは その辺にいる、「ケンカ自慢」の、 不良・ヤンキーたちを集結させ、 3ヶ月後のプロテスト合格を目指す、 今考えると、ムチャクチャなテレビ番組である。

5

14

トークバトル系 [ ] トーククラブ(出演者:神取忍、佐野実、オール巨人、大和龍門、竹原慎二) 『』内の企画。

1

18

3

3

。 。

2