成年後見人の欠格事由 不適格事由 成年後見制度を定める法律では、後見人になれない条件として「欠格事由」 または不適格事由 を定めています。 5:申し立ての際の必要書類と費用 書類 内容 申立書及び診断書 用紙は家庭裁判所で入手できます。 つまり、 本人と十分な信頼関係を築けているのであれば、特別な資格 弁護士や司法書士など がない人でも、成年後見人として支援を開始できる のです。

16

固定資産評価証明書: 1通あたり300円 市区町村役場で交付 成年後見人のメリット・デメリット 認知症や高次脳機能障害などの影響である程度まで判断能力が低下すると、そうするつもりがないにも関わらず浪費してしまったり、悪質な勧誘に乗って財産を失ったりする恐れがあります。 医療行為 軽度の診察・緊急を要するものを除く への同意 また、財産管理行為であっても 不動産の処分など重要な取引行為については、別途、裁判所の許可が必要となります。

14

。 法定後見制度 任意後見制度 概要 法定後見制度は認知症などによって事理を弁識する能力が不十分になってしまった後、法律のルールによって後見人を指定する制度 将来的に認知症などになってしまったときに備えて、あらかじめ後見人となる人を定めておく契約 申し立て人 本人、配偶者、親族(四等親内)、検察官、市町村など 本人、配偶者、親族(四等親内)、本人同意の任意後見人となる人 後見人等の権限 本人が締結した契約の取消しや、一定範囲の代理 任意後見契約で定めた範囲での代理 後見人になれない人 未成年、過去に家庭裁判所から解任された経験のある法定代理人、保佐人、補助人、破産手続きを行っている人、連絡が取れない人、過去に本人に対して訴訟を起こしたことがある人、不正行為や不行跡がある人 後見人等の 選任方法 家庭裁判所 本人 成年後見人は、不動産や預貯金等の財産を適切に管理し、本人に不利益になるような財産の使い込みや詐欺等から守る役割を果たします。 任意後見制度 任意後見人 : 親族後見人は月額3万円以内、専門家後見人は月額3万円から5万円の範囲 また、後見人報酬は必ずしも発生するものとは限りません。

7

被支援者の管理財産 報酬月額 1,000万円以下 2万円 1,000万円以上、5,000万円以下 3〜4万円 5,000万円以上の場合 5〜6万円 なお、報酬金を受け取るには、家庭裁判所に報酬付与の申し立てを定期的に行う必要があります。 被後見人名義の不動産があるケースでは、裏付け資料として 「登記事項証明書」 と 「固定資産評価証明書」 をセットで提出しなければなりません。

本人の判断能力が不十分になった後に,家庭裁判所に対し,任意後見監督人の選任の申立て 申立てをすることができる人 本人,配偶者,四親等内の親族,検察官,市町村長など 本人,配偶者,四親等内の親族,任意後見人となる方(注1) 成年後見人等,任意後見人の権限 制度に応じて,一定の範囲内で代理したり,本人が締結した契約を取り消すことができる。 。 。

14

。 。 。

10