プレスリリース , 本田技研工業株式会社, 2012年1月10日 ,• レース活動 [ ] 初代NSXが参戦していた・GT500クラスは2009年にレギュレーション変更が行われ、2010年からで参戦していたが、2014年から車両規則の一部を(DTM)と統一されることに合わせ、既に発表されていたNSX CONCEPTをベースにした「NSX CONCEPT-GT」に変更した。 プレスリリース , 本田技研工業株式会社, 2016年8月8日 ,• 弁機構 - ベルト駆動 吸気2 排気2• レース活動 [ ] 元々レース参戦用のホモロゲーションを考慮した車両ではなかったため、1990年の発表当初はレース活動には全く使用されず、エンジンのみが改造され1991年より3年間アメリカのに参戦 ACURA-SPICE SE90CL し、キャメル Lightクラスにおいてドライバーズ、マニュファクチャラーズの両タイトルを3年連続で獲得している。

14

インテリアカラーはオーキッド 写真 、レッド、エボニーの3色 どんな人が買えるのかという質問に対しては、「NSXの2020年モデルが欲しかったけど買えなかった人」「NSXの既納客 前に買ったことがある人 」「待ち遠しい思いで待っていた人」などの回答が得られただけだった。 また、「NSX PERFORMANCE DEALER」では専用のサービスプログラムも取り扱われており、通常の法定点検、、Honda推奨の点検・整備(無料6ヶ月点検及びHondaの安心快適点検)に加え、アライメントテスターを用いたの測定を行う「NSX特有点検」などをパッケージ化した専用のメンテナンスサービス「NSX Maintenance plan」や、初度登録から6ヶ月後の前日までに加入することで、メーカー保証(通常は新車登録から3年、特別保証の場合は5年)の期間終了後もメーカー保証と同等の保証(1回の故障につき最高500万円を保証・回数制限なし・走行距離無制限)を受けることが可能な「NSX延長保証」が用意されている。

1

プレスリリース , 本田技研工業株式会社, 2018年8月24日 ,• 『Legendary J's 01 HONDA NSX』、、 46頁。

14

プレスリリース , 本田技研工業株式会社, 2016年12月12日 ,• プレスリリース , 本田技研工業株式会社, 2013年8月5日 ,• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

19

プレスリリース , 本田技研工業株式会社, 2016年1月13日 ,• 5Lガソリンエンジンを先代同様に配置し 、さらにハイブリッドシステムSPORT HYBRID SH-AWDを採用し、リチウムイオン電池を72個、モーターを3基 エンジンアシストするダイレクトドライブモーター1基、前輪を左右独立で駆動するツインモーターユニット2基 搭載する。 プレスリリース , 本田技研工業株式会社, 2015年9月30日 ,• いまやポルシェやフェラーリも電動車を開発する時代だ 写真は「タイカン」 1997年にトヨタ自動車が「プリウス」を発売して以来、ハイブリッド車 HV は燃費のよい環境車として日本を中心にシェアを伸ばしてきたが、モーター駆動は低速トルクが大きいので、使い方によってはクルマに猛然たる加速をもたらす技術でもあった。

2代目 現行型 「NSX」は3モーターのハイブリッドシステムを搭載する電動車だ ポルシェが初の電気自動車 EV 「タイカン」を発売し、イタリアのフェラーリがプラグインハイブリッド車 PHEV を登場させるなど、グランドツーリングカー GT やスポーツカーの専門メーカーも電動化へ動く時代となっている。

18

ホンダ独自の電動化技術3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD Super Handling-All Wheel Drive 」の採用により、唯一無二のレスポンスとハンドリング性能を実現した稀有なモデルだった。 06 平成11年:HONDA LEV=平成12年排出ガス規制適合 環境対応が強く求められるなか、多くの自動車メーカーは台数が見込めないスポーツカーの環境性能向上に手をつけることはなかったが、ホンダは燃費やパ フォーマンスに影響を与えることなく、全車を平成12年排出ガス規制に適合 させた。

2

プレスリリース , 本田技研工業株式会社, 2021年8月3日 , 2021年8月5日閲覧。 プレスリリース , 本田技研工業株式会社, 2018年10月25日 , 2018年10月25日閲覧。

19
アメリカ、カナダでは290英馬力 bhp 、仏馬力 PS に換算すると294 PS• 最高出力 - 370kW 500 以上• プレスリリース , 本田技研工業株式会社 , 2011年1月17日閲覧 1993年から2年間はドイツ国内レースの「ADAC GT CUP」( DTM よりも改造範囲が限定された市販車により近いカテゴリー)に投入し 、BMWやポルシェらと戦い優勝もしたが、日本国外のローカルレースのために日本国内ではそれほど話題にはならなかった
型式・NC1型(2016年 - 2022年予定) [ ] ホンダ・NSX、 2016年 2012年1月10日 2012年で「NSXコンセプト」を世界初披露