永禄12年 1569 、信長が北畠氏の伊勢大河内城を攻め、和睦が成立すると、12歳の信雄は北畠家の養嗣子として大河内城に入り、元亀2年 1571 、北畠具教の娘を娶りました。 織田信雄の墓所 信長追善供養の寺・総見院の信雄墓碑 大徳寺 塔頭 たっちゅうの 総見院 そうけんいんは、豊臣秀吉が織田信長の一周忌の追善供養をするために創建した禅寺です。 。

出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 世界大百科事典 内の織田信雄 の言及. 内政 群雄伝 S1 魅 野望 武将録 S1 魅 野望 教養 伝 采配 智謀 20 野望 戦才 B 智才 36 政才 魅 野望 74 録 智謀 15 伝 采配 智謀 12 世記 采配 智謀 13 32 野望 録 統率 知略 17 31 下創世 統率 知略 17 31 教養 統率 武勇 66 知略 19 35 統率 武勇 66 知略 19 35 統率 56 武勇 知略 29 関連動画 関連項目• 徳川勢は羽柴勢の や らを討ち取るが、伊勢国では誅殺された重臣3人の一族が造反し、更に羽柴秀吉の計略で ・秋山直国らも謀反した為、 ・蒲生氏郷・筒井順慶・ ら羽柴勢の侵攻を受けた。 1583年 天正11 羽柴 豊臣 秀吉と絶ち徳川家康と結んで小牧・長久手に戦うが,講和する。 愚将と呼ばれる理由 理解できない独断行動も多く、 ・信長に無断で伊賀国に攻め入り、大敗した ・本能寺の変の直後、京に近い甲賀まで軍を率いていたにもかかわらず明智光秀を討たずに引き返した ・安土城を燃やしてしまった(信雄の仕業ではないとの説もあり) ・小牧・長久手の戦いで同盟軍の家康に無断で敵方の秀吉と単独講和を結んだため家康が困った ・二度も領地を没収されている などが理由として挙げられます。

7

(この直後に第一次上田合戦が起こる) そら(江戸時代で神君家康様を貶すわけにはいかないから)そう(信雄に敗戦責任が全て行ってしまう)よ 個人的に無能な働き者は信孝やろ 清洲会議の段階では兄の信雄に比べてガン有利の立場だったのに 自滅しまくって無駄に敵作った挙句最後はその兄にやられるとか. 1581年には、叔父の をはじめ、 ・ ・ ・ ・ 、大和・伊勢の諸大名の加勢を受けて再度伊賀へ侵攻し、伊賀を平定した 第二次天正伊賀の乱。 伊賀攻め失敗 9 正7 年、信雄は に断で賀を攻め、敗退してしまう。 創作での関連 戦国無双 武器:薙刀 2empires 槍 1〜3 刀剣 4Emp 声: 2 3 4 「人間五十年…で、あるかア!」 3Empの特殊セリフ 「予と刃を交える、か。

4

同じ日、北畠信意 織田信雄 自身も田丸城に長野具藤ら北畠一族を饗応と偽って呼び出して謀殺 三瀬の変 し、完全に北畠家を掌握した。

16

戦国の世を生き抜く 天正15年 1587 の九州征伐、天正18年 1590 の小田原征伐に信雄は秀吉に従って従軍。

1590年1月11日、豊臣秀吉の養女となっていた、織田信雄の長女・小姫 6歳 が 12歳 と結婚。 諸芸に優れた才能を持っていた公卿・ 近衛信尹 このえのぶただは 「常真御能比類無し、扇あつかひ殊勝ゝ」 と称えました。 二十二日 ( 御折檻状の事 より) 【現代意訳】 このあいだ賀において大敗したそうだが、これはの理にも背いたがゆえと言える。

史料記載名 実名 史料記載地名 貫高 生駒式部少輔 生駒忠親 尾張国春日井郡豊場村 1180 生駒式部少輔 生駒忠親 尾張国 生駒式部少輔 生駒忠親 尾張国春日井郡南外山村 370 津田掃部 前田田宮 村瀬作右衛門 長田彌左衛門 尾張国知多郡阿久比 中川勘右衛門 中川定成 中川勘右衛門 中川定成 中川勘右衛門 中川定成 中川勘右衛門 中川定成 中川勘右衛門 中川定成 中川勘右衛門 中川定成 中川勘右衛門 中川定成 伊勢国横郡深矢部郷 2500 中川勘右衛門 中川定成 尾張国知多郡野間其外 2000 不破源六 飯田半兵衛 土方彦左衛門 於田井太郎左衛門 於田井竹千代 佐渡七左衛門 祖父江五郎右衛門 杉浦五左衛門 與語久兵衛 平松與左衛門 吉村又十郎 横井伊折 源五殿 織田長益 沢井左衛門尉 森久三郎 小幡赤千代 池尻平左衛門 平手大炊 小坂孫九郎 城戸内蔵助 飯尾隠岐 生駒八右衛門 生駒家長 1300 柴田源八 津田勝右衛門 生駒吉三郎 溝口五郎右衛門 関長蔵 水野小右衛門 山本又十郎 村瀬左馬助 小川喜六 牧野勘八郎 中根殿 山口半左衛門 中條弥十郎・勝助 羽柴三郎兵衛 滝川雄利 神戸 水野宗兵衛 天野佐左衛門 寺山孫十郎 丹羽勘助 梶川五左衛門 佐久間半平 佐久間五平次 水野大膳 春日子六郎 堀才蔵 中川三十郎 富松太郎八 生駒満 平松宗吉郎 森徳 津田三四郎 津田勝三郎 加藤殿 瀧川善太郎 周防守 前田三郎四郎 日比野六太夫 嶋田喜四郎 堀帯刀 梅心 二宮與三右衛門 大津孫左衛門 朝野彦十郎 櫻木源太 恒川孫次郎 安井清一郎 山本孫一郎 菅沼半平 長良與四郎 矢野弥右衛門 寺西甚太郎 坂井隼人 中山猪右衛門 高木平次郎 赤座新兵衛 尾張国春日井郡片草先知行 原又一郎 加賀野井弥八 加賀井重望 美濃国中島郡加賀野井郷 410 不破勝兵衛 美濃国中島郡堀津村・西加賀野井 600 神藤右衛門 比留與十郎 稲田喜蔵 飯田源一郎 吉田万兵衛 山口利助 河野藤蔵 屋代治兵衛 林九郎 垣原次郎右衛門 林與五郎 森甚尉 佐久間甚三郎 安中 伊藤忠次郎 柴田七右衛門 梶川弥三郎 佐久間備中 土方市右衛門 那古野半三郎 小瀬四郎三郎 下方與三郎 陸田市左衛門 土方弥一郎 土方次兵衛 赤林甚右衛門 森川又蔵 寺澤又兵衛 飯尾久兵衛 真野佐太郎 土方半右衛門 池山四郎左衛門 小島傳左衛門 佐々八郎太郎 今川源三郎 杉浦猪助 蟹江権蔵 櫻木久兵衛 堀田将監 河崎源太郎 瀧川弥三郎 上條又八郎 中條弥六郎 森甚五郎 神彌右衛門 角田嘉兵衛 阿古田新右衛門 中川弥助 山田太郎助 佐久間九郎五郎 揖斐與右衛門 村瀬九兵衛 飯尾彦作 瓦塞三五郎 堀田権六 堀田勝九郎 兼松又四郎 久保勘二郎 佐々弥三郎 寺西與九郎 坂井彦八郎 前田傳十郎 櫻井傳一郎 岩室十蔵 入江甚八郎 松波平右衛門 佐々権左衛門 青山新七 阿孫子善十郎 佐久間猪右衛門 河崎清蔵 鶴見甚八 林主計 嶋田金次郎 青山新八 瀬名弥二郎 千秋喜七郎 玉甫 佐々清蔵 南部次左衛門 武藤掃部 原田右衛門太郎 杉九郎兵衛 恒川源太郎 由宇彦一 今枝弥八 寺西忠左衛門 太田源内 根村善蔵 瀧與二右衛門 前野喜左衛門 竹股和泉 丹羽久左衛門 柴田吉十郎 中村又蔵 山本小六郎 道家弥八郎 熊澤善左衛門 道連 若山 日比野三十郎 横井孫太郎・勝蔵 矢島 丹羽半右衛門 不破傳次郎 石黒善九郎 石黒松 富田又七郎 津田勘平 花井右衛門 小崎彦次郎 林藤十郎 荒井竹 小澤六 安井小法 山本平六 斎藤彦六 真野市 平野万千代 坂井宮千世 堀田市 服部小藤太 山口小弁 丹羽千 伊藤宮 山田虎 本郷虎満 北野彦四郎 堀田平七 大津杉 山田藤二郎 安井市蔵子 阿古太助 林八 堀田久五郎 平井六 寺西鈎 道夕 意盛 玄貞 井村彦兵衛 曽我又六 佐々孫助 佐々新五左衛門 吉田彦助 吉田藤蔵 吉田主水 吉田喜助 吉田小次郎 吉田小五郎 吉田喜右衛門 稲田弥三郎 落合甚七 瓦塞孫次郎 成田又吉郎 吉田小兵衛 真野新太郎 野尻六蔵 寺西善三郎 中島権蔵 蜂屋市左衛門 高田傳助 吉田喜三郎 吉田助十郎 南部弥五八 生駒久道 丹羽半助 竹丈 下村 花坊 青木孫作 ヌシ弥右衛門 ヒモノヤ善左衛門 牧野傳蔵 高木将兵衛 立阿弥 屋代才蔵 杉山藤助 伊坂長左衛門 伊藤孫十郎 植松隼人 安井弥助 伊坂五左衛門 伊坂才助 金桃親子 大嶺次右衛門 伊藤孫太郎 伊坂太郎一 栗田監物 嶺 長源 浜田 茂福 大木 阿下喜五兵衛 於弥々 青山新七御代官 後藤蔵人 矢田半左衛門 可児甚五兵衛 田能村弥四郎 堀田彦兵衛 荒尾清兵衛 御鉄砲衆代官山本小六郎 森二蔵 木金勘左衛門 金永 玄厠 真野善太郎 小真野 山田治左衛門 北島弥助 荒川小十郎 津田七右衛門 瀧久内 生駒喜蔵 河野藤左衛門 坂井文助 安井助右衛門 林三蔵 山田七五郎 溝口與市 太田源五 山田與九郎 赤林彌七郎 篠岡子 堀尾権助 津田左近 武田佐吉 武田五郎三郎 下方左近 埴原加賀 日時忠左衛門 河口弥左衛門 木村藤助 祝弥三郎 渡邊 片岡 岩城藤蔵 生駒外記 大飼 竹屋源七 木屋勝八 孫三 ヌシ岡 ヘイヤ新七 安井十五右衛門 津田上 大西 橋本藤左衛門 津田孫十郎 (御大工)又右衛門 生駒孫六郎 橋本伊賀 平井弥次右衛門 平井兵右衛門 稲熊助右衛門 加藤又八 堀場助左衛門 中川三九郎 小塚清十郎 稲本二七郎 原田五郎三郎 伊藤平助 宮崎甚五左衛門 森弥十郎 伊藤長蔵 吉田彦兵衛 伊藤孫六郎 亀井兵左衛門 原田市蔵 塚本石見 長瀬久蔵 河崎與市 中野又兵衛 大屋十郎兵衛 長谷川弥助 水野助兵衛 河口久明 大田小又助 水野久五郎 水野傳三郎 魚住善右衛門 高木九助 黒田法厠 丹羽勝左衛門 野々村又右衛門 串田忠兵衛 瓦塞掃部 赤林掃部 村井専次子 石田孫左衛門子 塙傳三郎子 湯浅甚助子 副田源太郎 池山長助 慶雲 横地主水 松岡式部 土方長右衛門 御内様 織田信雄正室 岡崎殿 徳姫 安土殿 濃姫か 御局 於亀 於チヤア 於竹 コキ殿 宇治殿 於キヤク タア 平手後室 大方殿様 又十郎殿 将監女房 犬山殿 織田信長姉 小林殿 妙香寺 梅咲寺 甚目寺 政秀寺 白坂寺 天王坊 熱田宮司社家 熱田宮司御供領 足立清左衛門 瓦塞次兵衛 瀧川内蔵 水野能千世 野尻彦太郎 野尻源助 安井助十郎 水野半右衛門 大河内式部 佐橋弥右衛門 内海九兵衛 久米六郎左衛門 石川六郎三郎 佐治二右衛門 荒川助次郎 曼荼羅寺 実相坊 大原豊蔵 大原豊蔵 長木 忠岳 忠岳 森清十郎 津田小平次 津田清次 津田清次 荒川甚左衛門 岡田新八 岡田新八 伊藤豊左衛門 長崎弥左衛門 長崎喜藤次 富田喜太郎 岡田源太郎 佐久間右京亮 伊藤久右衛門 大田監物 大田監物 坂井三平 坂井三平 野々村半六 野々村半六 牧村忠内 野々村弥左衛門 久松吉兵衛 大田助兵衛 宮村 朴木吉六 石丸孫次郎 伊藤次郎八 村田治郎 長谷川孫八郎 梶川吉蔵 丹羽源右衛門 日下源太郎 神左馬助 禰津喜左衛門 井田三吉 犬塚嘉兵衛 吉田所持助 中山五平次 村田勝右衛門 友松吉左衛門 荻須勘右衛門 伏屋善右衛門 天野弥右衛門 高木小七郎 篠田孫八郎 古橋久右衛門 生駒久三 毛利源蔵 片岡助三 安井勝三郎 千賀與五兵衛 加藤六助 津田利助 末松十蔵 南部久左衛門 南部武右衛門 富田七助 藤島藤六 坂井新左衛門跡 寺西助左門 片岡善四郎 林與助 伊藤新六 高木忠蔵 長田又五郎 長田善次郎 福富平兵衛 林平右衛門 瀬尾彦太郎 柴田七蔵 篠田又蔵 高木五郎右衛門 丹羽民部 山中傳蔵 安井宗右衛門 後藤 後藤 萱生 萱生 高木権右衛門 高木勝右衛門 瀬潮源十郎 安部帯刀 石川修理 水野三蔵 安井甚九郎 山本藤次郎 国枝伊右衛門 水野勝兵衛 中野新左衛門 星野新左衛門 養和 高橋彦右衛門 (御大工)喜左衛門 梅戸次郎左衛門 吉田平内 栗田平左衛門 安井善左衛門. そして彼の娘の子・ 稲葉知通 いなばともみちから始まり、公家の 勧修寺経逸 かじゅうじつねはや、勧修寺 婧子 ただこを経て仁孝天皇へと血筋が続き、孝明天皇、明治天皇、大正天皇、昭和天皇、明仁上皇、 今上天皇と繋がってるのです。 また むかしより をうつみの 野間なれば むくいを待てや 羽 という句も伝わっている。 小和田哲男 出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版 朝日日本歴史人物事典について 「織田信雄」の解説 織田信雄 おだのぶかつ [生]永禄1 1558. 「信雄」は、その働きを評価され、越前国・上野国に「5万石」を与えられて大名に復帰 スポンサーリンク 2,「安土城の失火・焼失」 【 1582年】、「本能寺の変」で父「織田信長」が「明智光秀」に討たれると、信雄は誰よりも先に軍をひきいて「光秀・討伐」へ向かっています。

その他の人物はこちら 戦国時代に活躍した歴史上の人物 関連記事 >>>> 時代別 歴史上の人物 関連記事 >>>>. 1590年の では、伊豆 攻撃に参加して、織田信雄 33歳 は苦戦しながらも武功を挙げた。

17