。 ・黒蜜は桔梗信玄餅のほうが濃くて甘い ・桔梗信玄餅のほうがきな粉が多い(こぼれやすい) ・筑紫もちのほうがしっとりとした求肥餅 ・桔梗信玄餅は筑紫もちより単価が高い 双方の歴史をみると、桔梗屋の「桔梗信玄餅」は1968年に発売され、如水庵の「筑紫もち」は1977年に発売が開始されたようです。

10

17

。 。

7

。 。 。

10

2

。 。 。

13

。 。 。

16

3

9

17