2010年には、「KICK the ROOTS in 宇都宮」に参戦し智也さんと対戦するも1RKO負け。 。

そして 実際に瓜田純士の引退試合の行われた2012年1月15日に撮られた写真では、 久保広海(所沢のタイソン)は、つい最近に関東連合に拉致られて暴行されたにしては特に怪我をしているような様子も見えません ( 一番左)。 「僕が一番の後輩だとか、見立くんは純士のことを一番信頼しているとか言うんなら、なんで石元らにナメたまねさせたんですか? 純士だけは特別だとなんで言ってくれなかったんすか? こっちがどれだけ我慢したかわかります? 自分、腐っても同世代じゃ顔ですよ? 関東連ってそんなに偉いんすか? 見立くんの前で『自分と泰一郎とは兄弟分です』って言い切った人間、他にいますか?」 出典:瓜田純士『遺書』 瓜田純士「石元太一は遅れてきた可哀想な若い衆」 さらに『遺書』の中で、瓜田は石元に対して「可哀想な若い衆・石元太一」と題して表面上は同情的でありつつも散々な書きようをしています。

5

History 瓜田純士ドキュメント(2011年・NOTO) 脚注 [ ] []• 工藤明男の登場 新宿ALTA裏乱闘事件 杉並VS世田谷の最終対決 第3章 1996年2月、袂を分かつ。 暴走族引退後は、極真空手の師範代となり、芸能プロデューサーとしても活躍し「実録 暴走族 ブラックエンペラー」、「実録 最後のギャング関東連合ブラックエンペラー五代目」、「喧嘩高校軍団 國士義塾(こくしぎじゅく)VS朝高(あさこう)」、「BLUE BERRY 僕の詩・母の歌」などの硬派作品を数々手がけています。 第2章 K村泰一郎との出逢い 暴走族VSチーマーの抗争 イラプションに襲撃されて引かなかった男 K村泰一郎はものすごいイケメンだった。

2

History 瓜田純士ドキュメント(2011年・NOTO) 脚注 [ ] []• 「関東連合」との関係 [ ] この節のは、 や記事主題の関係者による情報源に頼っています。 同年には音楽イベント「新宿アースダム 〜KING OF TATTOO LIVE〜」に参加している。 工藤明男の登場 新宿ALTA裏乱闘事件 杉並VS世田谷の最終対決 第3章 1996年2月、袂を分かつ。

19

笑 スゴイ鬼剃りだよね 笑 こんな中学生は最近は見ないよな 笑 そういや、松嶋君の隣に写ってるの中学の後輩の瓜田って奴らしいけど、こいつカリスマでもアウトローでもなんでもねぇじゃん 笑 この人間、 俺とリオンが事件を起こした時に、あれは俺の後輩がやったみたいな事言ってたらしいけど、勘弁してくれよ 笑 俺もリオンもお前なんか知らねぇって 笑 ホントそういう奴って多いよな どこどこの関東連だったとか言われてもわかんねぇし、会った事やお世話になった事がなければ先輩じゃないでしょ。 4月10日、「喧王 ISM KING OF KING ROAD 2009 vol. ブログ拝見しました 懐かしい写真ですね 俺の直上の先輩の鬼ゾリ写真懐かしいです 今は音楽プロデューサーで活躍してますね 先月が確か最期の電話だったかな? なんだか誤解しているようだけど 関東連合は語った事はないし 同世代が友達なのと 先輩方 親がそうなだけで 俺はただの元ヤクザです (省略) 貴方の事を後輩と言った事は一度もないですよ リオンは昔 先輩方とバーベキューとか行きました 石元君は世田谷なら 千歳台ですね 僕の代は 吉岡がエンペラーしてましたね 荒川って喧嘩っ早い子も 同じ世代でした エンペラーではないけど 喧嘩を参加してた子でした 上北沢は西山がいましたね 懐かしいです 貴方の言う通り 会った事も世話にもなってないのが先輩じゃない そうですね 俺もそのスタンスだけど 年上は立てる社会にいたので、一応気をつけて付き合いしてます (省略) 一応僕も公人な為 媒体は選ぶので 対談は無理かな 貴方の言うように アウトローでもカリスマでもない (省略) 石元君も体調 風邪等ひかないよう 素敵な新年を迎えてください。 4月10日、「喧王 ISM KING OF KING ROAD 2009 vol. 「関東連合」との関係 [ ] この節のは、 や記事主題の関係者による情報源に頼っています。

14

ハニーに何かあったら 生き方全てが口だけの 胸板 笑い話で今迄許したけど それ以上いったら 生き恥コラ 生い立ちから全てバラすぞ坊やコラ 暴走族しか知らないで アウトロー語った 勘違い坊や おまはただ生きる恥なんだよ 笑 頑張れよ 生きる事が恥ずかしい少年 お前 終わってるよ 全てがダサ過ぎて。

9

まぁ 頑張れよ お前が逆立ちしても 俺にはなれないから 調子に乗ったら お前の土下座写真バラまくぞ 質問に答えます! いつも土下座してました。

。 。 。

5

。 。 。

6

。 。 。

16