先ほどお話をした配偶者やお子さんがいて 年金をもらう方によって生計を維持されている、 年金をもらう方の収入によって生活をしている場合で、 配偶者とお子さんの年収が850万円未満の時は 家族手当のような加給年金が今回もらう年金に 加算されることになります。 そして、この年金請求書に必要事項を記入し、 添付書類とともに「年金事務所」や 「市区町村役場の国民年金担当窓口」 へ 提出することで手続きが完了します。 手続き 届出・申請書類 国民年金の加入・喪失・種別変更 国民年金関係届書 産前産後期間の保険料の免除 国民年金関係届書 保険料の納付が困難な場合(学生以外) 国民年金保険料免除・納付猶予申請書 保険料の納付が困難な場合(学生) 国民年金保険料学生納付特例申請書 郵送の手続方法 詳しくはお問い合わせください。

1

早速、その10枚を紹介していきますが、 こと細かに説明していきますと時間が いくらあっても足りませんので、 ざっくりと概要を掴んでいただくことを 目標にお話をしていきますので、 よろしくお願いいたします。

どれを貰えばいいんでしょ? 3ページ目を見てみると、 配偶者がいる場合 ・ご本人の戸籍の抄本(戸籍の一部事項証明書) ・ご本人の戸籍の謄本(戸籍の全部事項証明書) のいづれか 子がいる場合 ・子とご本人それぞれの戸籍の抄本(戸籍の一部事項証明書) ・ご本人の戸籍の謄本(戸籍の全部事項証明書) まあ、どうせ役所に貰いに行くんだから、その時に聞いてみるか。

18

。 基本の開所時間は、平日 午前8時30分~午後5時15分 場所によっては、「月曜日(祝日の場合は翌営業日)は午後7時まで 営業時間を延長したり、第2土曜日(午前9時30分~午後4時)も 営業しています。

4

。 。

。 。