114 参考文献 [ ] 脳卒中合同ガイドライン委員会編『脳卒中治療ガイドライン2004』、協和企画、2004年、。

2

脳卒中治療 こんなときどうするQ&A 関連項目 [ ]• ・ 感覚失語・・・言葉が理解しにくくなる ・ 記憶障害 ・ 視野障害・・・視野に関する神経線維の障害が原因になります 言葉が理解しにくくなる「 感覚失語」は主に 左側の皮質下出血で起こります。 また、 一連の動作ができなくなる「 失行」や、 周囲の状況がわからなくなる「 失認」などの症状も起こります。

5

Qureshi AI et al; J Intensive Care Med 20:34-42,2005• ・ 高血圧 ・ アミロイドアンギオパチー ・ 海綿状血管腫(かいめんじょうけっかんしゅ) ・ 脳腫瘍 ・ 脳動静脈奇形(のうどうじょうみゃくきけい) 一つ一つの病気の詳しいお話は、今後のブログ記事でも解説していく予定ですが、ざっと見渡しても「脳腫瘍」という怖い病気が原因であったり、聞いたこともないカタカナの病気(アミロイドアンギオパチー)があったりして、バラエティーが豊富です。 ・ 知能の低下 ・ 自発性がなくなる ・ 人格変化 ・手足の 麻痺 ・ 言葉が出にくくなる(特に 左前頭葉の障害) 例えば、昨日まで頭がしっかりしていたおじいちゃんが、急に 認知症みたいな症状を起こしたりする場合は、 前頭葉の皮質下出血を考える必要があります。 スポンサーリンク 皮質下出血の治療法 皮質下出血の治療法は「 内科的治療」と「 外科的治療」のどちらかを選択します。

14

オキシヘモグロビンは反磁性体のためT1 緩和時間、T2 緩和時間に影響を与えないが、血餅は水分を含むため、軽度の T2 延長を示すのが一般的である。 ・ 前頭葉・・・前の方の脳 ・ 側頭葉・・・横の方の脳 ・ 頭頂葉・・・てっぺん側の脳 ・ 後頭葉・・・後ろ側の脳 これらの4ヶ所の脳は、それぞれ異なった働きをしています。 。

11

3

8