関連項目 [ ] ウィキソースに の原文があります。 この記事は役に立つ情報だと思いましたか? 1 役に立つと思った 2 まあまあ役に立つと思った 3 あまり役に立つと思わなかった 4 役に立つと思わなかった その他 (50文字以内) Q3. 出典 デジタル大辞泉について 「行政不服審査法」の解説 …さらに,行政裁判法 1890公布 および行政事件訴訟特例法 1948公布 のもとでは,訴願に対する裁決を経た後でなければ訴訟を提起することができないという〈訴願前置主義〉が原則とされていたため,このような訴願制度は,国民の権利利益の迅速な救済を阻んでいた。

20

参考文献 [ ] 判例 [ ]• 行政不服審査法関連三法案が閣議決定されました(平成26年3月14日) 、 行政不服審査法案 、、、 行政不服審査法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案 、、、 行政手続法の一部を改正する法律案 、、、• 7 裁決 審査庁は、神奈川県行政不服審査会からの答申を受けたときは(諮問を要しない場合にあっては 4 の審理員意見書が提出されたとき)、裁決(審査請求に対する審査庁の判断(最終結論))をし、裁決書の謄本を審査請求人及び処分庁に送付します。 )又は委員会等である再審査庁 第13条第1項 処分又は不作為に係る処分の根拠となる法令に照らし当該処分 原裁決等の根拠となる法令に照らし当該原裁決等 審理員 審理員又は委員会等である再審査庁 第13条第2項 審理員 審理員又は委員会等である再審査庁 第14条 第19条に規定する審査請求書 第66条第1項において読み替えて準用する第19条に規定する再審査請求書 第21条第2項に規定する審査請求録取書 同項において読み替えて準用する第21条第2項に規定する再審査請求録取書 第15条第1項、第2項及び第6項 審査請求の 原裁決に係る審査請求の 第16条 第4条又は他の法律若しくは条例 他の法律 関係処分庁(当該審査請求の対象となるべき処分の権限を有する行政庁であって当該審査庁となるべき行政庁以外のものをいう。

2

この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? 1 わかりやすかった 2 まあまあわかりやすかった 3 ややわかりにくかった 4 わかりにくかった その他 (50文字以内) Q2. 裁決 [ ] 詳細は「」を参照 審査請求、再審査請求の手続は、申立人による申立ての取下げか、審査庁による によって終了する。

6

審査請求 訴訟 費用 無料 必要 プライバシー 非公開 公開 手続き 簡易 複雑 不服申立前置主義 基本的には自由選択主義で自由に選べるのですが、 個別の法律で「審査請求に対する裁決を経た後でなければ処分の取消の訴えを提起することができない」と定められているときには、審査請求を経ないと取消訴訟ができません。 ) 理由 別表第二(第61条関係) 第9条第4項 前項に規定する場合において、審査庁 処分庁 (第2項各号(第1項各号に掲げる機関の構成員にあっては、第1号を除く。

審査請求 [ ] 詳細は「」を参照 審査請求は、不服申立ての基本類型である。 <2016年の法改正> ・「審査請求」ができる期間を、「60日以内」から「3月以内」に延長 ・不服申立ての手続について、「異議申立て」をなくし原則として「審査請求」に一本化 ・審査請求の前に「再調査の請求」ができる場合も、直接審査請求が可能に ・行政不服審査会等の諮問機関(第三者機関)が設けられ、審査庁の裁決の判断をチェック ・審理員制度が導入され、原処分に関与した者は審査請求の審理を行うことができない 結局、以前の法体系ではまず「異議申立て」をしてそれでもダメなら「審査請求」の流れでしたが、現在は審査請求に一本化され、「不服申立」=「審査請求」のような形になっています。

6

(審査請求に関する規定の一部準用) 再審査請求 [ ] 例外的な制度であり、審査請求の裁決を経たけれどもその裁決についてなお不服がある場合に行われる不服申立てである。 補足 [ ] 教示 [ ] 行政不服審査法において特徴的な制度が 教示である。 第一条 この法律は、行政庁の 違法又は不当な処分その他公権力の行使に当たる行為に関し、国民が 簡易迅速かつ公正な手続の下で広く行政庁に対する不服申立てをすることができるための制度を定めることにより、 国民の権利利益の救済を図るとともに、 行政の適正な運営を確保することを目的とする。

6

行政不服審査法関連三政令が公布されました(平成27年11月26日) 行政不服審査法の施行期日を定める政令(平成27年政令第390号) 、、 行政不服審査法施行令(平成27年政令第391号) 、、、 行政不服審査法及び行政不服審査法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令(平成27年政令第392号) 、、、、• ) 第19条の見出し及び同条第1項 審査請求書 再審査請求書 第19条第2項 処分についての審査請求書 再審査請求書 処分の内容 原裁決等の内容 審査請求に係る処分(当該処分について再調査の請求についての決定を経たときは、当該決定) 原裁決 処分庁 裁決庁 第19条第4項 審査請求書 再審査請求書 第2項各号又は前項各号 第2項各号 第19条第5項 処分についての審査請求書 再審査請求書 審査請求期間 再審査請求期間 前条第1項ただし書又は第2項ただし書 第62条第1項ただし書又は第2項ただし書 第20条 前条第2項から第5項まで 第66条第1項において読み替えて準用する前条第2項、第4項及び第5項 第21条の見出し 処分庁等 処分庁又は裁決庁 第21条第1項 審査請求をすべき行政庁が処分庁等と異なる場合における審査請求は、処分庁等 再審査請求は、処分庁又は裁決庁 処分庁等に 処分庁若しくは裁決庁に 審査請求書 再審査請求書 第19条第2項から第5項まで 第66条第1項において読み替えて準用する第19条第2項、第4項及び第5項 第21条第2項 処分庁等 処分庁又は裁決庁 審査請求書又は審査請求録取書(前条後段 再審査請求書又は再審査請求録取書(第66条第1項において準用する前条後段 第29条第1項及び第55条 第66条第1項において読み替えて準用する第29条第1項 第21条第3項 審査請求期間 再審査請求期間 処分庁に 処分庁若しくは裁決庁に 審査請求書 再審査請求書 処分についての審査請求 再審査請求 第23条(見出しを含む。 主観訴訟 抗告訴訟 取消訴訟、無効等確認訴訟など 当事者訴訟 当事者間の法律関係を確認し又は形成する処分又は裁決に関する訴訟 客観訴訟 民衆訴訟 住民が国や地方公共団体に「法律違反を正せ!」 機関訴訟 行政機関同士の争い また、不服申立は、行政処分に対して不服があるときだけでなく、行政の不作為(法令に基づき申請をしたにもかかわらず、相当期間内に処分をしないこと)に対して不服があるときにも不服申立てができます。

9