(昭和26年)4月 大阪駅 - 博多駅間に、臨時急行 3033・3034列車を運転開始。 (昭和9年)12月 山陽本線の麻里布駅(現在の) - 間のルートは、それまで海岸沿いのを経由するものであったが、このとき山沿いを経由する路線(岩国駅(現在の)・経由、現在のルート)が完成して同経路が新しく「山陽本線」とされ、旧ルートは支線の「 柳井線」となった。

季節急行 新設列車 「 ながさき」 東京駅 - 長崎駅 客車寝台 「 べっぷ」 新大阪駅 - 大分駅(3往復。 。

(昭和14年)11月 (昭和12年)7月のを契機に勃発したの戦況が泥沼化し、大陸方面への往来需要が増加したこともありダイヤ改正が行われ、山陽本線では - 下関駅間に昼行の二・三等急行 1025・1026列車と夜行の二・三等急行 1027・1028列車が新設される。 JR化以降 [ ] 急行「玄海」 (1990年 岡山駅)• 急行列車では5・6列車を門司駅まで延長し 11・12列車、7・8列車を鹿児島駅まで延長し 3・4列車、9・10列車をまで延長し 5・6列車としたほか、東京駅 - 下関駅間運行の19・14列車は 13・14列車、1035・1038列車は 15・16列車、大阪駅 - 下関駅間運行の1025・1026列車は 202・203列車、1027・1028列車は 204・205列車へ列車番号が変更された。 「 阿蘇」の食堂車が編成から外されて「 さつま」の名古屋駅 - 門司駅間に連結される。

6

昼行特急列車 定期3往復 「 かもめ」 京都駅 - 長崎駅・宮崎駅 82系気動車 「 みどり」 大阪駅 - 博多駅 82系気動車 「 へいわ」 大阪駅 - 広島駅 82系気動車• (昭和29年)10月 「特殊列車」が普通の不定期急行列車に転換され、そのうち東京駅 - 間を運転していたものに「 西海」、東京駅 - 博多駅間を運行していたものに「 早鞆」と命名。

9

法人名 社会福祉法人 来光会 法人所在地 〒491-0141 愛知県一宮市浅井町黒岩字宮東29番地 Tel 0586-51-9150 Fax 0586-51-9155 法人設立 1997年6月23日 事業内容 特別養護老人ホーム、ケアハウス、養護老人ホーム、グループホーム、 デイサービスセンター、居宅介護支援センターの運営 事業所 介護老人福祉施設いわと、ケアハウス ユーハウスいわと、グループホーム瀬部、 介護老人福祉施設しろやま、養護老人ホームしろやま、介護老人福祉施設えもり、他 代表者 理事長 脇田 隆祥 年商 17億8,600万円 職員数 365名 特徴 常滑地区の場合、同一敷地内に特養と養護が立地 一宮地区の場合、道を挟んで、ケアハウスと特養が立地し、 近辺にグループホームやグループの医療法人などがあります。 (明治45年)6月 新橋駅 - 下関駅間に、日本初となる「 (特急列車 )」の1・2列車が運転を開始した。

13

日豊本線経由) 「 阿蘇」 名古屋駅 - 熊本駅 「 天草」 京都駅 - 熊本駅(筑豊本線経由) 「 雲仙」 京都駅 - 長崎駅 「 西海」 大阪駅 - 佐世保駅 「 日南」(2往復) 大阪駅 - 宮崎駅、都城駅 「 つくし」 大阪駅 - 博多駅 「 音戸」 大阪駅 - 下関駅、京都駅 - 広島駅(呉線経由)• こどもトレーニングひろば しろやま 〒852-8021 長崎市城山町18番9号 電話 : 095-807-3071 FAX : 095-807-5297 こどもトレーニングひろば しろやま第二校 〒852-8021 長崎市城山町17番48号 電話 : 095-807-0126 FAX : 095-807-4151 陽の出訪問看護ステーション 〒852-8021 長崎市城山町18番9号 電話 : 095-807-2659 FAX : 095-807-5297 こどもトレーニングひろば やながわ 〒852-8013 長崎市梁川町2番3号 電話 : 095-807-2747 FAX : 095-807-0894. (昭和12年)7月 東海道本線に特急「 」(かもめ)が新設されたのと同時に東海道・山陽本線の急行列車も再編され、それまでの東京駅 - 神戸駅間二・三等急行19・20列車を東京駅 - 下関駅間に延長、二・三等急行 19・14列車(山陽本線内は昼行)となったことで東京駅 - 下関駅間運転の急行列車は定期4往復・不定期2往復となった。 「 」 新大阪駅 - 長崎駅・西鹿児島駅 20系寝台列車 新設• (昭和17年)11月 昨年12月に勃発したが深刻化する中、この年6月に が開通し下関駅 - 間が山陽本線に組み入れられた。

プレスリリース , JR西日本, 2019年11月20日 , 2019年11月21日閲覧。

(明治22年)9月 山陽鉄道は - 兵庫駅間を開業させ、による現在の と連絡するようになった。 「 夕月」 新大阪駅 - 宮崎駅 寝台列車 新設• (平成17年)3月 「さくら」と「あさかぜ」が廃止され、「はやぶさ」と「富士」が併結運転(東京駅 - 門司駅 - 熊本駅・大分駅間)となる。

10月 中国地方から九州への便を図るべく、広島駅 - 門司駅間に臨時準急 3207・3208列車を設定。 東京駅 - 博多駅間に、 特急「 」を運転開始。 「 はと」 新大阪駅 - 博多駅 481系電車• 「 あさかぜ」 東京駅 - 博多駅。

(昭和32年)7月 東京駅 - 博多駅間に「あさかぜ」の補助列車として下りは30分先行、上りは30分後発する時刻に、臨時特急「 」を設定。

7

「 彗星」 2往復(新大阪駅 - 大分駅、宮崎駅)に増発。 昼行急行列車 定期6往復 「 べっぷ」 広島駅 - 別府駅 58系気動車 「 山陽」 岡山駅 - 博多駅 58系気動車 「 安芸」 東京駅 - 広島駅(呉線経由) 「 筑紫」・「 ぶんご」 東京駅 - 博多駅・大分駅 「 さつま」 名古屋駅 - 鹿児島駅 「 」 京都駅 - (京都駅 - 岡山駅間は「さつま」に併結) 「 宮島」 大阪駅 - 広島駅(呉線経由) 58系気動車• 11月 それまで京都駅 - 博多駅・間にて設定されていた準急205・206列車から分離して、「阿蘇」に東京駅 - 門司駅間にて併結する形で、東京駅 - 都城駅間に急行「 たかちほ」を設定。 「さつま」が系統分割されて、名古屋駅 - 博多駅間の「 はやとも」、門司港駅 - 鹿児島駅間の夜行急行「 はやと」となる。

16
「 はと」 岡山駅 - 下関駅間に運行区間を短縮し、4往復となる 「 山陽」 広島駅 - 博多駅…準急「長門」を格上げして区間延長し 化
夜行特急列車 定期3往復・不定期1往復 「 あさかぜ」 東京駅 - 博多駅 寝台列車 20系客車 「 はやぶさ」 東京駅 - 西鹿児島駅 寝台列車 20系客車 「 さくら」 東京駅 - 長崎駅 寝台列車 20系客車 「 みずほ」 東京駅 - 熊本駅 寝台列車 在来形客車(不定期列車 また、広島での試験導入がおおむね良好な成績を収めたことから、山陽本線・呉線の岡山駅 - 間、 - 広島駅間、呉駅 - 広島駅間でも同種の普通列車増発によるパターンダイヤを導入