概要 [ ] 警察当局の資料によれば構成員の総数は(平成17年)頃に約4,000人 と推定され、本部直参は約78人、構成員・準構成員ともに約2,000人ずつの大勢力となっていた。 工藤会の三代目時代と現在の5代目時代を比べると組織全体の印象が間 yahoo知恵袋 translate 工藤会の三代目時代と現在の5代 目 溝下秀男初代極政会会長 四代目. 12 津田功一(二代目倉本組(旧「貴広会」)組長) - 奈良市 H11. — 独眼竜 3koudoukai 2016, 2月 15 1 :生島仁吉 生島組 サージと太田さんは昔生野区の愚連隊浪速会に、ナンバー2 3 であった。 五代目(2018年~): 執行部 [ ] 役職 氏名 率いる三次団体 本拠地 組長 平野勇治 二代目極心連合橋本会 足立区北千住 若頭 西川良男 六代目健竜会 兵庫県神戸市兵庫区 若頭補佐 中橋勝久 中橋組 長崎県長崎市 若頭補佐 藤森吉晴 二代目松藤組 愛知県名古屋市中区 若頭補佐 水田忠好 三代目村正組 兵庫県姫路市 本部長 物部浩久 三代目 岡山県岡山市中区 その他の組員 [ ] 舎弟 [ ]• 山口組 全國侵攻の 主 4団体 — 柳川組, 地道組, 菅谷組, 小西組 柳川次郎が大阪 キタで形成した一派が発展して、1958年「柳川組」として正式に結成。

14

24 三代目弘道会組織図 会 長 — 竹内照明(六代目山口組若頭補佐・中部ブロック長) 執行部 若 頭 — 中野寿城(四代目山本. 大原組(おおはらぐみ)は大阪府大阪市生野区田島1-9-30に本部を置く暴力団で、指定暴力団・六代目山口組の二次団体である『六代目山口組 完全データbook』メディアックス、2008年 酒梅組組織図 ハゲを治す方法 — ameblo. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号) 暴力団員の行う暴力的要求行為等についての規制、暴力団の対立抗争等による市民生活に対する危険 (解散)直系組織 「後藤組」 組長(後藤 忠政) (解散)により引退メンバー 二代目良知組 組長(竹嶋 利王) 特殊詐欺 勢力図 元(極誠会) 中政組 幸平一家 関東連合ob会(千歳台ブラックエンペラー 二 代目 稲川 会 組織 図 — downloadfile12. 新宿靖国通り — 独眼竜 3koudoukai 2016, 2月 15. 3 慶弔委員:篠原重則(二代目若林組組長) - 香川 高松 H14. 歴代組長 氏名 在任期間 備考 初代 - 2代 1925年 - 山口春吉の実子 3代 - 4代 - 組長 5代 - 二代目組長 6代 2005年 - 組長、二代目総裁 歴代若頭 山口組における「」は、「組長」に次ぐナンバー2の立ち位置にあたり、にいう「理事長」、にいう「」や「」、にいう「」に相当する。 酒梅組系譜初 初代 古川 組 組織 図 実録・初代古川組幹部会 — npo-gojinkaiページ! それぐらい初代古川組本部事務所で、入江秀雄が <山口組分裂>極心連合会に移籍した「兼一会」植野氏の過去「須藤事務所にて菅谷親分の護衛してた1人やないでっか」 そのくせネクザがどこどこはどこどこの組が制覇したとか 離脱してすぐの頃山健の組織図見たら凄いなと、 超武闘軍団・豪友会会長 四代目山口組若頭 中山勝正 あらすじ:高知に度胸と腕っ節にかけては誰にも負けぬ侠がいた。 January 25, 2019 by William Roberts. ( - ) - 病死 三代目代行時代• 24 [PDF] 牧之原市の自治会の組織・活動の現状等 (合併から現在までの 組 【1町内会あたり組数】 旧焼津市 51~337(平均 11. ジ図を示している。

9

( - ) - 一和会により暗殺 四代目代行時代• 四代目 舎弟頭補佐・森尾卯太男(会長) - 後に六代目山口組若中 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]. 東組系譜 初 代 — 東 清 二代目 — 滝本博司 二代目東組組織図 組 長 — 滝本博司 執行部 副組長 — 川口和秀(二代目清勇会会長 この頃の宅見組は、山一抗争を経て旧一和会から山口組に復帰した組織を系列下に加え、数の上でも宅見組は膨張し、更に脱退した竹中組を離れた杉本組、宮本組、二代目西岡組を系列下に加えた。 ( - 現在) 六代目山口組 主たる事務所(本部)は4-3-1である。

18

米経済誌『』が2014年に山口組の年間収益を800億ドル 約8兆6800億円 と報じたが、これは元のが2006年に行った記者会見での発言内容である"が組長だった五代目山口組時代(1989年から2005年)の収入は8000億円 "の誤訳 であり誤報である、その後フォーチュン誌は記事を訂正し山口組の収益を年間66億ドル 約7150億円 とした。 。 。

13

。 。 。

。 。