・・・と、もし、しゃっくりを繰り返すことが多かったり、 しゃっくりがなかなか止まらなかったり・・という状況であれば・・・ 横隔膜を徹底的に動かして、感覚や動きを鍛えることで、 横隔膜が正常に働くようになり、 しゃっくりも起きにくくなる可能性はある、と思われます。 しゃっくりの種類 一度出だすと止まらなくなるしゃっくりですが、しゃっくりには「 中枢性しゃっくり」「 末梢性しゃっくり」「 横隔膜刺激性しゃっくり」「 消火器刺激性しゃっくり」など、いくつか種類があります。

2

しかし、横隔膜をうまく使えるように、いろいろと試行錯誤してみる・・というのは、 コストもかからず、家ですぐに始めることもできますので・・・ しゃっくりが止まらない時にはまず、 「横隔膜の感覚や使い方を鍛える」ことを試してみると、 うまくいく可能性がある、と思います。

10

2 Try to hold your breath and your hiccups might stop.。

10

ちょっとした拍子に始まる「しゃっくり」 このしゃっくりが、中々止まらないという、 経験があるのではないでしょうか? 止めようとすればするほど、 焦って苦しくなるなんてこともあるでしょう。 たとえば・・・ 「横隔膜の左半分だけをすこし持ち上げて、右半分だけをすこし下に下げてください」 と言われたとして・・・できますか? 日頃から相当、身体の感覚を追求しているような方なら、 できるかもしれませんが・・・ 普通はまず、むずかしいと思います。

20

それでは、 横隔膜の「感覚」や「動かし方」を鍛えるためには・・・ どうすればいいのでしょうか? まずは、横隔膜を使った 「呼吸」の練習です。 ・横隔膜のリズムを意識して息を止める 1.「ヒック、ヒック」という一定のリズムを掴む 2.次に横隔膜が痙攣しそうな時を見計らって、 横隔膜に力を入れる 3.そのまま息をとめ、しゃっくりのリズムを乱す 何度か行うと止まっている事の多い方法です。

17

そのため、効果的な方法としては、 1. まずは10秒ほど限界まで息を吸う 2. 15秒息を止める 3. ゆっくりと吐く を試してみましょう。 息を止める事は hold your breath と言います。

9

。 。

。 。

15

。 。

9

。 。

3

。 。