突破を賭けた直接対決となったラツィオ イタリア 対クラブ・ブルージュ ベルギー は2-2の引き分けに終わり、ラツィオが20年ぶりの16強入りを決めた。 00 - - - - - - - - - - 1985. 39 - - 1982 1983 - - - - - - - ルシアン・レドック 1983. 選手名 在籍年 前所属 備考 GK 01 2019年- 16 50 2021年- -- 2020年- ユースチーム DF 02 2021年- 03 2014年- ユースチーム 04 2021年- 05 2013年- 14 2018年- 20 2015年- 元 22 2019年- 24 2018年- 31 2018年- ユースチーム MF 06 2012年- 08 2019年- 11 2015年- 12 2020年- 元 15 18 2021年- 19 2019年- 21 元 23 2017年- 27 2019年- FW 07 2017年- 09 2019年- 10 2017年- 30 2021年- 歴代所属選手 [ ] GK [ ]• 62 2013 - - - - - - - - - 2013. 73 - - 2006 - - - - - - - 2007. 概要 [ ] 1970年8月12日、と ()が合併して創設された。

2

6 - - 2004 2006 - - - - - 2001 - - 3 シモン・タハー 2006. 26 2014 2015 2016 - 2015 2016 2014 2015 2016 2013 2014 2015 - - - - - 2016. 38 - - - - - - - - - - 1973. 歴史 [ ] パルク・デ・プランスにあるトロフィー壁 1970年代 [ ] ヨーロッパや南米のサッカークラブは、総合スポーツクラブの一部門として誕生したクラブが多いが、パリ・サンジェルマンの創設過程はこれらのクラブとは異なる。 6 - - - - - - - - - - - - ダニエル・エシュテルシア 1974. 1980, 1981, 1984, 1986, 1989, 1992, 1993• 以下、グループリーグ組み合わせ [グループA] イングランド フランス ドイツ ベルギー [グループB] スペイン イングランド ポルトガル イタリア [グループC] ポルトガル ドイツ オランダ トルコ [グループD] イタリア スペイン ウクライナ モルドバ [グループE] ドイツ スペイン ポルトガル ウクライナ [グループF] スペイン イングランド イタリア スイス [グループG] フランス スペイン オーストリア ドイツ [グループH] イングランド イタリア ロシア スウェーデン あわせて読みたい• 42 - - - - - - - - - - ジョルジュ・ペロシェ 1979. F組はすでに突破を決めているドルトムント ドイツ がゼニト ロシア に2-1で勝利して首位通過が決定。

15

80 2019 2020 - 2020 2020 2018 2019 歴代所属選手 [ ]• 4 - - - 2008 - - - - - - - 1 シモン・タハー 2008. 32 2018 - 2017 2018 2017 2018 2016 2017 - - - - - 2018. 72 1986 - - - - - - - - - 1987. 11- 2013 2014 2015 2016 2018 2019 - 2015 2016 2017 2018 2014 2015 2016 2017 2018 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 - - - - - - 22 通算 1970-2019 8 1 12 8 9 0 1 0 1 0 0 40 2010年7月21日時点 チェアマン 期間 タイトル 通算 国内 国外 ベルナール・ブロシャン 1991. 1位バルセロナ 1099万984回 、2位レアル 418万2249回 に続き、3位に入ったのがマジョルカ 247万1246回 だった。 97 - - - 2008 - - - - - - 2009. 5 - - 2004 - - - - - - - - 1 ピエール・ブレイユ 2005. 47 - - - - - - - - - - 1977. 1985-86, 1993-94, 2012-13, 2013-14, 2014-15, 2015-16, 2017-18, 2018-19, 2019-20• 米国 , 米国 , 成績 [ ]• 同紙は「問題なのは、セビージャが おそらく2年間の ローン契約に買い取りオプションを含めたいと考えている一方で、それはホワイトクラブ レアル がいかなる場合でも望んでいないことである」と指摘。

1994-95, 1997-98, 2007-08, 2013-14, 2014-15, 2015-16, 2016-17, 2017-18, 2019-20• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

4

この勢いで、週末の戦、CL戦にも良い結果を期待しましょう! 次の試合は 10月25日(日)1:30から第6節 での戦 リーグ戦も勝ち点積み上げたいですね!カモン!ユナイテッド!! 最後まで読んで頂きありがとうございました!. 59 - - - - - - - - - - 1991. 5 - - - - - - - - - - - - シャルル・ヴィルニューブ 2008. また後半アディショナルタイムには、フランシスコ・トリンコン(Francisco Trincao)に対するファウルでフェルナンド(Fernando Francisco Reges Mouta)が退場となり、延長戦では数的不利に立たされた。 パリSG フランス 対バシャクシェヒル トルコ は、第4審判の人種差別的発言によって前半途中で中断し、翌9日に再開されることになったが、マンチェスター・Uとの直接対決で上回るパリSGのグループリーグ突破が決まっている。

15

2 - - - - - - - - - - - - セバスチャンヌ・バザン 2009. 1990年代 [ ] 以前のロゴ 1991年5月、有料テレビ局のによって買収された。

10

1 - - - - - - - - - - - - フランシス・ボレリ 1978. 97 - - - - - - - - - - 1976.。

8