-Movie Walker- あらすじ<STORY> 自由に生きる今どきの女子高生・若草ハルナ 二階堂ふみ は、カレシの観音崎 上杉柊平 が執拗にイジメている山田 吉沢亮 を助けたことをきっかけに、「僕の秘密の宝物、教えてあげる」という山田に誘われ、夜の河原で腐りかけた死体を目にする。 世の中みんなキレイぶってステキぶって楽しぶってるけどざけんじゃねえよって ざけんじゃねえよ いいかげんにしろ あたしにも無いけど あんたらにも 逃げ道ないぞ ザマアミロって(吉川こずえ) — p109 普段モデルの仕事を行っている吉川こずえが、初めて河原の死体を見たときに、こう思ったとハルナに告げるシーンの台詞。

電波のように 空気の中に見えない何かが飛びかっている 愛やら 悪意やら 諦めやら 執着やら 目に見えない感情の念波(ハルナ) — p144 こずえが、二人が可愛がっていたと知らずに、てっきり喜んでくれると思ってハルナに猫の死骸を見せたあと、ハルナが吐き、泣きじゃくりながら思うこと。

この街は悪疫のときにあって 僕らの短い永遠を知っていた 僕らの短い永遠 僕らの愛 僕らの愛は知っていた 街場レベルののっぺりした壁を 僕らの愛は知っていた 沈黙の周波数を 僕らの愛は知っていた 平坦な戦場を 僕らは現場担当者になった格子を解読しようとした 相転移して新たな配置になるために 深い亀裂をパトロールするために 流れをマップするために 落ち葉を見るといい 涸れた噴水を巡ること 平坦な戦場で僕らが生き延びること 「愛する人(みっつの頭のための声)」ウィリアム・ギブソン この一節を読み解いていく上で、一番目に留まるのが「リバーズエッジ」の中でも何度も繰り返し登場する「平坦な戦場」という言葉なんです。

映画『リバーズ・エッジ』口コミ感想ネタバレ 映画『リバーズ・エッジ』あらすじ 公開上映中おすすめ映画 「SUMIREの存在感には驚かされた!」「二階堂ふみの裸は綺麗すぎて、WOWマジか…!」「吉沢亮、役も綺麗にはまってた気がする!」 上映中【2018年2月16日 金 公開】 90年代に人気を博した岡崎京子の同名コミックを行定勲監督が映画化した青春ドラマ。 だからこそこの作品を今を生きる若い世代に見て欲しいというのが、この企画が動き始めた最大の原動力だったのではないでしょうか? 解説:平坦な戦場で生き抜くこと C 2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社 「リバーズエッジ」には ウィリアム・ギブソンの「愛する人(みっつの頭のための声)」の一節が印象的に登場します。

18

楽しいから笑う 悲しいから泣く 嬉しいから喜び 許せないから怒る 感覚のない 上辺だけの 尊き日々に 虚無感は募り 歯車は崩れてゆく…。

17

*ここからネタバレ注意とさせていただきます スポンサードリンク *ここからネタバレ注意とさせていただきます 考察:ハルナと観音崎の3度のセックスに秘められた意味とは? 本作の主人公ハルナとその元カレ観音崎について劇中で少なくとも3度のセックスが描かれています。 。

17