。 この 「黒の衝動」を兄の 佐野真一郎や エマ、 場地圭介のようにタケミチが抑えることができる存在だといいのにね。 " 『東京リベンジャーズ』ネタバレ 200-201 話のまとめ 和久井健「東京リベンジャーズ」200話より引用 マイキーが未来でことごとく闇落ちしていたのはマイキーの中にある「黒い衝動」のせいでした。

ヲタクの場合、推しが自分好みのキャラをリアルに演じてくれていると、映画館詣でが始まります😅…勝手にフラフラ足が向いちゃうんだな 笑 ストーリーは頭に入ってるから、ひたすら アノ場面の声のトーンが深くてイイ だの、 アノ横顔の喉のラインがキレイ だの、銀幕に写し出される推しの一挙手一投足を、固唾を飲んで見守る…ということになる。 ・ 東卍(トーマン)を畳んだのは、みんなのため ・みんな、必要なモノを探す旅をしろ オレも必要なモノを探す旅に出る ・もうオマエらと会う事はないかもしれない でも、 どんなに離れていても繋がってる 「黒い衝動」を抑えることができないってわかっているマイキーは、本当はタケミチに助けてほしいって伝えたかったんじゃないかな。 反則だよね 笑 …で、blank eyesで虚無感ハンパないマイキーと、キサキ の妖しいツーショットも、ヲタク的にはけっこう好み🎵 「隣にいるべきは、ドラケンじゃない。

10

。 。 。

。 。 。

。 。 。

17

。 。 。

15

3

。 。 。

8

。 。 。

4

。 。 。

7

。 。

。 。

16