夏のオリンピックの日本のメダル数の推移 回数 年 場所 金 銀 銅 第1回 1896年 アテネ(ギリシャ) 日本は不参加 第2回 1900年 パリ(フランス) 日本は不参加 第3回 1904年 セントルイス(アメリカ) 日本は不参加 第4回 1908年 ロンドン(イギリス) 日本は不参加 第5回 1912年 ストックホルム(スウェーデン) 0 0 0 第6回 1916年 ベルリン(ドイツ) 中止 第7回 1920年 アントワープ(ベルギー) 0 2 0 第8回 1924年 パリ(フランス) 0 0 1 第9回 1928年 アムステルダム(オランダ) 2 2 1 第10回 1932年 ロサンゼルス(アメリカ) 7 7 4 第11回 1936年 ベルリン(ドイツ) 6 4 8 第12回 1940年 ヘルシンキ(フィンランド) 中止 第13回 1944年 ロンドン(イギリス) 中止 第14回 1948年 ロンドン(イギリス) 日本は不参加 第15回 1952年 ヘルシンキ(フィンランド) 1 6 2 第16回 1956年 メルボルン(オーストラリア) 4 10 5 第17回 1960年 ローマ(イタリア) 4 7 7 第18回 1964年 東京(日本) 16 5 8 第19回 1968年 メキシコシティー(メキシコ) 11 7 7 第20回 1972年 ミュンヘン(西ドイツ) 13 8 8 第21回 1976年 モントリオール(カナダ) 9 6 10 第22回 1980年 モスクワ(ソ連) 日本は不参加 第23回 1984年 ロサンゼルス(アメリカ) 10 8 14 第24回 1988年 ソウル(韓国) 4 3 7 第25回 1992年 バルセロナ(スペイン) 3 8 11 第26回 1996年 アトランタ(アメリカ) 3 6 5 第27回 2000年 シドニー(オーストラリア) 5 8 5 第28回 2004年 アテネ(ギリシャ) 16 9 12 第29回 2008年 ペキン(中国) 9 6 10 第30回 2012年 ロンドン(イギリス) 7 14 17 第31回 2016年 リオデジャネイロ(ブラジル) 12 8 21 第32回 2020年 東京(日本) これから! 中止の箇所は世界大戦の影響等です。 。

8月8日(日)14時30分現在 ・野球: 24個 ・ソフトボール: 15個 ・柔道: 9個 ・レスリング: 5個 ・フェンシング: 4個 ・スケートボード: 3個 ・水泳: 2個 ・卓球: 2個 ・体操: 2個 ・ボクシング: 1個 ・空手: 1個 最後までどうなるかは分からない所でありましたが、 アメリカと中国の人口数と比べても 1億人あまりの島国である日本がベスト5とは… 素直に素晴らしく思います。

19

メダル獲得数TOP10 順位 国・地域 金メダル 銀メダル 銅メダル 合計 1 米国 39 41 33 113 2 中国 38 32 18 88 3 日本 27 14 17 58 4 英国 22 21 22 65 5 ROC 20 28 23 71 6 豪州 17 7 22 46 7 オランダ 10 12 14 36 8 フランス 10 12 11 33 9 ドイツ 10 11 16 37 10 イタリア 10 10 20 40 今回の投稿オリンピックのメダル獲得数は獲得最多となりました。

7

メダルの総数は、 1位がアメリカで、金39個、銀41個、銅33個の合わせて113個、 2位は中国で、金が38個、銀が32個、銅が18個の合わせて88個、 3位はロシアオリンピック委員会で、金が20個、銀が28個、銅が23個の合わせて71個、 4位はイギリスで、金が22個、銀が21個、銅が22個の合わせて65個、 58個の日本は5位となっています。 金メダル 27個 銀メダル 14個 銅メダル 17個 合計で 58個のメダル数となりました!! 金メダルの数、メダル総数ともに 過去最高とのことです!! 素晴らしい!! もちろん開催国という地の利はありますが、過去の最高記録(金メダル16個、メダル総数41個)を大幅に更新しているので、純粋に日本選手の努力の賜物だと思います。 。

5

。 。 。

14

。 。 。

。 。 。

13

。 。

13

11

。 。 。

9

。 。 。

5

。 。 。

7