getElementById f return d;if j. elements "abbr article aside audio bdi canvas data datalist details figcaption figure footer header hgroup mark meter nav output progress section summary time video",shivCSS:c. 500 9 4 0 0 0 18 7 11 0. isPlainObject b for e in b r. 308 3 1 2 7 19 -0. 2006年 日本-アメリカ戦 [ ] 第2ラウンド1組初戦での日本-アメリカ戦の3-3の同点で迎えた八回表一死満塁のの三塁から本塁へのタッチアップが捕球より早かったとし、二塁塁審はセーフとしたものの、監督の抗議に応じ、球審のはアウトと判定を下して、事実上のダブルプレーとなり3死となった。

10

不参加を表明したメジャーリーガー [ ] アメリカ合衆国 [ ]• サンフランシスコラウンド 主催:WBCI、 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 第3回WBC登録選手のうち 同国出身選手の数 出場国 人数 、、、 、 28 、 26 、 25 、 24 19 8 1 薬物規定 [ ] 国際野球連盟(IBAF)によれば、WBCで検査を実施するのは(WADA)で、メジャーリーグの規定よりも禁止の範囲が広い国際ルールが適用されるはずであった。 テレビ・ラジオ放送 [ ] 日本国内での放送 [ ] 地上波テレビ放送では、にて3大会連続で中継放送した。

1

333 11 1 0 0 0 6 4 2 0. 167 14 4 0 0 0 12 2 10 0. -』 〈〉、2013年(平成25年)、 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 守備位置 選出選手 所属チーム 最優秀選手(MVP) 投手 優秀選手 投手 松坂大輔 捕手 一塁手 二塁手 三塁手 遊撃手 外野手 指名打者 大会規定 [ ]• 出場資格(2020年現在) 1 当該国のを持っている 2 当該国のを持っている 3 当該国でしている 4 のどちらかが当該国の国籍を持っている 5 親のどちらかが当該国で出生している 6 当該国の国籍またはの取得資格がある 7 過去のWBCで当該国の最終に登録されたことがある 出身選手はを得るためにドミニカ国籍を放棄しなければならず、オリンピック憲章をそのまま適用すれば、ドミニカ代表でプレーできないドミニカ出身選手もいる。 0;for h in c T a,b,h,c[h],! 000 17 2 0 0 0 5 0 5 0. 154 3 1 2 18 26 -0. msMatchMedia;if c return c b. 参加・不参加を巡る逸話 [ ] 参加を表明したメジャーリーガー [ ] 12月5日に機構はその時点で出場に合意したMLB所属の177選手を発表した。

13

split " " ;return F b,"string" F b,"undefined"? 000 19 1 0 0 0 3 0 3 0. p :void 0;return void 0! Sportico The Business of Sports. 077 3 1 2 17 21 -0. ( 2020年8月) 2021 ワールド・ベースボール・クラシック 概要 開催国・地域 本選日程 - 大会参加 28チーム 本選出場 20チーム 前回優勝 1回目 結果 統計 試合数 予選18/本選47試合 2021 ワールド・ベースボール・クラシック(: 2021 World Baseball Classic)は、ワールド・ベースボール・クラシック・インク(WBCI)主催によりに開催される予定の(WBSC)公認の大会、(WBC)の第5回大会である。 167 16 1 0 0 0 3 1 2 0. 185 3 0 3 7 15 -0. 103 5 2 3 17 25 -0. 2009年4月20日 - The Hartford Courant(英語)• 742 2 4 1 0 1 24 18 6 0. : 3勝 : 2勝1敗 : 1S• 231 13 4 0 0 0 11 3 8 0. 467 3 0 3 2 14 -0. 000 19 1 0 0 0 3 0 3 0. 最終成績 [ ] チャンピオントロフィー チーム 勝数 敗数 引分 得点 失点 優勝 5 3 0 60 21 準優勝 5 3 0 44 43 ベスト4 6 1 0 26 14 5 2 0 36 26 第2ラウンド敗退 4 2 0 32 17 3 3 0 23 16 3 3 0 22 20 3 3 0 33 20 第1ラウンド敗退 2 1 0 20 23 1 2 0 13 14 1 2 0 15 19 1 2 0 15 19 0 3 0 4 18 0 3 0 7 20 0 3 0 6 40 0 3 0 12 38 選手個人賞 [ ] 主催者であるMLBは当初個人賞を設ける予定がなかったが、決勝当日、最優秀選手賞(MVP)と優秀選手賞(12名)を設定することを急遽決定した。 667 12 4 0 0 0 13 3 10 0. テレビ放送 [ ] 日本国内での放送 [ ] 地上波では日本戦を生中継した。

ベースボールマガジン編集部編 『2013 WORLD BASEBALL CLASSIC公式プログラム』(『』2013年4月号増刊) 、2013年(平成25年)、• 台中ラウンド 主催:WBCI、政府、 主導:体育署 計画:BROS悍創運動行銷 特別協賛:遠東国際商業銀行 協賛:台湾、台北台湾、コンチネンタル、、人力銀行、 六福村主題遊楽園、、大魯閣、台湾、TASTy西堤牛排、県運旅遊集団、點心旅遊 オフィシャルプレイガイド:ファミチケット(台湾) 協力:痞客邦、NOWnews今日新聞網、時藝多媒體• 486 表彰選手 [ ] 守備位置 選出選手 所属球団 最優秀選手 MVP メットライフ・オールWBCチーム(記者投票&ファン投票) 投手 傘下 捕手 一塁手 二塁手 三塁手 遊撃手 外野手 指名打者 東京ラウンドMVP 中日ドラゴンズ マイアミラウンドMVP ニューヨーク・ヤンキース 福岡ラウンドMVP 台中ラウンドMVP サンフアンラウンドMVP ニューヨーク・ヤンキース フェニックスラウンドMVP シアトル・マリナーズ 2013年大会開催までの主な出来事 [ ] 2009年• 333 17 2 0 0 0 5 0 5 0. 534 予選降格(第1ラウンド敗退) 3 1 2 13 18 -0. 決勝 決勝戦の視聴率 地区 平均 視聴率 瞬間最高 視聴率 関東 43. 日程 試合開始 先攻 スコア 後攻 回 試合時間 観客動員 試合詳細 2013年3月2日 12:30 1—4 2時間53分 20,035人 2013年3月2日 19:30 0—5 3時間24分 1,085人 2013年3月3日 14:30 3—8 3時間09分 22,689人 2013年3月4日 18:30 6—0 3時間31分 1,481人 2013年3月5日 12:30 1—4 2時間50分 1,113人 2013年3月5日 19:30 2—3 3時間27分 23,431人 C組(サンフアンラウンド) [ ] 詳細は「」を参照• 概要 [ ] 開催経緯 [ ] 後半頃からメジャーリーグベースボール(MLB)では、や諸国の選手を中心にMLBのが進み、彼らの様な以外のを持つMLB選手による活躍が著しくなったと言う。 577 7 4 0 0 2 24 11 13 0. 試合日時は チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 0 0 0 0 0 5 1 0 6 11 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0• 試合日時は チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3 12 3 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 8 1• 第1回大会の傾向と問題点 [ ] 傾向 [ ] 全体的に前評判の低い国々の健闘が目立つ大会となった。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 以下の開催日や試合開始時間はすべて現地日時 第1ラウンド [ ] A組(福岡ラウンド) [ ] 詳細は「」を参照• Sportico The Business of Sports. (「もうひとつのWBC」といわれる) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

4

代表別通算成績 [ ] 順 国・地域名 出 優 準 四 試 勝 敗 分 率 1 4 2 0 2 31 23 8 0. 準決勝 決勝 6 0 10 6 3 1 日程 試合開始 先攻 スコア 後攻 回 試合時間 観客動員 試合詳細 2006年3月18日 12:00 3—1 3時間42分 41,268人 2006年3月18日 19:00 6—0 2時間40分 42,639人 2006年3月20日 18:00 10—6 3時間40分 42,696人 準決勝1組 [ ]• 682 6 4 0 1 0 26 15 11 0. 大会主催・スポンサー [ ] 主催:ワールド・ベースボール・クラシック・インク WBCI グローバルパートナー:、ブランドUSA DiscoverAmerica. 690 5 4 0 1 1 22 15 7 0. コイントス 第1回大会にまつわる逸話 [ ] 開催までの経緯 [ ] 元々2005年3月に国際大会スーパーワールドカップ(仮称)が予定されていたが、・の「MLB機構主催ではなく、きちんと大会運営組織を作るべきだ」などといった反対意見によって1年延期されたという経緯がある。 観客動員数: 42,639人 試合開始: 19時00分 試合時間: 2時間40分 中断45分 日本と韓国は予選リーグから数えて短期間で3度目の対戦となった。 回 開催年 総収益 賞金 総額 優勝 1 1280万USドル 780万USドル 78万USドル 2 3200万USドル 1400万USドル 270万USドル 3 未公表 1500万USドル 340万USドル 4 未公表(推定1億1000万USドル ) 未公表 未公表 大会ロゴ [ ] 中央にとを組み合わせたボールを配置し、その周りを4枚のの羽根状のものが包み込む意匠で、「グローバルベースボール」と名づけられた。

13

。 。 。

18

。 。

18