第二 裁判長 陪席裁判官 、、 意見 多数意見 全員一致 参照法条 刑法(平成3年法律31号による改正前のもの)211条 オーナー兼社長のについてで3年のが確定()した。 。 裁判 [ ] 判例 事件名 業務上過失致死傷 事件番号 平成2 あ 946 1993年(平成5年)11月25日 判例集 裁判要旨 ホテルの客室から出火し、スプリンクラー設備やこれに代わる防火区画が設置されておらず、従業員らにおいても適切な初期消火活動や宿泊客らに対する通報、避難誘導等ができなかったため、多数の宿泊客らが死傷した火災事故において、ホテルを経営する会社の代表取締役社長として、ホテルの経営、管理業務を統括する地位にあり、その実質的権限を有していた者には、スプリンクラー設備又はこれに代わる防火区画を設置するとともに、防火管理者を指揮監督して、消防計画を作成させて、従業員らにこれを周知徹底させ、これに基づく消防訓練及び防火用・消防用設備等の点検、維持管理等を行わせるなどして、あらかじめ防火管理体制を確立しておくべき注意業務を怠った過失があり、業務上過失致死罪が成立する。

6

消防の対応 [ ] は、3時39分入電の「タクシー運転手からの通報第一報」を受け、など21台、1台を出場させたが 、「上階が激しく延焼し、要救助者が多数発生している」という状況報告を受け部隊を増強し、午前4時2分に最高ランクの出場態勢である「火災第4出場」、さらに基本運用規程外の応援部隊を出場させる「増強特命出場」と、多数の負傷者に対応するための「救急特別第2出場」をあわせて発令した。 火災後の顚末 [ ] 横井らの対応 [ ] 増上寺敷地内にあるホテルニュージャパン火災犠牲者慰霊の聖観世音菩薩像 本件ホテルの代表取締役社長であるは、火災発生現場に姿で登場し、報道陣に対してで「本日は早朝よりお集まりいただきありがとうございます」「9階10階のみで火災を止められたのは不幸中の幸いでした」などと、緊張感に欠ける発言をしたことに加え、「悪いのは火元となった宿泊客」と責任を転嫁するかのような発言をした。

19

2

。 。

。 。

7