出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 「殺陣」の解説. 星野友之丞(ほしの とものじょう) 演 - 暗殺の指揮を執ることになった貧乏。 。 山鹿みや(やまが みや) 演 - 素行の姪。

6

別所隼人(べっしょ はやと) 演 - 刺客の1人。 小出治兵衛(こいで じへえ) 演 - 小十人組。 2011年5月14日 ・米原尚志『「仁義なき戦い」をつくった男たち 深作欣二と笠原和夫 『東映の神髄』とはなにか 聞き書き 東映元社長・岡田茂』、2005年、129-130頁。

4

1 「追悼特集 プロデューサー、岡田茂 不良性感度と欲望の帝王学 岡田茂論 文・」『東映キネマ旬報 2011年夏号 vol. 由原木七朗 記者 ・ 本誌評論家 「スタアと共に 松方弘樹インタビュー『人形佐七で復活した松方弘樹 新戦力として東映の路線に参加したハッスル・ボーイ』」『映画情報』1966年1月号、、 62頁。 後の作品への影響 [ ] 本作も含め「集団抗争時代劇」は、それなりに成功したが 、決定的ヒットは生まれず 、興行的には凡打が続いた。 日下仙之助(くさか せんのすけ) 演 - 小出治兵衛の配下だったが正気を失い、自分こそが酒井を討てると信じ込み、役に立たないとして小出を売る。

代表的な基本型は,山形 を振りおろして切り結ぶ型 , 打ってかかるのを斜めにかわす , 斬合いでに払う , が,かかってくるを左右へ交互に払い入れ違う など。 「特集 ザ・チャンバラ第2部 5人の風雲児たち工藤栄一 光と影の魔術師、ここに見参! 迫力とリアリティの集団時代劇を研ぐ!」『東映キネマ旬報 2007年冬号 vol. 「企画特集 日本映画この生きている10年史 '60の豚は'70の狼になるか やくざ襲撃前夜のゴールデンエージ?」『』1969年10月号 No266、映画芸術社、 44-45頁。 作品の評価 [ ] 興行収入 [ ] ヒットしなかったとされる。

岡部源十郎(おかべ げんじゅうろう) 演 - 一党の頭だが気弱な性格から仲間を裏切ろうとしたため平四郎に斬られる。 概要 [ ] の作風による「」と称されるの一本で 、の『』と同じ・、工藤栄一によるもの。

17

渡海八兵衛(とかい はちべえ) 演 - 刺客の1人。 長 ・ 長 、聞く人・北浦馨「東映路線の今后の課題 『企画は流行性、スターは不良性感度 岡田・今田東西両所長がさぐる要素』」『映画時報』1965年11月号、映画時報社、 29-33頁。 中島外記(なかじま げき) 演 - 平四郎の友人。

。 。 。

17