「不手際」の意味や使い方 「不手際 ふてぎわ 」という表現は、 「物事・問題に対する対処方法 処置の方法・対応のやり方 やその結果が良くないさま」を意味しています。 不手際 ふてぎわ : ものごとの処理の仕方や出来栄えに問題があり、良くないこと 「不手際」の意味を詳しく 「不手際」とは、 「ものごとの処理の仕方や出来栄えに問題があり、よくないこと」という意味です。

10

もちろん、 故意でやったわけではないのですが、 明らかに自分が悪い場合は すぐにでも自分の不手際を 謝罪するのが賢明です。

18

確認ミスに関するお詫びメール 【謝罪文の例】 件名:〇月〇日 〇〇(商品名)発注についてのお詫び 株式会社〇〇 〇〇 様 大変お世話になっております。

5

クレームに対するお詫びメール 【謝罪文の例】 件名:〇月〇日 〇〇 クレームの内容 についてのお詫び 〇〇 様 大変お世話になっております。

13

「不手際」「手違い」「不始末」「不備」の違い 「不手際」・・・物事の処理の仕方や出来栄えが良くないこと=ミスすること 「手違い」・・・手順を間違えること、手配を誤ること 「不始末」・・・後始末の仕方が悪いこと、他人に迷惑を及ぼすような行いをすること 「不備」・・・必要なものが十分に備わっていないこと、不完全であること 「手違い」の意味は「手順や手配を間違えること」 「手違い」の意味は「 手順を間違えること、手配を誤ること」です。

19

「私の手違いによって、注文していただいた品物とは異なる品物をお送りしてしまいました」 この 「手違い」を使った例文は、 「手違い」の表現を、 「私の仕事上の手順の間違いによって」という意味を持つ文章で使っています。

5

」 手違いが生じたとき 「誤った手順や方法で物事が 遂行されたとき」 使われます。 「不手際」という表現は、 「物事 問題 に対する対処の方法 処置のやり方 やその結果が好ましくないさま」を意味しています。 1、謝罪は素直にすること 2、説明と謝罪を混ぜないこと (言い訳がましくならないため) 3、最後に前向きに 今後も生きていく旨を伝えること ミスや過ちを「不手際」という言葉で おおかた総称することができます。

9