河川:、 隣接している自治体 [ ] 東は鬼怒川を挟みと、南は、と隣接し、北と西はに接する。 交通 [ ] 鉄道 [ ] の水戸線が北部を通る。

19

江戸時代から変わらぬ町割りに、『江戸』『明治』 2時間コース 『大正』『昭和』が残る『結城』のまちを歩いてみま 約2時間 約2. :(就任、1期目) 歴代市長 [ ] 代 氏名 就任 退任 備考 1 1954年(昭和29年)3月15日 1955年(昭和30年)1月13日 2 1955年(昭和30年)2月6日 1959年(昭和34年)2月5日 3 沼田禎二郎 1959年(昭和34年)2月6日 1971年(昭和46年)2月5日 4 大木庫 1971年(昭和46年)2月6日 1979年(昭和54年)2月5日 5 奥澤順一 1979年(昭和54年)2月6日 1987年(昭和62年)2月5日 6 1987年(昭和62年)2月6日 1997年(平成9年)3月11日 7 1997年(平成9年)4月27日 2003年(平成15年)7月11日 8 小西栄造 2003年(平成15年)8月24日 2011年(平成23年)8月23日 9 2011年(平成23年)8月24日 2019年(令和元年)8月23日 10 2019年(令和元年)8月24日 現職 市議会 [ ]• 結城紬を『みる』 結城紬を『おる』 結城紬を『きる』 結城紬を『かう』 2.きものの似合うまち 3.寺のあるまち 茨城県で寺密度NO1のまち 0. 1590年8月下総 しもうさ (茨城県)の結城晴朝 はるとも の養嗣子 ようしし に入り10万1000石の領地を支配。 なお、家名は松平家となったが、下総結城氏の 祭祀 ( さいし )は代々の前橋松平家当主が継承している。

20

鎌倉時代・南北朝時代 [ ] 下総結城氏の繁栄とその衰退 [ ] 結城朝光とその子・の時代、幕府の要職を歴任し、鎌倉幕府の御家人の中心として繁栄期を迎えた。 1584年(天正12)小牧 こまき ・長久手 ながくて のの講和の際、豊臣 とよとみ 秀吉の養子となって羽柴 はしば 秀康と名のり、河内 かわち (大阪府)に1万石の領地を与えられた。

10

1323年(元亨3)北条貞時 さだとき の十三回忌に銭を進献、32年(元弘2)好島庄 よしまのしょう 内の土地の打渡しの使節を務めるなど、北条氏と緊密な関係を結んで南で重きをなしたが、翌33年護良 もりよし 親王の令旨 りょうじ 、後醍醐 ごだいご 天皇の りんじ を得ると にったよしさだ に従い鎌倉を落とした。 。

室町時代・戦国時代・安土桃山時代 [ ] 下野守護職補任と関東八屋形 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 生母は永見吉英 ながみよしひで の娘於万 おまん の方。 結城城に入り、結城城の改修や慶応3年 1598年 には、 現在は、2軒の酒造業者が江戸時代の蔵を利用 豊臣秀吉 結城秀康の義父 が行った天正の都大改造 して営業しています。

12

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事 [ ] の愛槍「」のレプリカ(蔵) 名所・旧跡・観光スポット [ ]• (3時間30分コース 2時間コース 約3時間30分 約5Km で見世蔵・古寺・酒蔵・健田 享保19年 1734年 につくられた地図で 須賀神社・源翁和尚の墓・埋蔵金発掘跡・ 結城城 「きもののにあうまち結城」を歩きます。 【松原 信之】 【近世】 勝家のあとは,丹羽,堀,青木氏と続いたが,1600年 慶長5 関ヶ原の戦の後,北ノ庄の青木一矩はじめ織田秀雄,大谷吉継らの改易,堀尾吉晴の転封により旧領主はすべて越前を去り,徳川家康の次男結城秀康が越前一国68万石で入封しが成立した。

天正12 1584 年の小牧・の戦後,の 実質は人質 となりと称した。 白河結城氏と南北朝の争乱 [ ] 鎌倉時代末期、結城朝広の子の一人であるは白河 を本拠として(白河氏、または白川氏)となる。

9

出自 [ ] ・の末孫・(結城朝光)が後期にの挙兵に従い、滅亡後のにはの結城 を領したことが結城氏(下総結城氏、本記事中では一部を除き単に「結城氏」と記す)の始まりであるとされている。 西の富士、東の筑波と称されている筑波山、その中 結城市の上山川諏訪神社の大々神楽は、県指定 でも姿が最も美しいと言われている「結城筑波」の 文化財でもあり、2016年10月12日に来結された 見える場所を紹介します。 江戸時代 1708年頃 の結城町には18軒の 結城秀康 徳川家康の二男 は、天正18年 1590年 酒造業者がありました。

20

江戸時代 明治時代 大正時代 昭和時代 平成時代 令和時代 現在 『きもののにあうまちレトロタウン結城』 1.結城紬のまち 国重要無形文化財に認定・ユネスコ無形文化財に登録された技術でつくられる『結城紬』を 『みる』『おる』『きる』『かう』してみませんか。

8

寺院: 39寺 仏堂:120堂 石仏:42ヶ所 石塔:106ヶ所 神社:125社 社 :35社 祠 : 100 ヶ所 石塔:12 ヶ所 結城市は鎌倉時代から結城家が治め 結城市は鎌倉時代からの城下町でお寺と神社が多く、 結城家にゆかりのあるお寺をはじめ39寺があると 神社庁に登録されている77社の神社を紹介しています。 佐々木文昭 出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版 朝日日本歴史人物事典について 「結城宗広」の解説. (結城三百石) 家紋 [ ] [] [] [] [] [] 宇都宮光綱• 陸奥 むつ 白河 福島県 結城氏。 越前移封は当時健在であった先代晴朝にとっては先祖の地である結城の地を失うという点から不本意であり、越前移住後も結城地方の惣社とされていたに結城帰還を祈願したり、『結城家譜』『結城家之記』といった家記を 編纂 ( へんさん )したりするなど、結城氏存続と結城復帰への強い執念をみせている(なお、晴朝編纂の家記には秀康のまでしか記されず、晴朝が忌んだ越前移封には触れられていない)。

。 。 。

1