「卵まごまご…あれ~、賞味期限ギリギリだぞ…」(お尻プリプリ) 「ウヘヘ…グヘヘ…」 ジョシュアを出迎える、裸エプロン姿の燈(ジョシュアによるエロ妄想) 「お帰りなさい、貴方…」 「ご飯にする?お風呂にする?それとも…ア・タ・シ?」(バック挿入待機) 入浴中の燈・まふゆ。 「なあに…うわあっ」 「あんっ…やんっ…はうっ…ああんっ…」 「…ハラショー」(おっぱい揉み揉み) 第2話「仮面の友情」 サーシャと男子生徒集団による吸乳BDSMプレイをされる夢を見るまゆふ。

「いやあああ!来ないでえええッ」 「掛かる苦難の末、彼の人は…黄色き水の地に至れり…」(股間刺激) 「ひうんッ!?」(パンツ濡れ濡れ) 「その勲し称えんと、ウラジーミル公は…」(破衣) 「いやああああッ!」(おっぱい丸見え) 転んでパンツ丸見えの燈。 「ぬあっ!?な、何これ!?」 「お、おっぱいです…」 「ぬおお…!御馳走は最後に取って置くとして…」 「えい、南無三!」(パンツ切断) 「あんっ…」 「どうだ、やったぞ!吾輩は、もう後には引き返せないぞ!ハァ、ハァ…」(緊張) 「凄い汗…」 「放っておけ!」 「次は愈々、その規格外の…ハァ、ハァ…フンッ!」(ブラジャー切断) 「あんっ…」(おっぱいぷるんぷるん) 「どうだ、顔から火が出るほど赤面物だろうが!」 「ううん」(否定) 「何ぃーッ!?裸などへっちゃらと言うのか!」 燈を乳揉みすべく手を伸ばすジョシュア。 You may verify this by looking at the source url of the videos and images. 「はむっ…ちゅう…」(おっぱいチューチュー) 「はあああーんッ!?」 フロントフック式ブラジャーを装着したテレサ(まふゆによるエロ妄想) 「ピンチだ!テレサ、早く乳を吸わせろ!」 「サーシャ、落ち着いて。

2

「こんな山奥、誰も来ないって」 「そういう問題じゃなくて!」 「って言うか…君、男の子でしょ!」 「お前、何言ってんの?」 まふゆに股間と乳房を見せ、女であることを証明するリジー。 If you still feel the need to contact us, our preferred method is by email but you can phone us if you desire and we will gladly give you the original url s of where the content is hosted so you can get it removed there. ペターン…ペタペターン…」 「擽った~い!キャハハッ…あはーん!」 「うう…」(おっぱい型取り中) 「そのまま、3分間待ちま~す」 燈の胸に樹脂を塗りつけるまふゆ。

18

すぐ終わるから」 「痛いよ、優しくして…」 「あと、もうちょっと…」 「もう無理…無理だよ…ああんっ!」 「クッ…グヌヌッ…」 「ハァ…ハァ…はぁん…ああーんっ!」 「これでよし!」 「むうう…ぐぬぬ…」 トイレに監禁されてアナスタシアに調教される、裸ニーソ・首輪・猿轡姿の華。 「ここも、同じだというのか…?」(おっぱい揉み揉み) 「って、ゴルァーッ!」 「騒々しいぞ」 「何処にも居ないと思ったら…何やってんのよーッ!?」 「探求だ」 燈の巨乳に秘められた力を見出すサーシャ。

15

「やめて、悠…」 「ダメだ、葵」 「分かってんだろ?こうするしかないんだ」(破衣) 「いやあああッ!」 「お前は俺に従っていればいい」 「お願い、昔の悠に戻って…」 「はうんッ!?」 「もう俺たちは戻れない。

20

「やんっ…あ~んっ…」 「むうう…」 「まふゆちゃん、上手…」 「何だこれーッ!?」 完成したおっぱい模型を眺める燈とまふゆ。 「貴女の力をお借りしたい…」 「まあ…どどど、どうぞですわ」 「心から、感謝します」(ブラジャー脱がし) 「ひうっ!?」(おっぱい丸出し) 「ちゅっ…むちゅっ…」(おっぱいチューチュー) 「ハァ…ハァ…はんっ…はうんっ…」 「美少年…しゅごい!」 第8話「双面のアトミス(前篇)」 磔にされ、悠に犯される葵。 「斯くなる上は…この上ない快楽と、目眩く興奮を与えてやろう」 「その上で、貴様の聖乳をたっぷりと吸ってやる!」 「たっぷりと…」(生おっぱい直視) 「無理イイイーッ!!」(鼻血噴出) 「大丈夫ですか?」 燈の生巨尻に興奮するジョシュア。

1

16

。 。