、MANIA: A Short History of Bipolar Disorder, 2008• Chiechio S, Canonico PL, Grilli M December 2017. Am J Psychiatry 118: 548—550. Psychotherapy and Psychosomatics 77 1 : 17—26. Lam RW, Wan DD, Cohen NL, Kennedy SH August 2002. ; ten Doesschate, Mascha C. van Noorden M, Vergouwen A, Koerselman G 2002. 自殺 [ ] 「」も参照 増量でも減量でも、抗うつ薬の服用量を変更した場合、自殺の危険性が2倍になることが認められる。 Tranter R, O'Donovan C, Chandarana P, Kennedy S July 2002. Fava M, Mulroy R, Alpert J, Nierenberg A, Rosenbaum J 1997. ; Tondo, Leonardo; Ghiani, Carmen; et al. BMJ 328 7444 : 879—83. David Taylor; Carol Paton; Shitij Kapur 『モーズレイ処方ガイドライン第10版』、内田裕之・鈴木健文・渡邊衡一郎監訳 、2011年1月、1-7頁。

11

; Altshuler, LL; Harlow, BL; Nonacs, R; Newport, DJ; Viguera, AC; Suri, R; Burt, VK et al. Stimmel, GL; Dopheide, JA; Stahl, SM 1997. Cochrane Database Syst Re: CD011286. Addiction 107 5 : 900—908. Prevention and Treatment 1 2 : Article 0002a. Clin Obstet Gynecol 52 3 : 483—9. Yuferov V, Butelman E, Kreek M 2005. Am J Psychiatry 154 12 : 1760—2. Dr Andrea Cipriani, PhD,correspondenceemail, Xinyu Zhou, PhD, Cinzia Del Giovane, PhD, Sarah E Hetrick, DPsych, Bin Qin, MD, Craig Whittington, PhD, Prof David Coghill, MD, Yuqing Zhang, MD, Prof Philip Hazell, PhD, Prof Stefan Leucht, MD, Prof Pim Cuijpers, PhD, Juncai Pu, MD, David Cohen, PhD, Prof Arun V Ravindran, PhD, Yiyun Liu, MD, Prof Kurt D Michael, PhD, Lining Yang, MD, Lanxiang Liu, MD, Prof Peng Xie, MDcorrespondenceemail 2016-06-08. Geddes JR, Carney SM, Davies C February 2003. JAMA 292 3 : 338—343. American Journal Of Psychiatry 122 5 : 519-22. DeBattista C, Lembke A December 2005. David Armstrong, "Drug Interactions: Financial Ties to Industry Cloud Major Depression Study At Issue: Whether It's Safe For Pregnant Women To Stay on Medication - JAMA Asks Authors to Explain". 2009 Jul 8; 3 :CD007954. モノアミン酸化酵素阻害薬(MAO阻害薬) [ ] 詳細は「」を参照 もっとも古い抗うつ薬で1950年代に登場した。

17

Eur J Hum Genet 13 10 : 1101—3. Journal of Affective Disorders 46 1 : 73—7. 代替手段や研究 [ ] 「」も参照 による抗うつ作用は議論されてきた。 PLoS Medicine 10 3 : e1001403. European Neuropsychopharmacology : the Journal of the European College of Neuropsychopharmacology 18 9 : 623—7. MacGillivray, Steve; Hatcher, Simon; Ogston, Simon; Reid, Ian; Sullivan, Frank; Williams, Brian; Crombie, Iain; Crombie, I 2003. Psychiatry 70 8 : 1069—1077. J Affect Disord 58 1 : 19—36. Journal of the Royal Society of Medicine 109 10 : 381—392. Evidence-Based Mental Health 1 2 : 50—50. Am J Psychiatry 163: number 7: 1161—1172. 抗うつ薬の種類 [ ] 日本で用いる事ができる抗うつ薬の一覧 系統 一般名 商品名 発売年 三環系 イミドール トフラニール 1959年 トリプタノール 1961年 () スルモンチール 1965年 () プロチアデン 1965年 ノリトレン 1971年 アナフラニール 1973年 アモキサン 1980年 () アンプリット 1981年 四環系 ルジオミール 1981年 テトラミド 1983年 テシプール 1989年 SSRI デプロメール ルボックス 1999年 パキシル 2000年 ジェイゾロフト 2006年 レクサプロ 2011年 SNRI トレドミン 2000年 サインバルタ 2010年 イフェクサー 2015年 NaSSA リフレックス レメロン 2009年 その他 デジレル レスリン 1991年 トリンテリックス 2019年 SSRIを、境にしてグループにすることが一般的である。 Archives of General Psychiatry 63 8 : 856. The Lancet 266 6881 : 116—117. Parker G, Blennerhassett J 1998. Stone M, Laughren T, Jones ML, et al. 三環系抗うつ薬の第1世代としては (トリプタノール、ラントロン)、 (イミドール、トフラニール)、 (アナフラニール)、 () (スルモンチール)、(ノリトレン)。

20

; Shepherd, Michael July 1955. The British Journal of Psychiatry 189 4 : 309—316. Frontiers in Psychiatry 8: 275. Chouinard, Guy; Chouinard Virginie-Anne January 2008. American Journal of Psychiatry 161 10 : 1872—1876. Eur Neuropsychopharmacol 10 : 1219—25. Archives of General Psychiatry 68 12 : 1227—37. ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬 NaSSA [ ] NaSSAは、: Noradrenergic and Specific Serotonergic Antidepressant の略。 The Emperor's New Drugs: Exploding the Antidepressant Myth. PLoS Medicine 9 10 : e1001326. Braun, Cora; Bschor, Tom; Franklin, Jeremy; et al. Tijdschrift Voor Psychiatrie 52 9 : 615—25. Veronese N, Stubbs B, Solmi M, Ajnakina O, Carvalho AF, Maggi S 2018. Lotufo-Neto, Francisco; Trivedi, Madhukar; Thase, Michael E. Rapaport, Mark Hyman; Gharabawi, Georges M; Canuso, Carla M; Mahmoud, Ramy A; Keller, Martin B; Bossie, Cynthia A; Turkoz, Ibrahim; Lasser, Robert A et al. Agelink M, Zitzelsberger A, Klieser E 1997. ともあれ一般的には、 副作用が比較的少ない SSRI やSNRI が、最初に使われる薬としては好まれる傾向にあります 3。 American Journal of Preventive Medicine 47 3 : S195—S203. ; Misra, Madhusmita; Lawson, Elizabeth A. Pharmacotherapy American College of Clinical Pharmacy 17 1 : 10—21. ; Linardatos, Eftihia; Rosenlicht, Nicholas Z. 不安障害 [ ] NICEのガイドラインでは、 GAD および OCD への第一選択肢は低強度の心理療法であり、それに効果を示さなかった場合は、選択肢の一つとしてSSRIによる薬物療法を挙げている。

158, 307 (翻訳書は , pp. Fava, GA; Bernardi M, Tomba E, Rafanelli C. Kirsch, I; Moore, Thomas J. ; Offidani Emanuela August 2011. うつ病の治療では、なるべく病院を変えずに継続的に精神科での診察を受けることが大切である 7.参考文献 1 Cipriani A, et al. Psychosom Med 2 : 154—159. Maia Szalavitz Jan, 18, 2012. 17種類の抗うつ薬のイミプラミン等価換算での有効性の比較(PMID 10533547より作成) 投与量 偽薬群 100mgまで 200mgまで 250mgまで 250mg以上 改善率 34. J Psychiatry Neurosci 27 4 : 241—7. Drug Saf 24 3 : 183—197. Appleton KM, Sallis HM, Perry R, Ness AR, Churchill R November 2015. 増強および併用 [ ] 「」および「」も参照 アメリカ精神医学会のガイドラインは、部分的な反応に対して、増強あるいは違う種類の薬を追加することを勧めている。 代表的な成分 薬の商品名 は、セチプチリン テシプール 、ミアンセリン テトラミド 、マプロチリン ルジオミール など。 Int J Mol Sci 1. ; Spijker, Jan; et al. Psychiatr Serv 60 11 : 1466—7. Manev H, Uz T 2006. 代表的な成分 薬の商品名 は、アミトリプチリン トリプタノール 、イミプラミン トフラニール 、クロミプラミン アナフラニール など。

1

Cochrane Database Syst Re 11 : CD004692. 現在では,ベンゼン核を三つもつ イミプラミン,,クロミプラミン,アモキサピン ,同じくベンゼン核が四つの マプロチリン,ミアンセリン ,選択的再取り込み阻害薬 selective serotonin reuptake inhibitor 略称。 Pharmacotherapy 23 5 : 678—81. 三環系 アモキサピン アモキサン ノルトリプチリン ノリトレン アミトリプチリン トリプタノール トリミプラミン スルモンチール イミプラミン イミドール、トフラニール クロミプラミン アナフラニール ドスレピン プロチアデン ロフェプラミン アンプリット 四環系 マプロチリン ルジオミール セチプチリン テシプール ミアンセリン テトラミド SSRI フルボキサミン デプロメール、ルボックス パロキセチン パキシル セルトラリン ジェイゾロフト エスシタロプラム レクサプロ SNRI ミルナシプラン トレドミン デュロキセチン サインバルタ NaSSA ミルタザピン リフレックス、レメロン 以上のリストのなかから、実際に、どの抗うつ薬が使用されるかは、個人個人の症状に応じて決定していきます。 The Lancet Psychiatry 3 7 : 619—627. J Clin Psychiatry 62 2 : 117—25. BMJ 332 7542 : 626. 訴訟 [ ] 2012年には、 GSK の違法なマーケティングに対して司法省は30億ドルの制裁を課したが、それには同社のの若年者で有効性を示さなかった研究と自殺の危険性を高めた研究の隠蔽、FDAによる若年者に対する承認がないにも関わらず販売促進したことが含まれる。

Robert Whitaker January 1, 2009 , , New York: ,. Gardarsdottir, H; van Geffen EC, Stolker JJ, Egberts TC, Heerdink ER Feb 2009. J Clin Psychiatry 59 6 : 279—88. Lanza di Scalea, T; Wisner KL September 2009. J Affect Disord 227: 219—225. 代表的な成分 薬の商品名 は、ミルタザピン レメロン・リフレックス があります。

4 Fournier JC, et al. フルボキサミン,パロキセチン ,セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬 serotonin noradrenarine reuptake inhibitor 略称。 ; Wee, Rohan January 2012. お友達にシェアする! 参考文献 薬なし、自分で治すパニック障害 著 森下 克也 KADOKAWA 2014年03月27日発行 復職後再発率ゼロの心療内科の先生に「薬に頼らず、うつを治す方法」を聞いてみました 著 亀廣 聡, 夏川 立也 日本実業出版社 2020年06月11日発行 抗うつ薬と抗不安薬の違い 関連外部リンク. Chang, Chia-Ming; Wu, Erin Chia-Hsuan; Chen, Chuan-Yu; Wu, Kuan-Yi; Liang, Hsin-Yi; Chau, Yeuk-Lun; Wu, Chi-Shin; Lin, Keh-Ming et al. Byrne SE, Rothschild AJ June 1998. Galizia I, Oldani L, Macritchie K, et al. ; Charles, Dana; Fava, Maurizio March 2010. Uz T, Ahmed R, Akhisaroglu M, Kurtuncu M, Imbesi M, Dirim Arslan A, Manev H 2005. J Sleep Res 14 2 : 207—8. PLoS ONE 5 12 : e15337. Pedersen, Lars Henning; Henriksen, T. Psychother Psychosom 77 7 : 69—77. Am Fam Physician 74 3 : 449—56. Barbui C, Furukawa TA, Cipriani A January 2008. 概要 [ ] との抗うつ作用が偶然に発見されて以降、セロトニンとノルアドレナリンの挙動が着目され、、 SSRI 、 SNRI 、ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬 NaSSA が開発されてきた。

7

3. 薬 の使用方法3 種類 あまり意識されないことですが、使用する量が時間とともにどう変化するかに着目すると、薬の使用方法は次の3パターンに分けられます。 Can J Psychiatry 45 5 : 476—81. International Journal of Eating Disorders 45 8 : 970—976. J Clin Psychiatry 67 12 : 1836—55. 議論 [ ] 「」も参照 抗うつ薬は脳内のを正すという名目で処方されるが、科学的な根拠があるわけではない。 BMJ 326 7397 : 1014. ; Meenaghan, Erinne; Lee, Hang; Herzog, David et al. Journal of the American Medical Association American Medical Association 295 5 : 499—507. PRACTICE GUIDELINE FOR THE Treatment of Patients With Major Depressive Disorder Third Edition. 2012年、『摂食障害国際ジャーナル』誌( International Journal of Eating Disorders)の報告では、にはいかなる薬物治療の利益も示されていないが、48. Reeves R, Mack J, Beddingfield J 2003. Kirsch I, Deacon BJ, Huedo-Medina TB, Scoboria A, Moore TJ, Johnson BT February 2008. Ned Tijdschr Geneeskd 146 26 : 1236—7. Expert Rev Neurother 6 11 : 1735—40. Drug Saf 24 3 : 183—97. Neuropsychopharmacology 31 11 : 2505—2513. Warden, Diane; Rush AJ, Trivedi MH, Fava M, Wisniewski SR Dec 2007. パニック障害 克服 対処 対策 整体 鍼灸 認知行動療法 抗うつ薬と抗不安薬の違い パニック障害の薬物療法で使用されるのは、抗うつ薬と光不安薬の2種類があります。