複数ある課題曲の中から選曲した意味、 自分が受けたインスピレーション、 作曲家、 時代背景、 曲想・構成 などを 学んでいく過程、 成長する過程も力になり学びです。

ピアノを通して、 「音楽」を学び、音楽の理解を深め、 自分だけの「表現」をするとともに、 「人」としても同時に学び、成長できる この点がコンクールの取り組みの最大のメリットです。 ・2016年10月4日 火 開場18:30 開演19:00黒田哲平 ピアノリサイタル 《2015年 日本音楽コンクール 入賞者シリーズ》 ・第40回ピティナピアノコンペティション全国決勝大会にてA1級は深田真央ちゃんが金賞、島崎凛音ちゃんが銀賞、岡部那由多君がベスト賞、B級は竹内理恵さん、原田佐和子さんがそれぞれベスト賞、C級では山田夏歌さんが銀賞を受賞いたしました。 少し 音かすりはあったものの、何とか乱れることなく 弾き終え、 2曲目は ミスなく いつも通りの 演奏ができました。

9

・2018年12月 第28回日本クラシックコンクールピアノ部門全国大会 小学校高学年女子の部において、竹内理恵さんと原田佐和子さんが第4位 永田優風さんが第5位に入賞致しました! ・2018年10月20日 第72回全日本学生音楽コンクールの東京大会本選 主催=毎日新聞社、後援=NHK、特別協賛=かんぽ生命、協賛=ANA、協力=サントリーホール 高校生の部、西山響貴君が入選 中学生の部、林琴子さんが入選 小学生の部、竹内理恵さん奨励賞受賞 原田佐和子さん、山田夏歌さん、永田優風さんが入選致しました。 予選通過! 前日、なかなか上手くいかなかった 部分が 本番バッチリきまり、中継を見ながら 興奮した私。

14

今年は 飛び級に加え、 難しい曲ばかり 選んでしまった事もあり、 泣きながら 練習を頑張った 娘。 。

翌日の 表彰式では、残念ながら 上位入賞ならず、 がっかりしてしまった娘でしたが、 2年前は 欠席した 祝賀会に 初めて 参加し、良い思い出になりました。

また 今秋のコンクールや ステップ、 来年の発表会に向けて 練習に励んでいる 生徒達と共に 精進いたします!. 娘は B級2日目、朝1番のグループだったので 当日早朝に出発し、出番を終えた後は 後半20人の演奏を 聴くことができました。 この夏は、コンクールに 挑戦した全員が 予選を通過でき、 それぞれの健闘ぶりに 沢山 感動をもらった 熱い、熱い、夏でした。 ・第84回日本音楽コンクールピアノ部門本選会が10月24日東京オペラシティコンサートホールで行われ、黒田哲平君が第2位入賞および岩谷賞 聴衆賞 受賞しました! ・第84回日本音楽コンクール 主催:毎日新聞社・NHK のピアノ部門第3予選が9月16日、トッパンホールで開かれ、本選出場者に黒田哲平君が選ばれました!本選は10月24日に東京オペラシティで開かれます。

12

娘は 最終グループだったので 初めての 夕方 本番!! 朝からの緊張が 長く 続きました。 さらにもっと 「音楽を追求する」 「一つの楽曲に対して深く追求する」 自分の表現がどれだけ相手に伝わるか 自分の気持がどれだけ音楽に乗せられるか。 ・5月30日 土 岩田紗奈さん 中2 がペトロフピアノコンクール中学生の部で最高位を受賞いたしました。

6

僅差の優秀賞でした ピティナ 初出場の生徒さん、 ピティナ地区本選で 「優秀賞」、凄いです! 82名中 3名が全国大会で 優秀賞が13人 19%に入ったわけですから。 ・2017年度 第27回日本クラシックコンクール 小学校中学年女子の部において 竹内理恵さんが第1位を受賞致しました! 小学校高学年女子の部において 第5位永田優風さん 第5位山田夏歌さん 中学校女子の部において第3位馬場彩乃さんがそれぞれ入賞致しました! ・2017年10月14日 第71回全日本学生音楽コンクールの東京大会本選 主催=毎日新聞社、後援=NHK、特別協賛=かんぽ生命、協賛=ANA、協力=サントリーホール 中学生の部の第1位に西山響貴君、第3位に馬場彩乃さん、小学生の部の第3位に竹内理恵さん、奨励賞に山田夏歌さんが入賞致しました。

2

本番、 普段より ずいぶん速いテンポで 弾き出してしまい、 「うそ・・・」 と 凍りついた 私。

12

念願の 大きな舞台で 演奏させて頂き、 同じ志を持つ演奏を 聴くことが出来て 感謝のひと時でした。

12

コンペを通して 出会えたお友達や 先生方、 数々の 嬉しい出来事、 精一杯 頑張り、得た 悔しさを 今後の糧にして また 新たな課題に向けて 励んでほしいと思います。 だからこそ、ピアノを習うこと、そしてコンクールに挑戦することも 長い目でとらえて、目標がすぐには達成されなくとも心折れることなく前を向いて もちろん、振り返りはしっかりしましょうね 継続していってほしいと願っています😁💕 継続は何よりの力です。

13

いかなる結果にも、一喜一憂せず、 常に 前向きに進まれる 生徒達の お母様方からも 日々学ばせて頂き 感謝です。 皆、この夏、同じように 沢山ピアノに向かってきたんだな…と感じながら その中でも ひと際 光る演奏を 聴き、 娘の 今後の 課題も 見えてきました。 ・第17回ショパン国際コンクール in ASIA アジア大会 中学生部門で西川真央さんが銅賞、高校生部門で國廣菜々さんが銅賞を受賞いたしました。