人物 [ ] 岡田茂吉 [ ] 岡田 茂吉(おかだ もきち、12月23日 - 2月10日)は、の教祖であり、小山美秀子によって神慈秀明会の教祖に推戴された。

17

観音行 [ ] 観音行(かんのんぎょう)は、 教祖岡田茂吉が書いた教えで、聖教書には載っていないものを数十篇収めてある書籍。 人生を苦に染める原因 その苦しみを生み出す原因について、お釈迦さまはまず、 「 ( ぼんのう )」を教えられています。

12

護られた街編集委員会 編 『護られた街 実録 カルトは防げる撃退出来る』• 人によって仰ることが違うし、 人間ドックを受けたのも癌の1次スクリーニング検査で ひっかかったからで、心配でわざわざ来院したのに こんな言い方をされるとは思っておらず、 この先生に任せたらロクなことないだろうなと思い、 暁明館病院では検査をしないことにしました。

14

「 滅諦 ( めったい )」……真の幸福を明かされた• 男子大祭 毎年10月 男子部の祭典 青年大祭 毎年11月 青年部の祭典 会主様年祭 11月29日 小山美秀子会主の命日 感謝祭 12月1日 信者らの手による自然農法の農作物の奉納が行われる。 小山荘吉 [ ] 小山 荘吉(こやま そうきち、4月8日 - 7月11日)は、神慈秀明会の初代会長。

17

落慶:昭和58年 祭事棟 [ ] 日本建築による迎賓館。

「 苦諦 ( くたい )」……「 人生は苦なり」という• 行事 [ ] 本部式典(年次) [ ] 行事 日時 備考 元旦祭 1月1日 0時ちょうど、または10時 立春祭 2月4日 立春は教義上意味のある日とされている。 いわく如来は知る、 これはこれ苦聖諦如実知なり(苦諦) これはこれ苦集聖諦如実知なり(集諦) これはこれ苦滅聖諦如実知なり(滅諦) これはこれ苦滅道跡聖諦如実知なり(道諦)と。 「 如来 ( にょらい )」とは仏様のことで、「 等正覚 ( とうしょうがく )」は仏のさとりですから、 仏様は、仏のさとりを開いて名医となり、人々の苦しみを治療するのも同じようなものだ、ということです。

診療案内 内科・消化器内科・呼吸器内科・アレルギー科 地域のホームドクターとして内科専門医としての経験を生かし、風邪やインフルエンザなどの内科疾患の診断・治療はもちろん、 胃痛・胃炎・腹痛・下痢・胃潰瘍・十二指腸潰瘍などのお腹の症状や高血圧・糖尿病・脂質異常症などの 生活習慣病の診断・治療・管理、花粉症などのアレルギー疾患の診断・治療を行います。

休診日:日、祝日 クレジットカード 利用可 指定病院 駐車場 あり 有料駐車場:30台 管理医師 坂 宗久 診療科目・専門外来・専門医 診療科目 内科系 、、、、、、 外科系 、、、、、 皮膚科系 泌尿器科系 眼科系 耳鼻咽喉科系 産婦人科系 小児科系 その他 、、、、、、、、 専門医 一般系 、 脳・神経系 、、 呼吸器・循環器・消化器系 、、、、、、 整形・形成・皮膚・泌尿器系 、、、、 眼科・耳鼻・アレルギー・代謝・感染症系 、、、 産婦人科系 、、 小児科系 リハビリ・麻酔系 、 検査系 歯科・その他 、 専門外来 呼吸器系 消化器系 循環器系 、 アレルギー・内分泌系 産科・婦人科系 男性系 、 精神科系 麻酔系 実施治療 実施治療 動脈硬化 予防接種 、、、、、、、、、、、、、、、、、、 2、3日前から腹痛で熱が出ていたのですが我慢できなくなり休日に受診しました。

14

詳細は「」を参照 小山美秀子 [ ] 小山 美秀子(こやま みほこ、5月15日 - 11月29日)は、神慈秀明会の創始者であり、初代会主。 ) 報道 [ ] 宗教法人「神慈秀明会」、会長ら16億円申告漏れ (2006年4月19日。

13

精神性 [ ] 新体制に移行後、小山弘子会長が好んで多用する神慈秀明会における重要なキーワードが 精神性である。

9

6

神意の離脱 [ ] 会主様ご講話集 [ ] その他 [ ] たまゆらの譜(たまゆらのふ) 前会長小山荘吉の思い出集。

18
教祖祭 2月10日 教祖の命日 復活祭 3月1日 神慈秀明会が世界救世教に対し離脱独立を宣言した日を記念した式典 記念大祭 5月3日~5日 神慈秀明会最大の祭典 病気の治療でいえば? この4つの真理である四聖諦を分かりやすくいえば、医者が病気を治療するようなものだと、 お釈迦さまは『 雑阿含経 ( ぞうあごんきょう )』にこのように説かれています
2.集諦とは? 苦しみの原因とは 「 集諦 ( じゅうたい )」とは、 「 集」とは「 集起」のことで、原因ということですから、 「 集諦」とは、苦しみの原因を明かされたということです 組織 [ ] 教祖・教団創設者・会長職 [ ] 教祖は教祖の 岡田茂吉