安心していただければなーと思います 読んで、損しませんよ ヨナ、ハク、スウォンの心情がとても微妙なので 最後まで、ガッツリ追っていきたいです なんか、出版社からの売り込み文句がエラいことになってたんですが、あれはちょっと違和感があるでしょうね 重要な前置きですが、これは少女漫画、というカテゴリーでの大河ロマンです 主人公の不遇な展開が続いて、中々にツライ現実ばかりをみ るハメになるのですが、少女漫画で許される程度で収まっていると思います。 シンア(青龍) 声 - 、(幼少期) 演 - 四龍の一人で、眼に龍の力を宿している。

地の部族 イ・グンテ 声 - 地の部族の族長で、五将軍の一人。 ユンは皆のお母さん的存在で 天才美少女ですが、少々涙脆く それでも ヨナ姫を守らんと 強くあります。 そんな 姿に様々な人達が魅了され 彼女の力になりたい 彼女のようになりたいと手を差し伸べてゆ く。

10

アユラ 声 - 演 - () リリの護衛兼お目付け役。

20

ゼノさん、王座に興味はあります?」 驚いて絶句したのち「…ないです」と答えるゼノ 「政には?」 「…ないです」 「ですよね」 淡々と進む会話 ダメ元で聞いてみたというスウォンに、興味あるって言ったらどうするのかと問うと、王の教育を施すのを急がねばと言う返事が返ってきた ゼノは呆れて他に世継ぎ候補はいないのかと聞くと、若い頃から教育されている空の部族の文官たちは優秀だが決め手に欠けているという もっと部族の縛りなく広い視野を持った、強い生命力と意志を維持できる人材を求めているスウォン 「…娘さんは?娘さんは候補に入ってねぇの?」 「…考えたこともありません」 ゼノから視線を逸し、ヨナを王座に据えるつもりはないと言うスウォン 代々緋の子孫を見てきたゼノに、スウォンは緋の病から回復した者がいるのかを問う 「いない」 さらに、ユンとハクが取りに行った千樹草で緋の病が治るものでもないと話す 「何故そう言わなかったんです?」 「それでもボウズやお前の主治医は試さずにいられないだろ」 スウォンの病は四龍と似ていて、短命という運命なのだと語るゼノ 人ならざる能力を持った代償だという 「私はただの人間です」 「そうだな、でも緋龍は天界の反対を押し切って人間になった」 母であるヨンヒの手紙にあった、祖父曰く、一族が短命なのはが緋を天界に呼び戻そうとしているからだと まだ死ねない 高華国をどこにも侵されない強国にするまで、理想の場所にたどり着くまでは絶対に死ねないと強く想うスウォン 「時間…足りない…」 しかし痛み止めの薬が効いてきたのか、話しながら眠りにおちていく その姿を見守るゼノ 「いつか…俺の旅も終わる。

<新しい交換お申込み先> 本日以降発送頂く際には、お客様のお名前・郵便番号・住所・電話番号を明記したメモを添えて、BD もしくは DVD 商品のブックレットのみを「送料着払い」で下記の宛先までお送り下さい。 Yamauchi 第十七話 阿波の海賊 小高義規 たかぎじゅん 第十八話 縁 高橋ナツコ 北村真咲 安藤貴史 小倉典子、村長由紀 第十九話 千樹草の試し 高木聖子 北條史也 遠藤裕一、富田美文 大竹紀子 第二十話 勇気の連鎖 大西信介 篁蒼氓 城所聖明 阿部智之 第二十一話 火花 美袋一 福田きよむ 小澤早依子 Kim Bo Kyoung 第二十二話 歴史は夜作られる 米たにヨシトモ 安藤貴史 Cindy H. 暁のヨナ ジャンル 、、 漫画 作者 出版社 掲載誌 レーベル 発表号 2009年17号 - 巻数 既刊36巻(2021年8月現在) アニメ 原作 草凪みずほ 監督 米田和弘 シリーズ構成 キャラクターデザイン 吉川真帆 音楽 アニメーション制作 製作 暁のヨナ製作委員会 放送局 ・ほか 発表期間 2014年10月 - 2015年3月 話数 全24話 - プロジェクト ・ ポータル ・ 『 暁のヨナ』(あかつきのヨナ)は、によるの作品。

7

そして遂に四龍は集結!これは凄い事が起きる…と思いきや、繰り広げられる日常は 最早 ドタバタコメディー 笑 ツッコミ役のユンも大忙しな日々を送っています。 プロデューサー - 団野喜人、田口智博〈第19話 - 第24話〉、松井将司、石原史朗、北澤晋一郎、夏中恵、山崎明日香、田島宏行• シュテン 声 - 諏訪部順一 初代緑龍。 」 ミユキ蜜蜂 C:「執事・黒星は傅かない」 音久無 D:「呪い子の召使い」 柴宮幸 E:「恋に無駄口」 福山リョウコ F:「鬼の花嫁は喰べられたい」 サカノ景子 G:「フラレガール」 堤翔 H:「名探偵 耕子は憂鬱」 鈴木ジュリエッタ I :「赤ずきんに狼男は懐かない」 ナツミ J:「顔だけじゃ好きになりません」 安斎かりん K:「スキップ・ビート!」 仲村佳樹 L:「恋をしてでもバズりたい!」 たかみね M:「ぬこづけ!」 柚木色 N:「うちの不敵なギャングスター」 酒井ゆかり O:「転生したら姫だったので男装女子極めて最強魔法使い目指すわ。

現在2話目ですが… めっちゃ残酷というか、色々辛い🥺🥺 心臓がバクバクします😅 でも、ハクがかっこいいです🥰 ヨナもこれから先に訪れる困難を乗り越えて立派になっていくんだなと… この先の展開が楽しみです。 但し英語圏でのタイトルは、Yona of the dawn である。 ユンもこの子見つけて喜んでたの」 それだけ告げて帰ろうとするヨナを呼び止め、ホーちゃんとアオを抱きながら小さい声で「……ありがとう」と呟くメイニャン 外が騒がしくなり何事かと問うと、ジュドが火と水の部族軍が到着したのだろうと話す いずれ南戒に進軍し、大きな犠牲もなく勝利をおさめるだろうと言うジュドに、「あんまナメてんじゃねーぞ、おっさん」と異を唱えるメイニャン 南戒の兵力は高華国の倍であること、近年チャゴルは力をつけていて勝つためなら何でもする人物だと話す その内容と口調に、本当にチャゴルの寵姫なのかとジュドが聞くと、メイニャンは自分は男所帯で育ったし元将軍だからとあっさり口にする 「それじゃ、将軍から寵姫に?」 力をつけてチャゴルに近付き地位を得れば、いつか緋龍城へ行き四龍や同じ血筋の人間と苦しみを分かち会えるかもしれない そのために血反吐を吐くほどの苦労は無駄になってしまったと俯くメイニャンは、ヨナの疑問には答えずに「高華国は沈む」と断言 キジャは自分たち四龍がいる限り兵力の差は問題ではないと反論するが、ヨナは今ここにハクがいないことに心がざわつく ゼノとスウォン 1人の兵士が、ゼノをスウォンが呼んでいると伝言を持ってきた ゼノが執務室に入ると、緋の晩年に重なるやつれた様子のスウォンが書類に向かっていた ちゃんと休んだほうがいいと助言し、何の用かと聞くゼノ 「忙しいので単刀直入に言いますね。

前回までのあらすじ メイニャンを匿ったことで緋の病を知ったユンはスウォンの主治医であるの助手となり、ハクと千樹草を取りに出ることに…! 208話【目覚めぬ眠りを恐れて】 近付く戦 メイニャンを匿っていたユンがハクと旅に出たあと、彼女と見張っているジュドの元に、四龍を連れたヨナが訪ねてきた 警戒するメイニャンだが、ヨナがホーちゃんを保護していたと知る 「迷子のその子をアオが連れてきたの。

17