沿革 歴史伝承を含む [ ] 『』の記す日本の歴史においては、が即位前に、現在のから東征し各地のを鎮撫平定し、あるいは戦地を切り抜けてに入り、橿原に都を定めて日本を建国したと説明され、天皇が親しく軍隊を指揮したと記述されている。 。 総督 - 副総督 - 参謀 - 内参謀 - 軍監• 【出典】 - 【注意】 - 【類義】 小股取っても勝つが本/力は正義なり/強い者勝ち// 【対義】 - 【英語】 Might is right. (敗者はいつも悪いとされる) Successful sin passes for virtue. 参照『玉葉』寿永三年二月二十三日 「武士押妨(おうぼう)停止の宣旨」「公田(くでん)庄園(しょうえん)への兵粮米を徴集停止の宣旨」 参照 一、『朝日将軍木曽義仲洛中日記』 高坪守男 オフィス・アングル 二、『旭将軍木曽義仲軍団崩壊』 高坪守男 オフィス・アングル 三、『旭将軍木曽義仲 その実像と虚像 』高坪守男 オフィス・アングル 第十三章 だまされるな東条英機は戦犯ではない 我々は七十年もだまされていた。

5

(力はなり) 出典 ことわざを知る辞典 ことわざを知る辞典について 「勝てば官軍負ければ賊軍」の解説. 丹波鎮撫 - (たんばみちぬしのみこと)軍隊 日本武尊 [ ]• 井上勝生「官軍」(『日本史大事典 2』(平凡社、1993年) ) 脚注 [ ] []. 第三章 戦後の教育・宣伝・洗脳・検閲 三・一、 終戦直後に日本に与える新聞遵則 プレス・コ-ド 我々は七十年も騙されていた。

(力は正義) Losers are always in the wrong. 承久の乱 [ ] 詳細は「」を参照 はを倒すため、第2代のをとする『義時追討の』を全国に発布し、諸国の・たちに、上皇の元に馳せ参じるよう命が出された。

3

「勝てば官軍」の英語表現のふたつめは、 「Losers are always in the wrong. 勝てば官軍 読み:かてばかんぐん 意味:道理はどうであれ、勝ったものが正しいということ 先述した通り、 「勝てば官軍」の意味は「道理はどうであれ、勝ったものが正しいということ」です。 。

12

。 。 。

9

。 。

4

3

7

12