「もう1回言ってくれたら・・・・・信じられる気がするから」 「・・・・・ほんと・・・・・?」 「うん」 それでも恥ずかしいのか、暫く躊躇した後に・・・・・ 漸く牧野が口を開いた。

15

1

。 。

。 。 。

。 。 。

3

。 。 。

16

。 。

13

。 。 。

4