技巧自慢できるくらい難易度の高い曲は無理でしょうが 「子供の頃から習っている子の多くが 小学校高学年くらいまでに弾く曲」であれば 全く習ってない大人でも、頑張れば弾けると 考えていいと思います。 また、少しずつ無理なく進められるように、 1ページめから、 10分~15分でできる分量を 1日分として区切り、 「113日め」で「エリーゼ」の最後まで 行けるように作りました。

本人が この曲を弾きたいと言う気持ちがあれば はやいとおもいますが、いかがでしょう? そのような気持ちが今はないとしても、活発な性格のお子様ですから、ピアノを弾けるのは すごいこと、自信を持てることと感じるようになると 進み方も早くなると思います。 。

私はこのエリーザベト・レッケル説がかなり有力だと思うのですが、実はその後も、テレーゼの向かいの家に住んでいたピアニストのジュリアーネ・カタリーネ・エリーザベト・バーレンスフェルト(Juliane Katharine Elisabet Barensfeld)だ、という説や、テレーゼの甥の妻であるエリーゼ・シャハナー(Elise Schachner)だ、という説も現れています(いずれもドイツ語版のWikipediaには紹介されています)。 Ludwig Nohl, Neue Briefe Beethovens', Stuttgart 1867• キリン・タイプ (のんびりした先生からの意見) その他・タイプ (その他の考え方とタイプの先生) 子どもさんより、保護者の方が「エリーゼのために」を弾いて欲しいとのこと。 名曲全集なんかの 最初に出てる曲ですので まあ簡単といえば簡単でしょうが 習ったことのない人が 弾きこなせるとは思えないのですが。

6

A:冒頭の有名なメロディ(比較的平易) B:24小節から始まる軽快なヘ長調の部分(難) A: C:61小説からのドラマチックな部分(やや難) A: コーダ(終結部)などは特になく、シンプルな構成になっています。 A 1-24小節 - B 25-40小節 - A 41-60小節 - C 61-84小節 - A 85-105小節 AおよびCはイ短調、Bはヘ長調です。 1867年に出版した「新しいベートーヴェンの書簡集 Neue Briefe Beethovens」 1867 という本の中で、初めてこの曲を出版したのです。

形式はA-(繰り返せばA-)B-A-C-A の単純なロンド形式ですが、 B(ヘ長調から後半ハ長調に転調、ここで右手は十六分音符)や C(ベートーベンらしいドラマチックな部分、三連符のアルペジオと半音階で終わる)の部分が 初心者は結構手こずるかと思います。

20

「」(、) その他 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。

終わりの音 私が知っているのは、この図で示したどちらとも異なります! エリーゼのために 終わり はい、知りませんでした。 埼玉県 入間市 ウィステリア・ピアノクラス 佐藤 弓子 羊・タイプ (平和的でおとなしめの先生の意見) 「何年というのは個人差が大きく、数字でお答えすることはできません。 A:ピアノの先生の回答 (先生のそれぞれの立場とタイプから回答) ライオン・タイプ ( 権威的、きびしい先生の立場からの意見) フクロウ・タイプ (学問的、または知恵ある意見を述べたい先生の立場からの意見 この女の子の進捗状況であれば、おそらく少なくとも3年以上はかかるでしょう。

14

。 。

14

。 。 。

8

6

19

。 。

19