和の公式を証明! 等比数列で、初項から第n項までの項をすべて足し合わせると、いくつになるでしょうか? 実は、和を求めるためにはいちいち足していく必要はなく、 この式に代入すれば求められるのです! ここではこの、「和の公式」を説明していきます! 初項a, 公比rの等比数列の、初項から第n項までの項をすべて足し合わせたものをSをおきます。 context 'pageType' , isFromSearch: window.。

10

たとえば 3, 6, 12, 24, 48… という、初項3、公比2の等比数列があるとします。 同じ「3, 6, 12, 24, 48... このまま、この規則性を保ったまま、合計15人が並んでいたら、前から15番目の人の身長は何㎝だろうか? 数列の知識を使えば、15人分の身長を書くことなく「198㎝」と答えることができるし、15個からなる数列全体を 初頃170 末頃178 項数15の等差数列と表すことができる。 以上より、一般項、つまりn番目の項は「初項3に公比2をn-1回かけた数」なので、 となります! これを一般化すると、初項a, 公比rの等比数列における一般項は です! 等比数列の和の公式 では、次に等比数列の和の公式について説明します。

12

。 。 。

8

。 。 。

20

3

。 。

。 。 。

5

。 。 。

6