堅物紳士・9号:「陸上経験者の被告が、何故追いつかれた?作為的……君はどう思う?」 キャリアウーマン・5号:「私、有罪に変えます」 淑女・10号:「ワザと逃げて殺すなんて…そんな酷い考え…あなたの心は歪んでいる」 ネジくれ曲がった考えで、どうしても被告を有罪にしたがる2号 相島一之 を憐れみます。

淑女・10号:「運転手が、嘘をついていたら」 1号 塩見三省 :「例えば、運転手は眠ってたんじゃないですか…バレたらマズいから嘘を」 ガシャーーン!!! 11号 豊川悦司 が突然大きな音を出し、驚いた陪審員たちが一斉に振り向きました。

1957年のシドニー・ルメット監督の「12人の怒れる男」 映画史の輝ける金字塔 それを観てからでないと本作の面白さや可笑しみを本当の意味で楽しめないと思います もしまだでしたら万難を排して、まずそちらをご覧下さい 騙されと思って絶対にそちらから観て下さい 映画遺産そのものですから、それ自体映画好きならマストな作品です 本作は月です 太陽たる12人の怒れる男の燦然たる輝きによって光る作品だからです シドニー・ルメット監督の「12人の怒れる男」を先に観ていることで 本作はそれどう見事に料理してあるのか どれほどリスペクトされているのか 表面的な面白さだけではなく、本当の面白さがどこにあるのか そこを楽しめると思います 本作は1991年の公開 この当時はまだ日本には裁判員裁判の制度はありませんでした 2009年になって、わが国にも陪審員というべき、裁判員制度が始まりました もしかしたら既に裁判員をされた方もいるかも知れません 自分はまだ裁判員への召集を受けたことはありません いつか呼び出しが来るかも知れません その時は、自分も12の怒れる男の誰か、本作の登場人物の誰かになっているかも知れません 本作を見直して、しっかりと「話し合い」をしたいと思います ネタバレ! クリックして本文を読む 12人の怒れる男の邦画版。 ただ一人、 有罪を主張し続けていた人も、 結局は、 個人的な感情から、 有罪にしようとしていただけ。

「テーラー 人生の仕立て屋」 C 2020 Argonauts S. 」 12人の優しい日本人は水平思考パズルだ この映画を見ていて 強く感じたのは、 ウミガメのスープっぽい ってこと。 第13回(2006年) 最優秀男優賞(浅野和之) 関連商品 [ ] CD• 2号 相島一之 :「自殺なんて馬鹿げた話…被告はワザと遠回りしたじゃないですかっ!」 おじさん・4号:「思い出したよ…赤だったんだ!」 〈居酒屋・大自然〉から出た先は、スクランブル交差点。 12人の優しい日本人 作者 国 言語 ジャンル ・密室劇 幕数 1幕1場 初出情報 初出 舞台公演 刊本情報 収録 『しんげき』 7月号(No. 16 ,0 0 0 1px rgba 0,0,0,. 2号 相島一之 :「あの~陪審員長、どうして無罪なんですか?」 1号 塩見三省 :「4年前に、陪審員やった事あるんですよ……評決は有罪、死刑に…」 経験者だからこそ言える後味の悪さ、ソレを聞き静まり返る陪審員たち。

9

「スペース・プレイヤーズ」 C 2021 Warner Bros.。 笑 12人の優しい日本人のキャスト(出演者)情報 塩見三省 陪審員1号役 40歳の女子高校体育教師で陪審員長。 1号 塩見三省 :「……と言うわけで…」 10号 林美智子 :「ぅおっほ…ゴホゴホ…すみません」 隣に座る、11号 豊川悦司 のタバコの煙に咳き込みます。

17

主なキャスト:浅野和之・石田ゆり子・伊藤正之・江口洋介・小日向文世・鈴木砂羽・筒井道隆・生瀬勝久・温水洋一・堀内敬子・堀部圭亮・山寺宏一 作・演出:三谷幸喜 舞台監督:松坂哲生 公演記録:2006.1.6~29@シアター・ドラマシティ(大阪) 東京公演はどうにもこうにもチケットが取れない人も続出してるとかなんつー話をネットで見かけたりしてたのでかなりどうなるのーん?!な感じだったんですが。

8

四方山話 1)Hommaged work(オマージュされた作品) 『(12 Angry Men)』は、レジナルド・ローズ原作の、1954年製作のカのテレビドラマ、またそのリメイクである1957年製作のカ映画で、さらに、これらを原作にして制作された舞台作品です。 11号 豊川悦司 :「酔ったフリをしてたんじゃ?…どんな時そうする」 おじさん・4号:「気まずい時だ!」 あの日、元妻である被告に、復縁を迫るため呼び出した元夫。 「家に早く帰るつもりだった」と証言している被告、それにも拘らず何故わざわざピザを? 堅物紳士・9号:「ピザを頼んだという事は、帰りが遅くなると予測した…」 おじさん・4号:「余計な事、言っちゃいましたかな」 2号 相島一之 :「家を出る前から、殺すつもりだった…!」 堅物紳士・9号:「ハハッ!有罪に一票」 その意見に仕切り屋・12号と11号 豊川悦司 らも有罪に動き、再び決を採ると6対6。

11

まだまだ、続きそうです・・・ 2号 相島一之 :「え~、無罪の皆さん…被告の殺意が証明されたのに、どうしてまだ…?」 無罪派のアル中・3号は〈甘栗太郎〉を一つ取ると「栗が…そう言ってます 笑顔 」 その態度に2号 相島一之 がブチ切れ、スッと笑顔が消えた3号は栗を持ったまま硬直! 角刈り頭・7号 梶原善 :「あんた、カミさんは?」 2号 相島一之 :「いますよ…ヨシコです…」 角刈り頭・7号:「この幸せ者!」 自分と同じ年齢、外見も中身もクズな元夫が何故モテる?と、妬んで無罪を主張する7号。

19

461 1991年7月号()掲載 映画 [ ] 12人の優しい日本人 監督 脚本 製作 岡田裕 音楽 ピアノ・ソナタ 15番ハ長調 K545 撮影 編集 製作会社 ニュー・センチュリー・プロデューサーズ 配給 公開 1991年12月14日 上映時間 116分 製作国 言語 との脚本、の監督で映画化され、に公開された。 陪審員2号 相島一之 は精密機械を作っている工場の従業員、 陪審員3号 上田耕一 は喫茶店のマスター、 陪審員4号 二瓶鮫一 は元々信用金庫に勤めていましたが、現在は仕事を退いています。

審議続行です・・・ 11号 豊川悦司 :「ソレが何なのか?見つけてみよう……弁護士なんだよ、俺」 無罪派の2人にそっと告白した11号、彼が弁護士と知り2号 相島一之 に緊張が走ります。 3em 2em;text-decoration:none;color: 333;border:solid 2px ccc;border-radius:3px;transition:. 彼女の無罪を主張する人たちは、 論破されるぎりぎりのところまで、 追い詰められていきますが、、、 ここから 思わぬ見解も飛び出します。 1号 塩見三省 :「被告は有罪か?無罪か?…では、無罪だと思う人?」 なんと、陪審員全員の手が挙がり評決は『無罪!』 早々に終わり気の抜けた陪審員たちに、何故か2号 相島一之 が待ったを掛けます。

1

制作 - 毛利美咲 受賞歴 [ ]• アル中・3号:「怒ってたんですよ、被告!何でこんなモン買いに行かせるのよ!って」 激しい口調で「ジンジャーエール…死んじゃえー!ジンジャーエー!」と連呼、大興奮! キャリアウーマン・5号:「…あのオバさん、よく証人席でも聞き間違えていました」 オバさんの証言は、当てにならないと無罪が優勢に! しかし、まだ大型トラック運転手の証言があります。 こうして、2号 相島一之 と堅物紳士・9号、キャリアウーマン・5号が有罪…ところがッ! 堅物紳士・9号:「私は無罪!」 紳士はカンフル剤の役目を終えご満悦、そんな彼にキャリアウーマン・5号は唖然とします。

13