(2019年度は開催中止) 入れ替え制度(トップリーグ・チャレンジシリーズ) [ ] トップリーグと(2016-2017シーズンまでは各)間の入れ替えは自動昇降格と入れ替え戦によるものだが、シーズンによって形式が異なる。 (2005-2006シーズンまではリーグ戦のみでその順位で優勝チームを決定) 勝利チーム: 4点 引き分け: 2点 負けチーム: 0点 ボーナスポイント 7点差以内で敗れた場合: 1点 勝敗に関らず4トライ以上を挙げた場合: 1点 リーグ戦の上位4チームがプレーオフトーナメントへと進む。 2012-2013シーズン [ ] 順位 結果 トップリーグ13位 トップチャレンジ1 4位と入れ替え戦 トップリーグ14位 トップチャレンジ1 3位と入れ替え戦 トップチャレンジ1 1位 トップリーグへ自動昇格 トップチャレンジ1 2位 トップリーグへ自動昇格 トップチャレンジ1 3位 トップリーグ14位と入れ替え戦 トップチャレンジ1 4位 トップリーグ13位と入れ替え戦• 2010-2011・2011-2012シーズン [ ] 順位 結果 トップリーグ11位 トップチャレンジ1 4位と入れ替え戦 トップリーグ12位 トップチャレンジ1 3位と入れ替え戦 トップリーグ13位 地域リーグへ自動降格 トップリーグ14位 地域リーグへ自動降格 トップチャレンジ1 1位 トップリーグへ自動昇格 トップチャレンジ1 2位 トップリーグへ自動昇格 トップチャレンジ1 3位 トップリーグ12位と入れ替え戦 トップチャレンジ1 4位 トップリーグ11位と入れ替え戦• 2018-2019年度は バローグループ presents 日仏ラグビーチャリティマッチ2019〜FOR ALL 復興〜としてトップリーグ選抜対が行われた。

2003-2004・2004-2005シーズン [ ] 順位 結果 トップリーグ9位 トップチャレンジ2 1位と入れ替え戦 トップリーグ10位 トップチャレンジ1 3位と入れ替え戦 トップリーグ11位 地域リーグへ自動降格 トップリーグ12位 地域リーグへ自動降格 トップチャレンジ1 1位 トップリーグへ自動昇格 トップチャレンジ1 2位 トップリーグへ自動昇格 トップチャレンジ1 3位 トップリーグ10位と入れ替え戦 トップチャレンジ2 1位 トップリーグ9位と入れ替え戦• プレシーズンリーグ(2015-2016シーズン) [ ] 上記の通り、2015-16年シーズンはの開催、並びにスーパーラグビー参加に伴う日程の大幅変更・短縮に伴い、トップリーグ主催の新たな公式戦、かつ開幕前のとする位置づけで「トップリーグ プレシーズンリーグ2015」と題したをリーグ開幕前の9月4日-10月11日に実施する 開催概要 2015-16年シーズンのトップリーグ参加16チームを4チームずつ4組に分けての1回総当たりのプールリーグ(予選リーグ)と、プールリーグの成績を参考に決定する順位決定トーナメントからなる。 2005-2006シーズン [ ] 順位 結果 トップリーグ9位 トップチャレンジ2 3位と入れ替え戦 トップリーグ10位 トップチャレンジ2 2位と入れ替え戦 トップリーグ11位 トップチャレンジ2 1位と入れ替え戦 トップリーグ12位 トップチャレンジ1 3位と入れ替え戦 トップチャレンジ1 1位 トップリーグへ自動昇格 トップチャレンジ1 2位 トップリーグへ自動昇格 トップチャレンジ1 3位 トップリーグ12位と入れ替え戦 トップチャレンジ2 1位 トップリーグ11位と入れ替え戦 トップチャレンジ2 2位 トップリーグ10位と入れ替え戦 トップチャレンジ2 3位 トップリーグ9位と入れ替え戦• 年 自動昇降格 入れ替え戦 枠数 トップリーグ トップチャレンジ トップリーグ 結果 トップチャレンジ 2003-2004 (11位) (トップチャレンジ1・1位) (9位) 31-13 (トップチャレンジ2・1位) 自動昇降格枠「2」 入れ替え戦枠「2」 (12位) (トップチャレンジ1・2位) (10位) 47-24 (トップチャレンジ1・3位) 2004-2005 近鉄ライナーズ(11位) 福岡サニックスボムズ (トップチャレンジ1・1位) (9位) 49-0 (トップチャレンジ2・1位) 日本IBMビッグブルー(12位) セコムラガッツ (トップチャレンジ1・2位) リコーブラックラムズ(10位) 42-7 豊田自動織機 (トップチャレンジ1・3位) 2005-2006 チーム数拡大に伴い 自動降格なし (トップチャレンジ1・1位) ワールドファイティングブル(9位) 50-8 (トップチャレンジ2・3位) 入れ替え戦枠「4」 セコムラガッツ(10位) 31-20 九州電力 (トップチャレンジ2・2位) 日本IBMビッグブルー (トップチャレンジ1・2位) リコーブラックラムズ(11位) 34-20 ホンダヒート (トップチャレンジ2・1位) (12位) 46-20 近鉄ライナーズ (トップチャレンジ1・3位) 2006-2007 セコムラガッツ(13位) 九州電力 (トップチャレンジ1・1位) リコーブラックラムズ(11位) 43-24 ホンダヒート (トップチャレンジ2・1位) 自動昇降格枠「2」 入れ替え戦枠「2」 ワールドファイティングブル(14位) (トップチャレンジ1・2位) 日本IBMビッグブルー(12位) 29-29 近鉄ライナーズ (トップチャレンジ1・3位) 2007-2008 リコーブラックラムズ(13位) 近鉄ライナーズ (トップチャレンジ1・1位) 日本IBMビッグブルー(11位) 20-17 ワールドファイティングブル (トップチャレンジ2・1位) (14位) (トップチャレンジ1・2位) 福岡サニックスブルース(12位) 79-10 (トップチャレンジ1・3位) 2008-2009 日本IBMビッグブルー(13位) リコーブラックラムズ (トップチャレンジ1・1位) 福岡サニックスブルース(11位) 38-22 豊田自動織機 (トップチャレンジ2・1位) (14位) ホンダヒート (トップチャレンジ1・2位) (12位) 31-10 マツダブルーズーマーズ (トップチャレンジ1・3位) 2009-2010 ホンダヒート(13位) (トップチャレンジ1・1位) 近鉄ライナーズ(11位) 28-8 横河武蔵野アトラスターズ (トップチャレンジ2・1位) 九州電力キューデンヴォルテクス(14位) 豊田自動織機 (トップチャレンジ1・2位) リコーブラックラムズ(トップリーグ12位) 59-12 マツダブルーズーマーズ (トップチャレンジ1・3位) 2010-2011 (13位) (トップチャレンジ1・1位) (11位) 12-10 九州電力キューデンヴォルテクス (トップチャレンジ1・4位) (14位) ホンダヒート (トップチャレンジ1・2位) (12位) 31-19 (トップチャレンジ1・3位) 2011-2012 ホンダヒート(13位) (トップチャレンジ1・1位) 福岡サニックスブルース(11位) 39-17 豊田自動織機シャトルズ (トップチャレンジ1・4位) (14位) 九州電力キューデンヴォルテクス (トップチャレンジ1・2位) NTTドコモレッドハリケーンズ(12位) 29-27 クボタスピアーズ (トップチャレンジ1・3位) 2012-2013 チーム数拡大に伴い 自動降格なし コカ・コーラウエストレッドスパークス (トップチャレンジ1・1位) NTTドコモレッドハリケーンズ(13位) 24-21 三菱重工相模原ダイナボアーズ (トップチャレンジ1・4位) 入れ替え戦枠「2」 クボタスピアーズ (トップチャレンジ1・2位) 福岡サニックスブルース(14位) 28- 34 豊田自動織機シャトルズ (トップチャレンジ1・3位) 2013-2014 九州電力キューデンヴォルテクス(16位) 福岡サニックスブルース (トップチャレンジ1・1位) NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(13位) 59-7 横河武蔵野アトラスターズ (トップチャレンジ1・4位) 自動昇降格枠「1」 入れ替え戦枠「3」 コカ・コーラウエストレッドスパークス(14位) 22-17 三菱重工相模原ダイナボアーズ (トップチャレンジ1・3位) NTTドコモレッドハリケーンズ(15位) 41-29 ホンダヒート (トップチャレンジ1・2位) 2014-2015 (16位) ホンダヒート (トップチャレンジ1・1位) クボタスピアーズ(13位) 34-5 (トップチャレンジ1・4位) (14位) 53-8 九州電力キューデンヴォルテクス (トップチャレンジ1・3位) 豊田自動織機シャトルズ(15位) 53-7 三菱重工相模原ダイナボアーズ (トップチャレンジ1・2位) 2015-2016 リーグ短縮日程に伴い 自動降格なし 自動昇格なし リコーブラックラムズ(13位) 76-0 (トップチャレンジ1・4位) 入れ替え戦枠「4」 コカ・コーラレッドスパークス(14位) 14-14 九州電力キューデンヴォルテクス (トップチャレンジ1・3位) (15位) 17-3 三菱重工相模原ダイナボアーズ (トップチャレンジ1・2位) NTTドコモレッドハリケーンズ(16位) 15- 19 宗像サニックスブルース (トップチャレンジ1・1位) 2016-2017 ホンダヒート(16位) NTTドコモレッドハリケーンズ (トップチャレンジ1・1位) 近鉄ライナーズ(13位) 47-0 九州電力キューデンヴォルテクス (トップチャレンジ1・4位) 自動昇降格枠「1」 入れ替え戦枠「3」 コカ・コーラレッドスパークス(14位) 32-22 (トップチャレンジ1・3位) 豊田自動織機シャトルズ(15位) 33-21 三菱重工相模原ダイナボアーズ (トップチャレンジ1・2位) 年 自動昇降格 入れ替え戦 枠数 トップリーグ トップチャレンジリーグ トップリーグ 結果 トップチャレンジリーグ 2017-2018 近鉄ライナーズ(16位) ホンダヒート(1位) 宗像サニックスブルース(13位) 40-21 九州電力キューデンヴォルテクス(4位) 自動昇降格枠「1」 入れ替え戦枠「3」 コカ・コーラレッドスパークス(14位) 27-27 三菱重工相模原ダイナボアーズ(3位) NTTドコモレッドハリケーンズ(15位) 17- 20 日野自動車レッドドルフィンズ(2位) 2018-2019 リーグ短縮日程に伴い 自動降格なし 自動昇格なし 宗像サニックスブルース(13位) 75-0 (4位) 入れ替え戦枠「4」 (14位) 21-11 近鉄ライナーズ(3位) 豊田自動織機シャトルズ(15位) 7- 31 三菱重工相模原ダイナボアーズ(2位) コカ・コーラレッドスパークス(16位) 24- 33 NTTドコモレッドハリケーンズ(1位) 2019-2020 大会中止に伴い昇降格なし 通算成績 [ ] 2018-2019シーズン終了時点 レギュラーシーズン [ ]•。

1

2015-2016シーズン [ ] 順位 結果 トップリーグ13位 トップチャレンジ1 4位と入れ替え戦 トップリーグ14位 トップチャレンジ1 3位と入れ替え戦 トップリーグ15位 トップチャレンジ1 2位と入れ替え戦 トップリーグ16位 トップチャレンジ1 1位と入れ替え戦 トップチャレンジ1 1位 トップリーグ16位と入れ替え戦 トップチャレンジ1 2位 トップリーグ15位と入れ替え戦 トップチャレンジ1 3位 トップリーグ14位と入れ替え戦 トップチャレンジ1 4位 トップリーグ13位と入れ替え戦• 2013-2014・2014-2015シーズン [ ] 順位 結果 トップリーグ13位 トップチャレンジ1 4位と入れ替え戦 トップリーグ14位 トップチャレンジ1 3位と入れ替え戦 トップリーグ15位 トップチャレンジ1 2位と入れ替え戦 トップリーグ16位 地域リーグへ自動降格 トップチャレンジ1 1位 トップリーグへ自動昇格 トップチャレンジ1 2位 トップリーグ15位と入れ替え戦 トップチャレンジ1 3位 トップリーグ14位と入れ替え戦 トップチャレンジ1 4位 トップリーグ13位と入れ替え戦• 過去の方式 [ ] マイクロソフトカップ・トップ8トーナメント [ ] 2003-2004シーズンから2005-2006シーズンまで行われたカップ戦。 2016-2017シーズン [ ] 順位 結果 トップリーグ13位 トップチャレンジ1 4位と入れ替え戦 トップリーグ14位 トップチャレンジ1 3位と入れ替え戦 トップリーグ15位 トップチャレンジ1 2位と入れ替え戦 トップリーグ16位 地域リーグへ自動降格 トップチャレンジ1 1位 トップリーグへ自動昇格 トップチャレンジ1 2位 トップリーグ15位と入れ替え戦 トップチャレンジ1 3位 トップリーグ14位と入れ替え戦 トップチャレンジ1 4位 トップリーグ13位と入れ替え戦• 試合方法 [ ] 現在の試合方式 [ ] 2020-2021シーズン [ ] 本年度のシーズンは、2021-2022年度シーズンから予定しているリーグ再編前最後の大会となるため、トップチャレンジリーグとの一体化を図る。 アジア枠・特別枠はチーム事情により外国籍の扱いとしての出場も可能とするが、この場合でも「外国籍枠2人・アジア枠・特別枠各1名」は変わらないものとみなす 2017-2018シーズン [ ] サンウルブズ、並びに日本代表の強化期間・試合日程の都合により、2015-16シーズン以来となる2カンファレンスのリーグ戦およびポストシーズン(総合順位決定トーナメント)で行われる。

。 。

20

19

。 。 。

。 。

5

。 。 。

13

。 。 。

9

。 。 。

。 。

17