ダブルクリックを実行するためのボタンのクリック速度を変更するには、 [ダブルクリックの速度] で、 [速度] のスライダーを [遅く] または [速く] の方向に動かします。

失敗すれば0 SetCursorPos BOOL SetCursorPos int X , int Y マウスカーソルの位置を指定座標に移動します X - X座標を指定します Y - Y座標を指定します 戻り値 - 関数が成功すれば 0 以外。

12

の [ スタート ] ボタンをクリックし、[ コントロールパネル]をクリックして、マウスのプロパティを開きます。 通常, 横の棒(horizontal I-beam ) が表示されます。 Cursor End If End Sub 関連項目• 一時的な変更しかできない理由 今回説明した方法では wait や await 、 stop のいずれかの命令を実行することでマウスカーソルが元に戻ってしまいます。

17

見失ったポインターを Ctrl キーを押して見つけるには、 [表示] で、 [Ctrl キーを押すとポインターの位置を表示する] チェック ボックスをオンにします。 [ スライド ショーの記録] ダイアログ ボックスで、[ ナレーションとレーザー ポインター] チェック ボックスをオンにします。

セル選択画面のポインターは Excel 独自のものなので、 Excel 側で設定するしかないと思います。 createDialog this , "Test Dialog" ; dialog. Cursor Type Scope of Cursor Display Area Only Entire Appliation Move Mouse Pointer Over This Area 次のコード ビハインドは、 でカーソルの種類が変更されたときに呼び出される イベントハンドラーを作成します。 マウス ポインターが動く速度を変更するには、 [速度] で、 [ポインターの速度を選択する] のスライダーを [遅く] または [速く] の方向に動かします。

15

そのペン ボタンをクリックし、ポップアップ メニュー から [レーザー ポインター] を選択します。 ダイアログ ボックスが表示されたときの選択処理の速度を向上するには、 [動作] で、 [ポインターを自動的に既定のボタン上に移動する] チェック ボックスをオンにします すべてのプログラムがこの設定をサポートしているわけではありません。 マウスの右ボタンと左ボタンの機能を交換するには、 [ボタンの構成] で、 [主と副のボタンを切り替える] チェック ボックスをオンにします。

2

通常, 疑問符(?) か バルーン が表示されます。 ヒント: 対象ユーザーにレーザー ポインターを表示し、マウス ポインターは表示しない場合は、マウスポインターを非表示に保つには、マウスを動かす前に Ctrl キーを押したままにしてください。

18

記録したポインターの動きとタイミングを確認するには、[ スライド ショー] タブの [ スライド ショーの開始] グループで、[ 最初から] または [ 現在のスライドから] をクリックします。 switch ステートメントにより、カーソル名がフィルター処理され、 DisplayArea という名前の が プロパティに設定されます。 ポインターを動かしたときに見つけやすくするには、 [表示] で、 [ポインターの軌跡を表示する] チェック ボックスをオンにし、スライダーを [短く] または [長く] の方向に動かして、ポインターの軌跡の長さを調整します。

14

リンクと状態 context-menu マウス・カーソル下のオブジェクトで右ボタンによる ポップアップ・メニュー が利用可能であることを表します。

18

ToString Select Case item Case "AppStarting" DisplayArea. Source as ComboBox; if source! ヒント: ナレーションを一時停止するには、[録音] ボックスで [一時停止] を クリックします。 ScrollWE; break; case "SizeAll": DisplayArea. createDialog parent , "Test Dialog" ; dialog. もし他のマウスでも同じ現象が起こるようであれば、 OS 上で動作している常駐アプリケーションなどの影響があるかもしれませんので、 [ ] で起動して現象が起こるかを確かめるとよいです。 ドラッグ &ドロップ alias エイリアス や ショートカット が作成可能であることを表します。

2

値 説 明 url 画像ファイル ブラウザーが読み込んでカーソルに使用する画像ファイルを指定します。 これは、後で述べる理由により、マウスカーソル変更中に wait や await や stop を実行することができないためです。 アプリケーション固有のマウスカーソルの設定や、カーソル変更中にスクリプトで wait や await や stop を実行したい場合の方法は、次回に説明します。

閲覧表示でレーザー ポインターを使用するには: [表示] タブの [閲覧表示] をクリックします。 例 希望の を選択する 、カーソルの変更が 1 つの要素に適用されるかアプリケーション全体に適用されるかを決定する の組み、新しいカーソルが適用される 要素で構成される、ユーザー インターフェイスが作成されます。

15
createDialog null , "Test Dialog" ; dialog. Cross; break; case "HandCursor": DisplayArea. サイズ変更 スクロール e-resize 要素の 右端 が変更可能ことを表します SizeNESW; break; case "SizeNS": DisplayArea. Wait; break; case "Custom": DisplayArea. IBeam; break; case "No": DisplayArea. マウスに水平スクロールをサポートするホイールがある場合は、 [水平スクロール] で、 [ホイールの傾きで 1 度に次の文字数スクロールする] ボックスに、ホイールを左または右に傾けたときに水平にスクロールする文字数を入力します
None; break; case "Pen": DisplayArea. この例は、Extensible Application Markup Language XAML ファイルとコード ビハインド ファイルで構成されています スライド ショー モードで、スライドの左下にある [レーザー ポインター] アイコンをクリックします