Jim Garrison A Heritage of Stone (Berkley Medallion; 4th printing edition ,1975)• (JFK, moments before his assassination) 暗殺される直前のケネディ大統領。 『JFK:その時すべてが変わった』( JFK: The Day That Changed Everything/ナショナルジオグラフィックチャンネル 2013年)• 『オズワルド〜最後の48時間〜』( Lee Harvey Oswald: 48 Hours to Live/ヒストリーチャンネル 2013年)• 沿道の負傷者 [ ] 暗殺を目撃した市民の1人であるジェームズ・ターグ(James Tague)は、ケネディが銃撃された位置から前方およそ80メートルの地点に立っていたが、発射弾の破片によると思われる傷を右の頬に受けた。

20

『アサヒグラフ ケネディ大統領暗殺される 1963年12月6日号』 朝日新聞社 1963年• 『応用統計学年報』( Annals of Statistics Volume 1, Number 2,2007)に掲載された論文(Cliff Spiegelman, William A. our fearful trip is done ああ船長、わが船長 我らが恐ろしき旅路 終わりぬ」を紹介していた。 However, none of her photos have materialised, and she has never come forward or been positively identified. 国葬 [ ] その後を歩いて教会に向かうジャクリーン 中 、ロバート 左 、エドワード 右 の3人 映像外部リンク ベセスダ海軍病院での検死後にケネディの遺体はマホガニー製の棺に移され、11月23日4時24分にホワイトハウスに無言の帰宅をしてイーストルーム に安置された。

18

そこへ瀕死のケネディ大統領らを乗せたリムジンがパトカーや白バイの先導で慌ただしく病院に到着したのは、12時37分頃 で、この時に後ろの車から駆け付けたパワーズ補佐官は、ジャクリーン夫人が大統領の頭を胸の中に隠すようにうずくまる姿を見て「Oh My God(おお神よ)」と呻き、ジャクリーンは「Dave, He is dead(デーブ、彼は死んでいるわ)」と語って、大統領の顔を誰にも見せようとはしなかった。 マーク・レーン(著)、ドナルド・フリード(著)、 翻訳 『ダラスの熱い日 』 立風書房 1974年(フィクション)• 1979年、下院暗殺調査委員会は音声記録を証拠認定しオズワルド以外の狙撃者が存在した可能性が高いと結論したが、後に証拠認定を取り消した(Harrison Edward Livingstone , Robert J. 『JFK アメリカを変えた三発の銃弾』( JFK-3 Shots That Changed America/ヒストリーチャンネル 2009年)• ロバート・ケネディ暗殺事件 [ ] 詳細は「」を参照 ジョン・ケネディが暗殺された5年後の、実弟であるも暗殺された。 『週刊朝日百科 週刊昭和 2009年1月18日号』 「特集 ケネディ暗殺の衝撃」朝日新聞出版 2009年• ケネディ兄弟への通報 [ ] 司法長官であった実弟のは自宅で、FBIの長官 からの電話で、狙撃の第一報を知らされた。

フランスから大統領と外相 、イギリスから夫君のと首相と労働党党首 、西独から首相と市長 、日本から首相と外相、韓国から大統領 、ソ連から第一副首相、国連事務総長など、92か国から首脳・政府高官等220人が国葬に参加していた。

10

Gerald L Posner Case Closed Random House Value Publishing ,1995• 教科書ビルで犯行に使用されたダンボール(スナイパーズ・ネストと呼ばれる)には、オズワルドとマルコム・ウォレス Malcolm [Mac] Wallace の2人の指紋があったする説がある。 『週間 マーダーケースブック ケネディ暗殺』 デアゴスティーニ 1996年• AP通信社 編集 、朝日新聞社(翻訳)『ダラスの金曜日 ケネディ最後の四日間』 朝日新聞社 1964年• 土田宏『秘密工作 ケネディ暗殺 天国からのメッセージ』 彩流社 2003年• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

『疑惑の陰謀 JFK暗殺容疑者の殺害』( Conspiracy?Jack Ruby/ヒストリーチャンネル 2004年)• オズワルドの単独犯行 [ ] オズワルドの単独犯行説はローン・ガンマン・セオリー と呼ばれる。 ウォーレン報告書 第2章 暗殺 49P 参照• She was dubbed "the Babushka Lady," probably because of the mysteries surrounding her. Jobe JFK And Sam: The Connection Between the Giancana And Kennedy Assassinations (Cumberland House ,2005)• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• (Some photos appear to show him talking into a radio, and tucking it into his back pocket. In Dallas, Texas, three shots were fired at President Kennedy's motorcade in downtown Dallas. ジョンソン副大統領の昇格とワシントンへの帰途 [ ] 詳細は「」を参照 はケネディが乗ったリムジンの2台後の車に乗っていたが難を逃れ、パークランド記念病院で大統領の死に接して、シークレットサービスの警護を受けながら急遽ラブ・フィールド空港のエアフォース・ワンに向かった。 エイブラハム・ザプルーダーの秘書マリリン・シッツマン(Marilyn Sitzman はジョサイア・トンプソン Josiah Thompson のインタビュー(1966年)において、昼食を取っていた黒人のカップルが走っていくのを見たが、他には誰もいなかったと証言した。

5

」「CIA秘録」上巻 317P ティム・ワーナー著 文藝春秋 2008年11月発行• Kennedy (Citadel Pr; Upd Sub, 1996)• President, you can't say Dallas don't love you ?• そして次にリムジンはゆっくりと左折して、エルム通りに入り、教科書倉庫ビルからわずか20メートル離れた位置に達した、 狙撃 [ ] 狙撃直後、後方の護衛車からリムジンに飛び移るのクリント・ヒル リンカーン・コンチネンタルが教科書倉庫ビルの前を通過した時、およそ6 - 9秒の間にケネディはされた。 Johnson's Pivotal First Day as President (Basic Books, 2009) 関連項目 [ ]• 『JFK:人生を変えた七つの岐路』( JFK- Seven Days That Made A President/ナショナルジオグラフィックチャンネル 2013年)• 『発掘テープが語る ケネディ暗殺』( The Lost JFK Tapes -The Assassination/NHK BS 2009年)• ジム・マース(著)、 渡辺 亜矢(翻訳)『マスメディア・政府機関が死にもの狂いで隠蔽する 秘密の話』 河出書房新社 2013年• )」と喚いていた(共同通信 2009年11月03日、Steven Gillon The Kennedy Assassination 24 Hours After: Lyndon B. Nothing is known about her. 司法省の依頼を受けた全米科学アカデミー(NAS)による調査(1982年)は下院暗殺調査委員会の結論("scientific acoustical evidence establishes a high probability that two gunmen fired at President John F. この人物は通称 アンブレラマン The umbrella man と呼ばれ、映画『JFK』にも登場する。 ティピット巡査の死とオズワルドの逮捕 [ ] リー・ハーヴェイ・オズワルド(ダラス市警察での) ダラス市警察とFBIは現場で、付近のビルを直ちに出入口を閉鎖して不審尋問を始めた。

ダラス到着 [ ] ダラス・ラブフィールド空港に到着した大統領夫妻(1963年11月22日11時40分) 1963年11月22日金曜日の朝にフォートワースでの朝食会に出席して 、終了後大統領専用機でケネディ大統領夫妻はダラスに向かった。 Johnson's Pivotal First Day as President)。

8

ケネディ大統領の死から1時間余りの時と想像されるが、ジョンソン夫妻の慰めの言葉も耳に入らないほどローズはただ「Thank you, Thank you, He loved you」と答えている。 この説は1988年にEngland's Central Independent Televisionが製作したTVドキュメンタリー「The Men Who Killed Kennedy」でも紹介されたが、この像は人間ではないとする説もある。

6