。 ・いろはすの採水地としても有名な、砺波市のおいしい水で栽培 ・通常の約3分の1の減農薬で栽培 ・サンゴ、魚粉、稲わらなどの良質な有機質肥料をブレンドした畑で栽培 ・IoTを活用したデータに基づく栽培 昭和57年から続くこだわりの栽培に、最新の技術が加わることで、本当の美味しさを味わえるぶどうが実現しています。

2

11

。 。 。

6

。 。

10

15

。 。 。

20

。 。

7