占い方 正式には50本の筮竹を束にして両手で持ち、頃合を見計らって、左右に分け、 その分けられた数を、陰陽八卦と数の関係に従って置き換えるということを、 2~18回繰り返すのですが(略式から正式まで作法はさまざまです)、 ここではその八卦を次のようにして割り出します。 こらちは平成17年に 株 五月書房から出版していただいた拙著『聖書と易学-キリスト教二千年の封印を解く-』が、平成28年の 株 五月書房倒産により廃刊となったことから、当時は大人の事情で本には書けなかったことなども新たに加えて再構成し、当サイト内で公開することにしたものです。 正式な易占いは、 筮竹 ぜいちく 、 算木 さんぎ といった道具を用いるのですが、このページでは、もっと手軽にできる方法を紹介します。

5

最終更新日:令和03年01月22日 学易有丘会 Copyright Heisei12th~Reiwa2nd(2660~2680) (C)2000~2020 GakuEki-UQkai 当サイトの内容はすべて無断転載を禁止します. それを 六十四卦(ろくじゅうしか)と呼び、 例えば上が 坤(地)で下が 乾(天)なら 地天泰(ちてんたい)、 上が 巽(風)で下が 坎(水)なら 風水渙(ふうすいかん)という名前の卦になります。 この点では西洋のタロットとも似ていますが、易はいったんその予知能力を、 陰 と陽 という、言わばデジタル信号 (マイナスとプラス)に変換して処理します。 。

3

2

12

。 。 。

1

。 。 。

。 。