。 行政書士 戸松 英雄 養育費の公正証書の作成支援の対応地域 下記の地域にて、養育費の公正証書についての ご相談・ご依頼をお受けしております。

1

一 民法第七百五十二条 の規定による夫婦間の協力及び扶助の義務 二 民法第七百六十条 の規定による婚姻から生ずる費用の分担の義務 三 民法第七百六十六条 (同法第七百四十九条 、第七百七十一条及び第七百八十八条において準用する場合を含む。 公正証書を作成する際の注意点 2 過不足ない文言で構成文書を作成すること 公正証書を作成したものの、 具体的な金額が書かれておらず内容が不十分であったり、記載している文言が曖昧であると、望んでいた通りに公正証書の効力が発揮できない可能性があります。 一 債務者が国及び地方公共団体以外の者から生計を維持するために支給を受ける継続的給付に係る債権 二 給料、賃金、俸給、退職年金及び賞与並びにこれらの性質を有する給与に係る債権 2 退職手当及びその性質を有する給与に係る債権については、その給付の四分の三に相当する部分は、差し押さえてはならない。

10

。 。

16

10

。 。 。

。 。 。

3

。 。 。

19

14

。 。

8

。 。

17